テーマ:静脈麻酔

鼻形成術患者における全身麻酔後の覚醒興奮の評価:吸入麻酔と全静脈麻酔

・覚醒興奮(EA)は、全身麻酔からの回復早期に発生する臨床症状であり、患者の快適性を低下させる。本研究の目的は、鼻形成術患者の興奮に及ぼす低流量セボフルラン麻酔と全静脈麻酔(TIVA)の効果を比較し、鼻形成術後の低流量セボフルラン麻酔における EA の頻度を調査することであった。 ・本前向き無作為化研究には、全身麻酔下の合計 90…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬の連続投与中のスガマデクスによる筋弛緩の拮抗:バイスペクトル指数を使用した二重盲式無作為化クロスオーバー試験

・ステロイド系筋弛緩薬の特異的拮抗薬であるスガマデクスは、覚醒の臨床徴候と関連していることが時折報告されている。スガマデクス投与後の全身麻酔下で維持されている患者のバイスペクトル指数値と覚醒の徴候の増加を体系的に検索する研究を実施した。 ・筋弛緩を伴う全身麻酔を受ける予定の患者は、この二重盲式無作為化クロスオーバー試験に含まれた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃癌手術後の 1 年死亡率の後ろ向き的分析:全静脈麻酔と揮発性麻酔の比較

・プロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)か、または吸入麻酔が癌手術後の良好ない転帰と関連しているかどうかには議論がある。著者らは、胃癌手術を受けた患者において、プロポフォールベースの TIVA と吸入麻酔との間に、1 年全死因死亡率または癌関連死亡率に差があるかどうかを調べた。 ・この後ろ向きコホート研究は、2005 年 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工妊娠中絶中の術中出血量:麻酔薬の比較

・研究の目的は、妊娠第一期妊娠中絶に際して吸引拡張と掻爬を受ける患者に対する吸入麻酔剤 vs 非吸入性麻酔剤によって術中出血に差があるかどうかを判断することであった。 ・これは、ニューヨーク市保健病院/メトロポリタンで妊娠 5 0/7~ 14 0/7 週の在胎月齢に人工妊娠中絶を受けた患者の電子カルテの施設倫理委員会承認後ろ向き診…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール・ベースの全静脈麻酔が胃癌に及ぼす影響:後ろ向き研究

・プロポフォールベースの全静脈麻酔(TIVA)を用いたいくつかの種類の癌手術は、セボフルランベースの吸入麻酔(INHA)よりも良好な転帰を示すことが示されている。しかしながら、この麻酔法の効果は、胃癌患者では調査されていない。本研究で、著者らは、胃癌切除を受ける患者で麻酔法の選択と全生存期間との間の関連性を後ろ向き的に調べた。 ・…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

経蝶形骨洞腫瘍手術における静脈麻酔 vs 吸入麻酔

・内視鏡的経蝶形骨洞腫瘍手術中の患者の安全性には、術野の視覚化が不可欠である。全身麻酔下での内視鏡的経蝶形骨洞下垂体腫瘍切除を受ける患者のこの後ろ向き診療録レビューとデータ解析では、プロポフォールとレミフェンタニルによる全静脈麻酔が、セボフルランやデスフルランによる吸入麻酔と比較して、出血、手術所要時間、抜管までの時間や回復室在室時間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸部手術を受ける患者の術中心肺機能と術後合併症に及ぼす吸入麻酔と静脈麻酔の効果:系統的レビューとメ

・片肺換気(OLV)を伴う胸部手術後の術後心肺合併症の発生率は高いが、全身麻酔薬が術中心肺機能と術後合併症に及ぼす影響は依然として不明である。 ・著者らは、吸入麻酔と静脈麻酔を比較し、術中片肺換気(OLV)を伴う胸部手術を受けた患者で、術中の心肺機能と術後合併症を評価した無作為化比較試験(RCT)を、Embase、Pubmed、C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:CSHT(context sensitive half-time)とは?

A:CSHT(context sensitive half-time、前後状況感受性半減期)とは、ある薬剤を一定速度で持続投与して中止した後、血中濃度が 50% に低下するまでの時間(分)を示すものである。もっと分かりやすい日本語にするとすれば、「持続投与時間依存性半減期」とでも表現できるだろう。 基本的な薬理学講義において、「排…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:「どっちがいいの? 静脈麻酔 vs 吸入麻酔」

A:この質問には正解はないのかも。一長一短があるとしか言えないのかな。 静脈麻酔は中央配管やガス排除装置が無くても、シリンジポンプさえあれば使用できる点では吸入麻酔よりも優れているといえよう。全静脈麻酔は、患者の覚醒の質が良好で、患者満足度や麻酔科医の満足度も高いとされているが、吸入麻酔に比べると、気を付けないといけない点が多い、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吸入麻酔および静脈麻酔後の癌手術の転帰:系統的レビュー

・周術期の因子はおそらく、異なる腫瘍学的転帰に必須である。この系統的レビューでは、吸入麻酔(INHA)と完全静脈麻酔(TIVA)による癌手術後の全死亡率と術後合併症に関する文献を調査する。 ・PRISMA ガイドラインにしたがって、癌手術を受けた患者に関する研究で、TIVA を INHA と比較した研究を含む検索が行われた。2 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CABG を受ける成人で吸入 vs 静脈麻酔:RCT の系統的レビューとメタ分析

・研究目的は、:オンポンプ、またはオフポンプ冠動脈バイパス移植術を受ける成人で吸入 vs 静脈麻酔の使用を比較することであった。 ・大学病院での系統的レビュー。Coctrane Central Controlled Controlled Trials(CENTRAL 2016、Issue 10)、MEDLINE、EMBASE、、L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中硬膜外鎮痛は手術侵襲に対する早期炎症性反応を抑制する:術中硬膜外 vs 静脈麻酔

・術中硬膜外鎮痛(EA)には、転帰に悪影響を与える一過性免疫活性化を誘発する外科的侵襲に対するストレス反応を低減する可能性がある。本研究では、術中の EA と静脈鎮痛(IA)が免疫能に与える効果を調査した。 ・大腸癌手術を受ける予定の連続患者合計 35 人は、術中 EA(n=18)または IA(n=17)に無作為割付けされた。術前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more