テーマ:乳房手術

術中ケトロラックの使用は、乳房手術での出血のリスクを増加させない

・非ステロイド性抗炎症薬の使用は、周術期の疼痛管理に効果的な補助剤である。マルチモーダル ERAS プロトコルの一環として術中ケトロラックを使用すると、乳房手術での出血合併症のリスクが増加するかどうかを調査しようとした。 ・乳腺腫瘤摘出術および乳房切除術を受けた患者を含む前向きコホート研究のサブセット分析で、術中ケトロラックを投与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術後の胸筋ブロック I は術後鎮痛を改善しない:無作為化二重盲式二施設対照試験

・乳房手術に際しての全身麻酔は、区域麻酔法を用いて補われる可能性がある。著者らは、乳癌手術後の術後疼痛の治療における第 1 胸筋神経ブロック(Pecs I)の有効性を評価した。 ・無作為化二重盲式二施設プラセボ対照試験を実施した。片側乳癌手術を予定しされた 118 人の患者を募集した。マルチモーダル鎮痛処方セットと外科医が投与した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more