テーマ:片肺換気

左側ダブルルーメンチューブの挿入長を予測するための身長ベースの式の有効性:前向き観察研究

・左側ダブルルーメンチューブの挿入長は、慎重な位置決めと気管支鏡による確認が必要である。身長に基づくいくつかの公式は、左側ダブルルーメンチューブの最適な挿入長を推定するために使用されている。本前向き研究を実施して、以前に開発した身長ベースの式(0.25×身長0.916)が左側ダブルルーメンチューブの正確な挿入長を予測できるという仮説を検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片肺換気中の呼気終末陽圧と肺加圧操作:系統的レビューとメタ分析

・呼気終末陽圧(PEEP)と肺加圧操作が片肺換気(OLV)中に患者にどのように影響するかは不明である。OLV 中の換気と酸素化に及ぼす肺加圧操作と PEEP の効果について系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・系統的レビューと変量効果メタ分析を行った。標準偏差付きの平均差を計算した。含まれている研究は、コクランバイアスリスクツー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児および小児における片肺換気中のカフ内圧

・著者らは、片肺換気(OLV)中のカフ内圧(IP)を前向きに評価して、OLV に使用されるカフの過剰膨張に関連する潜在的なリスクを特徴付けた。 ・独立型三次医療小児病院で胸部手術を受ける年齢 18 歳以下の乳児と小児患者を対象とした 2 年間にわたる前向き観察研究である。気管および気管支バルーンのカフ圧をマノメーターを使用して測定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛と片肺換気時の換気値に及ぼす受動喫煙の影響:前向き臨床試験

・研究の目的は、受動喫煙(SHS)と肺葉切除術の片肺換気(OLV)時の酸素化、受動喫煙と術後鎮痛剤消費量との関係を調査することであった。 ・大学医学部、手術室での前向き研究で、開胸術による肺葉切除術を予定された、ASA-II/III 、年齢 18~65 歳、肥満指数(BMI)<35kg/m2 の成人患者 60 人を対象とした。患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右胸腔鏡下手術での片肺換気のための左ダブルルーメン気管チューブ vs 気管支ブロッカー

・本研究の目的は、ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS)における片側肺換気のための左側ダブルルーメン気管チューブ(DLT)と気管支ブロッカー(BB)の肺虚脱の質を比較することであった。 ・大学附属教育病院での前向き無作為化臨床研究で、VATS を使用した食道腫瘍手術を受ける成人患者 45 例を対象とした。患者は、コンピュータ生成の無作為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長時間片肺換気を伴う肺切除手術後の術後肺合併症、肺/全身性炎症反応を静脈 vs 吸入麻酔で比較

・最近の研究は、肺切除術(LRS)中のハロゲン化麻酔薬の免疫調節性の肺保護的な役割を報告しているが、臨床的な術後肺合併症(PPC)の差については検討していない。本研究の主な目的は、LRS を受ける患者で PPC の発生率に及ぼすセボフルランとプロポフォールの効果を比較することであった。第 2 の目的は、LRS に対する肺と全身の炎症反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片肺換気時の低 1 回換気量の影響: 無作為化比較試験のメタ分析

・換気戦略と周術期転帰との関連性は、依然として胸部麻酔の基本的パラダイムの 1 つである。片肺換気(OLV)中、一側の肺はガス交換から除外され、換気は下側肺に向けられる。著者らは、OLV 中の低 1 回換気量(VT)の使用が適切なガス交換を提供し、術後転帰を改善すると仮定した。 ・OLV 下に胸部手術を受ける患者を対象とした無作為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺切除手術における片肺換気中の高度 vs 中等度の筋弛緩

・いくつかの手術に際しての全身麻酔には、筋弛緩薬が必須である。古典的な麻酔学文献は、胸部外科手術での筋弛緩の使用は、片肺換気で側臥位の患者においては有害である可能性おを示している。本研究の主な目的は、患者の筋弛緩の程度に応じて呼吸機能を比較することであった。副次に、著者らは、片肺換気中の筋弛緩は有害ではないことを確認したいと考えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片肺換気中、吸入麻酔剤の呼気終末濃度は、血中濃度を正確に推定できるか?

・吸入麻酔薬の呼気終末濃度は、許容可能な精度で動脈血分圧を推定し、麻酔深度の非侵襲的モニタリングのための標準的ケアある。しかしながら、この関係が、片肺換気中に起こるかなりの生理的擾乱中にも成り立つかどうかは不明である。本研究の目的は、片肺と両肺換気中でイソフルランとセボフルランの呼気終末と血中濃度との関係を調査することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開胸および胸腔鏡下肺葉切除術における片肺換気中の無呼吸酸素吹送による低酸素症の発生率の低下:無作為化

・低酸素血症は、胸部手術に際しての片肺換気中によく見られる。低酸素血症が発生すると、レスキュー換気のために手術が中断される。圧力をかけることなく酸素を提供する無呼吸酸素吹送(AOI)は、低酸素血症を予防し、手術を中断しない。本研究の目的は、胸部手術での片肺換気中の低酸素血症を予防するための AOI テクニックの有効性を調査することであっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胸腔鏡+片肺換気中の動脈血酸素化に及ぼすデスフルラン vs プロポフォール

・胸部手術中の片肺換気は、正常の全身酸素化を妨げる。しかしながら、片肺換気中の動脈血酸素化に及ぼす麻酔薬の効果は、ヒトの研究では十分に確立されていない。この臨床試験では、胸腔鏡手術に際しての片肺換気中の酸素化に関して、デスフルラン-レミフェンタニルとプロポフォール-レミフェンタニル麻酔で差が観察できるかどうかを調べた。 ・術前酸素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開胸術と片肺換気を受ける患者の硬膜外デキスメデトミジが酸素化とシャント率に及ぼす影響

・鎮痛を提供する上での硬膜外デキスメデトミジンの役割は十分に明らかにされているが、酸素化とシャント率に及ぼす効果は十分には確立されていない。著者らは、硬膜外デキスメデトミジンが片肺換気(OLV)中に酸素化とシャント率を改善するという仮説を研究した。 ・施設倫理委員会の承認後、開胸術と OLV を受ける 60 人の患者を、生食(RS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管支ブロッカー使用時のテクニック

 二十数年ぶりに日本臨床麻酔科学会に出席することができた。そこで、学会で得た情報のメモである。 ・情報源;日本臨床麻酔学会 第34回大会 11/2 12時30分 ランチョンセミナー16 ・タイトル:「気管支ブロッカーの弱点を克服ーいつも左DLTで大丈夫?-」 ・座長:澤村 成史 先生 ・演者:吉村 達也 先生 ・スポンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more