テーマ:斜角筋間ブロック

鎖骨上ブロックは、肩の手術後の急性疼痛管理に際して斜角筋間ブロックと同じくらい適しているか?系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間ブロック(ISB)は、肩の手術に最適な急性疼痛管理手法であるが、その不都合な呼吸器副作用により、代替法の探索が促されている。鎖骨上ブロック(SCB)が ISB の代替法として提案されているが、鎮痛効果と呼吸器副作用回避効果の比較のエビデンスは一貫性がない。肩の手術で SCB と ISB の鎮痛効果と呼吸効果を比較した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単回注射の斜角筋間腕神経叢ブロックの鎮痛持続に及ぼす 3 種類の異なる補助薬の効果の比較:前向き無作為化三重盲式臨…

・局所麻酔の使用は、より速い回復と良好な患者満足度をもたらしうる。局所麻酔薬に神経周囲補助剤を添加すると、鎮痛持続時間が改善される可能性があるが、単一の無作為化試験でそれらを比較したデータは不足している。著者らは、3 種類の補助剤としてクロニジン、デキサメタゾン、ブプレノルフィンで、斜角筋腕神経叢ブロックの鎮痛持続時間に及ぼす効果を比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術後の術後疼痛予防のための斜角筋間 vs 鎖骨上神経叢ブロック:系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間腕神経叢ブロックは、肩手術後疼痛を軽減するための最も一般的な区域麻酔法であるが、同片側横隔膜麻痺、ホルネル症候群、嗄声などの合併症が発生する。鎖骨上アプローチの方が有害作用が少なく、効果的な代替法である可能性がある。本研究の目的は、斜角筋間と鎖骨上腕神経叢ブロックとの間で術後疼痛スコアとモルヒネ等価物に差があるかどうかを調査す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全肩関節形成術後にリポソームブピバカイン浸潤と斜角筋間ブロックは、同様の疼痛緩和をもたらすか?

・全肩関節形成術(TSA)後の疼痛管理に際してリポソームブピバカイン(LB) vs 斜角筋間ブロック(INB)の有効性と安全性に関して、依然として論争が存在する。今回のメタ分析の目的は、TSA 後の疼痛管理に際して LB ベースの浸潤 vs INB の有効性と安全性を比較するために、比較的信頼できる総合評価を行うことであった。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下斜角筋間ブロックでロピバカイン補助薬としてのデキサメタゾン:無作為化二重盲式臨床試験

・本研究の目的は、ロピバカインに添加された経静脈または神経周囲デキサメタゾンが、超音波ガイド下斜角筋間腕神経叢ブロック(BPB)の持続期間に及ぼす影響を評価することであった。 ・無作為化臨床試験で、斜角筋間腕神経叢ブロック下に待機的肩関節鏡手術を行った 60 人の ASAーPS I-II 患者を、0.75% ロピバカイン 20ml…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩関節形成術における注射可能リポソームブピバカインと比較した斜角筋間ブロックの無作為化対照試験

・斜角筋間腕神経叢ブロックの欠点には、実施上の失敗と反跳痛が含まれる。ブピバカイン(Bupivacaine)リポソーム注射用懸濁液は、徐放性製剤であり、手術部位投与に使用される。本研究の目的は、肩関節形成術を受ける患者でこれらの 2 つの術後疼痛管理戦略を評価することであった。 ・初回肩関節形成術を受ける被験者の非盲式無作為化比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩関節形成術後の疼痛管理のためのリポソームブピバカイン vs 斜角筋間ブロック:メタ分析

・全肩関節形成術(TSA)後の術後疼痛管理は困難である可能性がある。リポソームブピバカインと斜角筋間ブロックは、TSA 患者のためのよく用いられる 2 つの疼痛管理プロトコールである。しかしながら、リポソームのブピバカインが斜角筋間ブロックよりも優れているかどうかは不明であった。本メタ分析は、TSA を受ける患者の疼痛管理として、斜角筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神経周囲低用量デキサメタゾンは、全身投与と比較してブピバカイン斜角筋間ブロック鎮痛時間を延長する

