テーマ:MACawake

睡眠障害のある乳房手術の女性におけるセボフルランの覚醒最小肺胞濃度(MACawake)の増加

・睡眠障害は、診療所でよく遭遇する。睡眠不足がラットの全身麻酔の有効性を変化させる可能性があることを示すエビデンスがある。しかし、この現象は人間では調査されていない。本研究の目的は、睡眠障害患者で、セボフルランの催眠効力が、正常な睡眠習慣の患者と異なるかどうかを調査することであった。 ・待機的乳房手術を予定している 44 人の患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more