テーマ:末梢神経ブロック

足関節骨折手術急性期における末梢神経ブロック麻酔後の反跳痛:探索的予備研究

・末梢神経ブロック(PNB)は、整形外科四肢手術急性期において麻酔と術後疼痛管理にますます使用されているが、PNB の停止時の反跳性疼痛は疼痛面での利点を損なう可能性がある。PNB 麻酔下の足関節骨折手術後急性期の疼痛プロファイルを調査し、反跳性疼痛が臨床的問題を引き起こす可能性があるかどうかを調査することを目的とした。 ・超音波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高リスク患者における膝上切断のための末梢神経ブロック

・膝上切断術(AKA)は、かなりの死亡率と合併症率に関連している。AKA を受ける高リスク患者における唯一の麻酔法としての末梢神経ブロック(PNB)の使用を明らかにするデータは不足している。著者らの目的は、上記集団における唯一の麻酔法としての PNB の使用とその臨床転帰を評価することであった。 ・これは三次病院で行われた後ろ向き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来肩手術患者における末梢神経ブロックと術後転帰との関連性:単施設対応コホート研究

・区域麻酔は全身麻酔と比較して術直後の利点があるかもしれないが、退院後転帰への影響はあまり明らかにされていない。著者らの目的は、区域麻酔と外来肩関節手術後転帰との関連性を調査することであった。 ・著者らはオタワ病院で歴史的コホート研究を実施した。2011 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日までの待機的外来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗凝固薬または抗血小板薬治療患者における末梢区域麻酔後の出血合併症:系統的レビュー

・抗血小板療法または抗凝固療法を受けている患者は、全身麻酔法よりも末梢神経ブロック下で行われる手術を必要とするかもしれない。こうした状況下での末梢神経ブロックに関連する出血リスクは不明のままである。この系統的レビューは、抗血小板薬および/または抗凝固薬を投与されている患者における末梢神経ブロック後の出血合併症の発生率を評価する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1 人でやるエコーガイド下神経ブロックの別の握り方「オンロック」

・超音波ガイドブロックを行う場合、麻酔科医が超音波プローブとブロック針を操作し、経験豊富なアシスタントが局所麻酔薬を注入するのが通常の方法である。しかしながら、これは、麻酔薬の神経内膜注入を示す感覚のフィードバックを減少させ、注射液をどのように投与すべきかについてのコミュニケーションエラー(投与速度、量など)をきたす危険がある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:介助者なしでエコーガイド下末梢神経ブロックを行うには?

A:末梢神経ブロックをエコーガイド下で行う場合、非利き手(左手)は、超音波プローブを掴んでおり、利き手(右手)はブロック針を保持しているので、局所麻酔薬を入れているシリンジから薬液を注入するためには、もう一本手が必要であることから 1 人で行うのは困難である。 通常は、介助者に局所麻酔薬の入ったシリンジを渡して、口頭で「吸引して何…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

非糖尿病患者と糖尿病性神経障害に罹患している患者との間での末梢神経ブロック特性の比較:前向きコホート

・動物データでは、糖尿病ラットモデルにおける局所麻酔薬注入後のブロック持続時間の延長が示されている。人間にも同じことが当てはまるかどうかは現在不明である。そこで、著者らは、糖尿病性末梢神経障害を患う 2 型糖尿病患者が、神経障害のない患者と比較して、超音波ガイド下膝窩坐骨神経ブロック後にブロック持続時間が長引くという仮説を検証するために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹直筋鞘ブロックにおけるミダゾラムのブピバカインへの添加の効果:無作為化比較試験

・さまざまな補助薬が、様々な神経ブロック時の局所麻酔薬の質を改善し、持続時間を延長させるために試みられてきた。著者らは、臍部または上腹部ヘルニア修復術を受ける患者で、腹直筋鞘(RS)ブロックに及ぼすブピバカインへのミダゾラムの添加の効果を評価することを目的とした。 ・合計 60 人の成人患者を同数 2 群に分け、各群 30 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミダゾラム誘発性末梢神経ブロックと神経毒性のメカニズム

