テーマ:低体温

全身麻酔下での脊椎手術後の術中低体温は急性腎障害の減少と関連している:後ろ向き観察研究

・低体温は虚血性傷害に対する保護効果があることが知られているが、腎障害に対する低体温の影響はまだ解明されていない。そこで、本研究は、全身麻酔下で脊椎手術を受けた患者における術中低体温と術後急性腎障害(AKI)との関連を明らかにすることを目的とした。 ・本後ろ向き観察研究では、2010 年 1 月から 2018 年 3 月までに待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中の鎮痛と催眠を評価する 3 種類の脳波指数に及ぼす人工心肺下低体温の影響:意識指数、侵害受容指数、バイスペク…

・麻酔深度は、臨床診療では患者の臨床徴候によって一般に評価される。ただし、人工心肺と低体温中には、頻脈、高血圧、発汗、運動といった一般的な侵害受容徴候は、特に侵害刺激を検出する上で、患者の侵害受容と催眠を説明するには感度と特異度が低くなる。人工心肺下低体温中の鎮痛深度のより良いモニタリングは、鎮痛剤、特にオピオイドの過少投与や過量投与を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽度の周術期低体温と心筋傷害:後ろ向きコホート分析

・著者らは、最終術中食道温が、非心臓手術後 7 日以内の、病院内全死因死亡率と心筋傷害の複合のオッズ増加と関連しているという主な仮説を検証した。二つ目に明らかにすること(二次暴露)は、時間加重平均術中体温および面積<37℃の閾値であった。 ・心筋傷害は、明らかに心臓虚血に起因するとされる術後第4世代トロポニンT≧0.03ng/mL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関節鏡検査中の周術期低体温予防のための灌流液の加温:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、肩、股関節、膝関節鏡検査を受ける患者で、常温灌流液(20℃~22℃)と比較して、加温灌流液(32℃~40℃)が、周術期低体温(<36℃)のリスクを低下させるかどうかを調査することであった。 ・1名のレビュワーがは、医学図書館員の助力を得て以下のデータベースを検索した:PubMed、Embase、Cochrane C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下手術中に低体温を予防し臨床転帰を改善するための周術期アミノ酸注入:系統的レビューとメタ分析

・全身麻酔中の低体温を避けるために、アミノ酸(AA)輸液を選択することがある。しかしながら、AA 注入療法の広範な臨床的使用は確立されていない。本研究は、GRADE システムを使用して、AA 注入が患者の体温を上昇させ、臨床転帰を改善する可能性があるというエビデンスを明らかにすることを目的とした。 ・2015 年 11 月に ME…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタンフォード A 型大動脈解離手術中の脳損傷に及ぼす中等度 vs 高度低体温麻酔の無作為化比較

・本研究は、脳損傷に及ぼすスタンフォード A 型大動脈解離手術に際しての、中程度 vs 高度の低体温麻酔が及ぼす影響を比較することを目的とした。 ・スタンフォード A 大動脈解離手術を受ける 82 例の患者を中等度低体温群(MH、n=40、鼻咽頭温度 25℃、直腸温 28℃)と高度低体温群(DH、n=42、鼻咽頭温度 20℃、直腸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス手術患者の術後低体温が転帰に及ぼす影響

・研究の目的は、冠動脈バイパス移植手術(CABG)患者における術後低体温が転帰に及ぼす影響を調査することでった。 ・大学病院での単施設研究で、2011 年から 2014 年に単独の CABG を受けた患者について、後ろ向き的研究を行った。対象は 2011 年から 2014 年に人工心肺下の単独 CABG を受けた全患者であった。手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者の低体温発生の危険因子

Risk factors for onset of hypothermia in trauma victims: The HypoTraum study Critical Care 2012, 16:R142 Published:2012-07-31 ・低体温は外傷患者によく見られ、死亡率の増加と関係している。 その原因は、十分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中低体温に及ぼすエフェドリンの効果

The effect of ephedrine on intraoperative hypothermia Korean J Anesthesiol. 2011 Apr;60(4):250-254. ・術中低体温の防止は、標準的な術中ケアとなった。エフェドリンは熱産生効果を有しており、麻酔中の低血圧治療に頻繁に使用されるので、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more