テーマ:超音波ガイド

麻酔前室での成人患者の超音波ガイド下動脈カニューレ挿入法 vs 触診法:無作為化対照試験

・超音波ガイド下法は、動脈カニューレ挿入に際して従来の触診法よりも優れている。ただし、超音波検査装置の組み立ての複雑さを考慮すると、この手法は広く使用されていない。ここでは、麻酔前室で成人患者を対象に、超音波検査ガイド下法と従来の触診法とを比較した。 ・合計 66 人の患者が登録され、2 群に分けられた:超音波群と触診群。その後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における超音波補助 vs ランドマーク指標の傍正中脊椎麻酔:無作為化対照試験

・脊柱管超音波は脊椎麻酔の有効性を改善する可能性があるが、これは高齢者の傍正中法では検証されていない。本研究の目的は、超音波補助傍正中法が高齢者のランドマーク指標の傍正中法と比較して成功に必要な針穿刺回数を減らす可能性があるかどうかを評価することである。 ・2017 年 10 月から 2018 年 1 月まで、韓国のソウルにある三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上肢神経ブロック:利益、持続時間、安全性をどう改善できるか?最新情報

上肢ブロックは、単独麻酔および/または全身麻酔の補助として有用であり、さらに効果的な術後鎮痛を提供し、オピオイド鎮痛剤の必要性を低減する。超音波ガイドの使用が増えるとともに、麻酔科医には、斜角筋間、鎖骨上、鎖骨下、腋窩神経叢ブロックにおける、間違いなく新たな関心がある。刺入された針の先端と溶液を視覚化する超音波ガイド下技術は、副作用、偶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管:頚椎固定患者での超音波ガイド vs ファイバースコープ

・超音波は、麻酔中に気道管理にますます応用されている。本研究の目的は、ファイバースコープでガイドされた気管挿管と比較して、頚椎固定患者においてリアルタイム超音波ガイド気管挿管の妥当性を評価することであった。 ・本無作為化対照研究は、頚椎固定のために硬性頚部カラーを装着した 266 人の成人患者に対して実施され、無作為に 2 つの同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下傍脊椎ブロックの単回注入 vs 複数回注入法:皮膚分節の拡がりを比較した無作為化比較研

・本研究の目的は、超音波ガイド胸部傍脊柱ブロック(PVB)に際して、同量の局所麻酔薬を 1 椎骨 vs 5 椎骨レベルで注入した場合、ブロック後の皮膚分節の広がりの程度を調査することであった。 ・片側乳房切除を受ける 70 人の患者を、傍矢状法を用いたリアルタイム超音波ガイド下 PVB の単回または複数回の注入のいずれかを受けるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more