テーマ:レミフェンタニル

予防的アトロピン投与は、プロポフォールと高用量レミフェンタニルによる麻酔導入の負の血行動態効果を軽減

・プロポフォールとレミフェンタニルによる麻酔導入は、しばしば望ましくない徐脈と低血圧を誘発し、組織酸素化に関する懸念を引き起こす。レミフェンタニルの電気生理学的心臓効果は、アトロピンによって拮抗できる可能性がある。研究の目的は、アトロピンの予防投与が、麻酔導入時のプロポフォールと高用量レミフェンタニルの負の循環動態効果を減弱するかどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際してのレミフェンタニルを併用したプロポフォール:胎盤移行と導入から娩出までの異なる間隔

・本研究は、帝王切開(CS)時の全身麻酔導入に際してレミフェンタニルを併用したプロポフォール投与について明らかにすることを目的とする。著者らの目的は、麻酔導入から娩出までの異なる間隔(I-D)での母体と新生児の血中薬物濃度に及ぼす影響、ならびに新生児へのその影響を評価することであった。 ・本二重盲式無作為化対照試験では、待機的 C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは他のオピオイドに比べて人工呼吸患者での人工呼吸持続時間を短縮する可能性があるか?

・人工呼吸患者の不安や痛みを和らげるために、鎮静と鎮痛が一般的に必要とされている。フェンタニルとモルヒネは、最も頻繁に使用されるオピオイドである。レミフェンタニルは、非特異的エステラーゼによって代謝され、肝腎機能とは無関係に排除される、待機的μ-オピオイド受容体作用薬である。レミフェンタニルは、注入の持続時間にかかわらず、急速な効果発現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは、他の術中の効果とは反対に、口腔外科手術中の尿量を増加させない - コホート研究

・腹腔鏡処置と、心臓や婦人科手術時に、手術に対するストレス反応を抑制するために、レミフェンタニル注入による尿量の増加が報告されている。前向きの観察的コホート研究の目的は、歯科および小口腔手術中に、レミフェンタニルを使用した場合と使用しなかった場合とで、規定の容量注入量での術中尿量を比較することにより、レミフェンタニル鎮痛が尿量に及ぼす影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瞳孔測定器ガイドによる術中レミフェンタニル投与 vs 標準的診療はオピオイド使用に影響を及ぼす

・瞳孔測定は、麻酔下患者の侵害受容を評価するための有望な結果を示している。しかしながら、臨床診療におけるその利点は実証されていない。本前向き無作為化研究の目的は、主要な婦人科手術における手術中の瞳孔測定モニタリングが周術期オピオイド使用量に及ぼす影響を評価することであった。 ・倫理委員会の承認と患者の書面による同意を得た後、ASA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的頭蓋内手術後の遅延抜管に及ぼすレミフェンタニルの予防的使用:前向き無作為化二重盲式試験

・気管挿管は、苦痛を伴うストレスの多い処置である。著者らは、レミフェンタニルの予防的使用が、脳外科手術患者で抜管に起因する疼痛強度とストレス反応を緩和させると仮定した。 ・本前向き無作為化二重盲式対照試験において、待機的頭蓋内術後に遅れて抜管する予定の 160 人の患者を、抜管前にレミフェンタニルか、または生食(対照)を投与される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡手術におけるプロポフォール+レミフェンタニル標的制御注入麻酔からの回復に影響を及ぼす因子

・本研究は、腹腔鏡手術後のプロポフォール+レミフェンタニル標的制御注入による意識回復(ROC)時のプロポフォール効果部位濃度(Ce)に影響を及ぼす因子を分析するために実施した。 ・全身麻酔下で腹腔鏡手術を受けた 112 例の患者に、プロポフォールの目標濃度 3.5μg/ml で投与した。観察者覚醒/鎮静スコアが 1 に達したとき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルの術後持続注入は、全身麻酔下の患者の抜管に対するストレス反応を抑制する

・本研究は、パレコキシブと 3 用量のレミフェンタニルの併用効果と、全身麻酔下での抜管後のストレスと咳嗽反応に及ぼす効果を評価することを目的とした。 ・完全静脈麻酔(プロポフォール+レミフェンタニル)と気管挿管による待機的甲状腺切除術を受ける ASA I/II の合計 120 人の患者を、パレコキシブ静脈内注射と、レミフェンタニル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経腟分娩のための硬膜外麻酔の代替法としてのレミフェンタニル:無作為化試験のメタ分析

<ハイライト> ・ほとんどの臨床転帰について有意差は検出されなかった。 ・EA の候補者でない患者の場合、R-PCA は効果的な代替手段を提供する可能性がある。 ・低酸素血症に関しては注意が必要である。 <要旨> ・硬膜外鎮痛は陣痛管理のゴールドスタンダードと考えられているが、臨床的禁忌や、利用可能性のためにいくつかの条件では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは、小児心臓手術における人工心肺中の血糖値と乳酸値の上昇を防止する

・人工心肺(CPB)は、血漿中のサイトカインおよびカテコー??ルアミンの濃度を上昇させるストレス反応を引き起こし、高血糖を引き起こす可能性がある。成人では、CPB 中のレミフェンタニル注入は、サイトカイン、カテコールアミン、血糖値の上昇を防ぐことができたが、小児におけるレミフェンタニルのそのような効果は解明されていない。本研究では、小児…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Q:レミフェンタニルで麻酔した後の術後鎮痛はどうするか?

A:レミフェンタニルの特徴は即効性、かつ即消褪性なので、手術が終わって麻酔を終了(レミフェンタニルの投与を終了)すると、手術侵襲に起因する術後疼痛が急激に襲ってくる。手術侵襲が大きければ大きいほど、侵襲に対する生体反応も強大なものとなる。 昔、レミフェンタニルが発売されてまだ使い慣れていない頃、腹部大動脈瘤に対する Y グラフト置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more