テーマ:内視鏡下副鼻腔手術

内視鏡下副鼻腔手術に際しての麻酔維持法と全静脈麻酔に関する麻酔科医の調査

・吸入麻酔と全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)の全身麻酔の維持に使用される方法である。TIVA は出血量の減少と術野の改善に関連する可能性があるというエビデンスが増えているが、データは少数の副鼻腔手術症例でしか使用されていないことを示唆している。本研究の目的は、麻酔担当者の間で ESS の麻酔維持法に対する認識とアプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸の局所投与は、全身麻酔中の副鼻腔手術における術中出血を減少させるか?

・トラネキサム酸は止血剤であり、フィブリンの分解を抑制する。これは術中出血を抑えるのに有益である。本研究の目的は、内視鏡下副鼻腔手術中の出血と手術野に及ぼすトラネキサム酸の効果と患者への副作用のメタ分析とレビューを提供することであった。 ・2 人の著者が、記事収集開始から 2018 年 7 月まで 6 つのデータベース(Medli…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機能的内視鏡下副鼻腔手術における低血圧麻酔中の脳酸素飽和度の評価

・内視鏡下副鼻腔手術における人為的低血圧麻酔は、きれいな手術野を提供するであろう。脳酸素飽和度(ScO2)は内視鏡下副鼻腔手術患者において重要であり、人為的低血圧中は低下するかもしれない。本研究の目的はこれらの患者の ScO2 を評価することであった。 ・この観察研究では、低血圧麻酔を用いた内視鏡下副鼻腔手術を受けた 41 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術時の術中視覚化のための全静脈麻酔 vs 吸入麻酔:二重盲式無作為化比較試験

・内視鏡的副鼻腔手術(ESS)中の出血は、術野視認を障害し、手術の進行を遅らせる可能性がある。麻酔法が ESS 中の術野の質に与える可能性のある役割は、以前に研究されてきた。しかし、メタ分析からは、現在の文献は決定的ではなく、方法論的な一貫性に欠けているようだ。本研究は、これらの批判を念頭に置いて、ESS 中の術野の質に及ぼす全静脈麻酔…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more