テーマ:大量出血

子宮筋腫のサイズは、帝王切開時の大量出血の予測因子である

・子宮平滑筋腫は、よく見られる良性腫瘍であり、妊娠や周術期の様々な合併症のリスク因子である。周産期出血は、母体死亡を引き起こす可能性のある最も重大な合併症である。平滑筋腫と周産期出血の関係が示されているが、帝王切開後の大量出血の予知因子としての平滑筋腫の特徴はほとんど知られていない。著者らは、平滑筋腫と妊娠患者の特徴が、帝王切開分娩後女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全前置胎盤における産後大量輸血を予測するスコアリングシステムの開発

・全前置胎盤(PPT)患者における産後大量出血を予測することは重要であり、この事象が正確に予測される方法が必要である。本研究では、PPT 患者の大量輸血を予測するスコアリング・システムを開発した。 ・本単施設後ろ向きコホート研究は、2004 年 1 月から 2010 年 12 月にに帝王切開を受けた PPT 患者 238 人から成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大量出血の管理:最新の総説

Management of major blood loss: An update Review Article Acta Anaesthesiologica Scandinavica Published Online: 6 Jul 2010 出血は、依然として潜在的に回避できる死亡の大きな原因である。外傷と大量輸血は、組織…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大量輸血:新たな知見

Massive Transfusion New Insights CHEST December 2009 vol. 136 no. 6 1654-1667 コントロールされていない出血の治療には大量輸血が行われる。致命的出血に対しては、早期の確実な止血が患者予後を大幅に向上させきた、しかし、大量輸血はまだ必要である。大量輸血の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more