テーマ:非心臓手術

待機的非心臓手術後の術後集中治療室入室:NSQIP データベースの単施設分析

・手術後の集中治療室(ICU)への入室は、重大合併症率と死亡率に関連する可能性がある。この観察コホート研究の目的は、待機的非心臓手術を受ける患者で、術後 ICU 入室に関連する周術期因子を特定することである。 ・2011 年 1 月から 2016 年 9 月まで、三次医療大学医療センターの ACSNSQIP データベースのデータを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の心筋傷害の発生に及ぼす揮発性麻酔と完全静脈麻酔の効果

・揮発性麻酔薬と完全静脈麻酔(TIVA)の心保護効果は、特に非心臓手術を受ける患者では議論の余地がある。現世代の高感度心臓トロポニン(hs-cTn)を使用して、非心臓手術後の心筋傷害(MINS)の発生に及ぼす麻酔薬の効果を評価することを目指した。 ・2010 年 2 月から 2016 年 12 月にかけて、術前 hs-cTn 上昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術における麻酔科医のトラネキサム酸使用の調査

・非心臓手術における大出血はよく見られ、重篤な合併症と関連している。抗線維素溶解薬であるトラネキサム酸(TXA)は出血を減らし、これらの合併症のリスクを減らす可能性がある。TXA はまた、手術部位感染を減らすことのできる免疫調節効果がある可能性もある。非心臓手術における TXA の臨床試験は、その有効性と安全性を評価するには不十分である…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける経皮的冠動脈インターベンション既往患者のアスピリン

・非心臓手術を受ける経皮的冠動脈インターベンション(PCI)既往患者のアスピリンの効果については、不確実性が残っている。本研究の目的は、PCI 既往患者の周術期アスピリンの有益性と有害性を評価することであった。 ・多施設階級試験の非特異的なサブ群分析。コンピュータ化されたインターネットの無作為化は、2010 年と 2013 年まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性腎障害は、重症患者の非心臓手術後の心筋傷害の独立危険因子である

・非心臓手術後の心筋傷害(MINS)は、死亡率および罹患率の一因となる。しかし、その発症を促進するリスク要因は依然として不明である。本研究の目的は、MINS の発生率とリスク要因を特定することであった。 ・2012 年 1 月から 2013 年 1 月まで、非心臓手術後の重症患者(n=1087)の後ろ向き観察コホート研究を大規模三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多専門的集中治療室に入室した非心臓手術患者の転帰

・手術は、手術術式と患者に応じて、重大な罹患率と死亡率をもたらす。 集中治療室(ICU)に入室した手術患者の転帰についてのインドからのエビデンスは不足している。著者らは、ICU 入室した非心臓手術患者の術後合併症と死亡の発生率、危険因子を明らかにすることを目的とした。 ・これは、18 ヶ月間、多専門的 ICU に入室した全ての周術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【投】 非心臓手術を受ける虚血性心疾患患者におけるβ遮断薬治療と心血管イベント・死亡リスクとの関連

非心臓手術を受ける虚血性心疾患患者におけるβ遮断薬治療と心血管イベント・死亡リスクとの関連 デンマーク全国コホート研究 Association of β-Blocker Therapy With Risks of Adverse Cardiovascular Events and Deaths in Patients With Is…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more