・ベンゾジアゼピンであるミダゾラムは、脊髄投与された局所麻酔薬の作用を促進することが報告されている。興味深いことに、末梢神経軸索に沿ったγ-アミノ酪酸タイプ A(GABAA)レセプターの存在に関する説得力のある証拠がないにもかかわらず、ミダゾラムはまた、末梢神経に単独で作用させた場合、鎮痛効力を有することが示されている。これらの観察は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者における末梢神経ブロックへの鎮静補助薬としてのデキスメデトミジンの有効用量

・末梢神経ブロック(PNB)に対するデキスメデトミジン鎮静補助薬の有効投与量中央値(ED50)は、高齢患者ではまだ確認されていない。本研究では、PNB を伴う全膝関節形成術(TKA)を受ける高齢患者で、鎮静のための静脈内デキスメデトミジンの ED50 を評価した。 ・年齢 65~85 歳の 42 人の患者を対象とし、年齢に応じて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢神経ブロックに際して神経周囲に投与されたデキサメタゾンの方が静脈内投与した場合よりも効果的だ

・末梢神経ブロック(PNB)は、様々な術式で、急性期術後疼痛管理が良好であることから広くかつますます使用されている。臨床的に防腐剤を含まないデキサメタゾンは、おそらく最も一般的に使用される補助薬であり、PNB に対して最も最適化効果を提供するが、副作用はほとんどない。著者らの目的は、PNB の有効性と安全性に及ぼす静脈内 vs 神経周囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全股関節形成術を受ける高齢患者の軽いまたは深い全身麻酔の補助としての末梢神経ブロック:無作為無作為化

・全身麻酔と併用した末梢神経ブロックは、股関節形成術を受ける高齢者にとって好ましい麻酔法である。鎮静の深さは患者の回復に影響する可能性がある。そこで、著者らは全股関節置換術を受けた高齢者の短期的回復に及ぼす末梢神経ブロックと術中鎮静の程度の影響について検討した。 ・全股関節形成術を受けた年齢 65 歳以上の患者を、3 群に無作為化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢神経ブロックにおけるブプレノルフィンの有効性と安全性:無作為化比較試験のメタ分析

・局所麻酔薬を単独で投与すると、神経ブロックによって提供される鎮痛持続時間が制限される。そこで、単回注入神経ブロック後の術後鎮痛時間を延長するために、局所麻酔薬への様々な添加剤が調査されている。今回のメタ分析の目的は、末梢神経ブロックに際して、局所麻酔薬に神経周囲ブプレノルフィンを添加した場合の有効性と安全性を、局所麻酔薬単独、ブプレノ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

末梢神経ブロック後鎮痛延長のための神経周囲 vs 全身デキサメタゾンの有効性:系統的ビューとメタ分析

・神経周囲デキサメタゾンは、鎮痛持続時間を延長するために、区域麻酔において人気を得ているが、全身投与よりも利点があるという論争がある。このメタ分析の目的は、末梢神経ブロック時の両与経路の鎮痛効果を比較することであった。 ・この方法論は、PRISMA 宣言のガイドラインに従った。主要評価項目は、投与された局所麻酔薬(ブピバカインか、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

末梢神経ブロック補助薬としての神経周囲 vs 静脈内デキサメタゾン:系統的レビューとメタ分析

・デキサメタゾンは、末梢神経ブロックの鎮痛の持続時間を延長するために使用される、局所麻酔に有用な補助薬である。最近の無作為化比較試験(RCT)は、この点に関して神経周囲投与 vs 静注(IV)投与のいずれがが優れているかに関して相反する結果を示しており、デキサメタゾンの神経周囲使用は、依然として適応外使用のままである。そこで、著者らは …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

初回全膝関節形成術に際しての末梢神経ブロック:転帰と医療資源利用の地域住民ベースのコホート研究

・末梢神経ブロックは、全膝関節形成術後の疼痛を減少させるが、神経ブロックが、人工関節術資源利用に及ぼす地域住民ベルの影響は不明である。 ・著者らは、カナダ、オンタリオ州の関連する行政データを用いて集団ベースのコホート研究を実施した。著者らは、2002 年から 2013 年の間に初回膝関節形成術を受けた全ての成人を特定した。測定可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more