テーマ:心不全

高齢の股関節骨折患者の術後短期および長期死亡率に及ぼす心不全の影響

<ハイライト> ・術後 30 日、60 日、3 ??ヶ月、6 ヶ月、1 年の累積死亡率は、非 HF群でそれぞれ 1.6%、3.6%、5.1%、8.4%、12.9% であり、HF 群では 5.7%、9.5%、12.4%、17.1%、25.2% であった(p≦0.001)。 ・1 年死亡率に影響を与えた要因は、性別(OR、2.10; 9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心不全患者における左室駆出率・症状と待機的非心臓手術後の死亡率との関連

<キーポイント> 疑問:心不全の重症度と術後死亡リスクとの関連は? 結果:非心臓手術を受けた 609735 人の患者を対象としたこの後ろ向きコホート研究では、心不全と症状を有する患者の粗 90 日死亡率は 10.1% であった。心不全で無症状の患者では 4.9%。心不全のない患者では 1.2% であった。心不全のある患者はいずれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性非代償性心不全におけるフロセミドの持続 vs 間欠的ボーラス注入

ループ利尿薬は、過剰な体液を除去し、急性非代償性心不全の症状コントロールを改善するための、依然として基本的な薬理学的療法である。いくつかの最近の無作為化比較試験では、急性代償不全心不全における持続性 vs ボーラスのフロセミド投与の臨床的有益性が検討されているが、相反する所見が報告されている。このレビューの目的は、急性非代償性心不全にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己筋芽細胞シート移植を受ける重症心機能不全患者でプロポフォール鎮静下大腿神経ブロック vs 全麻

・重度合併症のある患者では全身麻酔よりも局所麻酔が有利である。しかし、重度心機能障害を有する患者の全身麻酔に対する末梢神経ブロックの優位性に関するデータは欠けている。著者らは末梢神経ブロックが周術鎮痛剤の必要性を減らし、全身麻酔に比べて早い回復を促進することを示すことを目的とした。 ・著者らは、自家筋芽細胞移植用の骨格筋採取を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more