・神経周囲デキサメタゾンと静脈内(IV)デキサメタゾンは、末梢神経ブロックの持続時間を延長することが示されている。神経周囲および IV デキサメタゾンの効果は、4mg 以上の用量でのみ比較されている。この三重盲式無作為化試験では、斜角筋間ブロック(ISB)の鎮痛持続時間に及ぼす 1mg の静脈内デキサメタゾン vs 神経周囲デキサメタゾ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

関節鏡下肩関節手術のための斜角筋間と小用量の鎖骨上ブロックの無作為比較

・本無作為化試験は、関節鏡下肩手術のための超音波(US)ガイド下斜角筋間ブロック(ISB)と小用量の鎖骨上ブロック(SCB)を比較した。著者らは、片側横隔膜麻痺(HDP)のリスクなしに、SCB が手術 30 分後に、ISBに同等の鎮痛を提供すると仮定した。 ・全ての患者は、US ガイド下中頚神経叢ブロックを受けた。ISB 群では、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

肩手術のための肩甲上と斜角筋間ブロック:系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間ブロックは、肩関節手術の鎮痛に最適であるが、関連するリスクに対する懸念が、代替法の探索を促している。最近、肩甲上ブロックは、斜角筋間ブロックの代替として提案されたが、その比較鎮痛効果のエビデンスは矛盾している。本メタ分析は、肩手術に際しての肩甲上神経ブロック vs 斜角筋間ブロックの鎮痛効果と安全性を比較する。 ・肩手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斜角筋間腕神経叢ブロックに際し塩酸ブピバカイン+リポゾームブピバカイン vs 単味ブピバカイン

・著者らは、斜角筋間腕神経叢ブロックに投与したリポゾームブピバカイン(Exparel)は、主要な肩手術に際してのマルチモーダル術後疼痛管理のにおいて疼痛を軽減するかどうかを調べた。 ・52 人の成人患者を、0.25% ブピバカイン HCl 5mL 投与直後にリポゾームブピバカイン 10mL 133mg(n=26)か、0.25% 標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩関節鏡検査のための 0.5% ロピバカインを用いた斜角筋間腕神経叢ブロックの 3 法の比較試験

・斜角筋間腕神経叢ブロックは、肩の手術に対する効果的な伝達麻酔法である。末梢神経刺激装置で確認したブロックに対して、よく行われている超音波ガイド下ブロックの優位性は依然として不明である。本研究では、これらの異なるブロック法の有効性を比較した。 ・本前向き無作為化臨床研究には、109 人の患者(ASA 分類 I~III)が含まれ、待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術後鎮痛のための超音波ガイド下斜角筋間ブロックと鎖骨上ブロックの比較

・斜角筋間ブロックとは対照的に、肩関節手術に際しての鎖骨上ブロックの鎮痛有効性に関する情報はほとんどなかった。本研究は、肩手術に際しての斜角筋間と鎖骨上ブロックの鎮痛効力と副作用を比較することを目的とした。 ・肩手術を予定された患者は、0.375% ロピバカイン 20ml を用いて、超音波ガイド下に斜角筋間(n=25)か、または鎖…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

低用量の静脈内デキサメタゾンは、単回投与斜角筋間ブロックの持続時間を有意に延長する

・デキサメタゾン静脈内投与は、斜角筋間腕神経叢ブロックの鎮痛持続時間を延長するが、この効果がもっと少ない用量のデキサメタゾンを用いも認められるかどうかは定かではない。本研究は、関節鏡下肩手術後の単回投与斜角筋間ブロックの鎮痛持続時間に及ぼす静脈内デキサメタゾン(4mg と 10mg)の影響を評価した。著者らは、両用量がプラセボと比較して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more