テーマ:レミフェンタニル

高齢患者の迅速導入におけるレミフェンタニルの有効性と安全性:3 群並行二重盲式無作為化比較試験

・誤嚥リスクのある患者には迅速導入(RSI)が推奨されるが、頻脈などの血行動態の有害事象が誘発される。この試験の目的は、高齢患者で、RSI 中にレミフェンタニルを追加した場合の頻脈(主要評価項目)、高血圧(挿管による)または低血圧(レミフェンタニル)の発生に及ぼす影響を評価することであった。 ・この 3 群並行二重盲式多施設対照研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術でのレミフェンタニルは、予想外の不良な転機に関連している

・不十分な周術期疼痛治療は、術後慢性疼痛の発症が高度に予測される危険因子として知られている。レミフェンタニルは長短時間作用性のオピオイドで、迅速で効果的な鎮痛を提供するが、オピオイド誘発性疼痛過敏の誘発に関連している。これらのよく知られた特性にもかかわらず、この物質は、麻酔と、集中治療医学や産科などのさまざまな医療分野でますます使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少量のレミフェンタニル前処置は、全身麻酔導入中のスフェンタニル誘発咳嗽を抑制する:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・スフェンタニルの静脈内使用は咳嗽を誘発する可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔導入時のスフェンタニル誘発咳嗽に及ぼす小用量レミフェンタニルの前注入の抑制効果を評価することであった。 ・本前向き無作為化対照試験は、2019 年 1 月 10 日から 2019 年 3 月 1 日まで実施された。全身麻酔下に待機的手術を受けた合計 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは緊急外傷手術における外傷性ストレス反応を抑制する

・本研究の目的は、レミフェンタニルが緊急外傷手術におけるストレス反応をスフェンタニルよりも効果的に抑制できるかどうかを調査することであった。 ・緊急手術となった 60 人の外傷患者を無作為にレミフェンタニル群(R 群、n=30)か、またはスフェンタニル群(S 群、n=30)に分けた。R 群の患者にはレミフェンタニルを持続的に静脈内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術における全静脈麻酔と吸入麻酔の比較:無作為化比較試験のメタ分析

・プロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)は、吸入麻酔(IA)と比較して、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)中の出血を減らし、術野の質を改善するために提案されている。ESS 中の IA に対する TIVA の利点を判断するために、最新のメタ分析を実行した。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library を用いて、TI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血管内神経手術患者でセボフルラン麻酔からの円滑な覚醒のためのレミフェンタニル効果部位濃度

・全身麻酔からの覚醒中に、気管チューブによる咳嗽が頻繁に発生し、さまざまな有害な合併症を伴いうる。血管内神経手術を受ける患者では、咳嗽が頭蓋内圧亢進と関連しているため、咳嗽をすることなく全身麻酔からの円滑な覚醒を達成することが重要視されている。そこで、血管内神経手術に際してセボフルラン麻酔からの覚醒中に患者の 50% と 95% で咳嗽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中侵害刺激後のレミフェンタニル用量段階的増加と侵害受容レベル(NOL)指標反応との相関

・疼痛監視装置(Pain Monitoring Device:PMD)モニタ(Medasense Biometrics Ltd.、Ramat Gan、イスラエル)は、侵害刺激を検出するのに最近良好な感度と特異性を示している、多パラメータ誘導指数である侵害受容レベル(NOL)指数を使用する。本研究の目的は、レミフェンタニル投与量と NOL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルの漸進中止は、甲状腺手術後の最初の術後鎮痛剤要求を遅らせる:重盲式無作為化比較試験

・レミフェンタニルの誤った管理は、オピオイド誘発性耐性や痛覚過敏などの重篤な副作用を引き起こす。最近の研究は、これらの副作用を制限するために代替離脱法を明らかにした。レミフェンタニルの漸減は、より少ない疼痛と関連しているようである。この二重盲式無作為化比較試験の仮説は、甲状腺手術を受けた患者でレミフェンタニルの突然の中止後と比較して、レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者の意識喪失に際してのプロポフォールの ED95 に及ぼすレミフェンタニルとミダゾラムの効果

・高齢者は初期分布容量の減少とプロポフォールに対する感受性の増加のためにプロポフォールによって引き起こされる血行動態的不安定性に対してより脆弱である。ミダゾラムやレミフェンタニルは、それらのプロポフォールとの相乗効果または相加効果、健忘性および交感神経刺激の遮断のためにしばしば同時投与されうる。しかしながら、オピオイドやベンゾジアゼピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽喉頭痛に及ぼす高用量術中レミフェンタニルの影響:前向き無作為化研究

・全身麻酔に際しての気管挿管は術後咽喉頭痛(POST)を引き起こす。本研究は、全身麻酔後の患者における POST の発生率に及ぼす高用量レミフェンタニルの効果を評価することを目的としている。 ・全身麻酔下で整形外科下肢手術を予定された 92 人の患者を無作為に 2 群のうちの 1群に割り当てた。高用量レミフェンタニル(HR)群(n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニル - プロポフォール麻酔中の侵害受容ガイド vs 標準治療:無作為化対照試験

<このトピックについてすでに知っていること>:侵害受容レベル指数(Medasense Biometrics Ltd.、イスラエル、Ramat Gan)は、麻酔と手術中の中程度から激しい有害刺激の信頼できる尺度である。 <この記事が教えてくれる新しいこと>:腹部大手術を受けた患者を対象とした無作為化試験では、標準治療と比較して、侵害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストトラック心臓手術患者におけるスフェンタニルとレミフェンタニルの比較

・著者らは、心臓外科手術を受ける患者で、レミフェンタニルを投与されている患者と、スフェンタニルを投与されている患者とを後ろ向きに比較した。 ・1:1 傾向スコアマッチングの後、各群に 609 人の患者がいた。スフェンタニル群の方が、レミフェンタニル群と比較して平均(SD)人工呼吸時間[122(59) vs 80(44)分、p<0.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩中のレミフェンタニル患者管理鎮痛:RemiPCA SAFE Network 2010~2015年

<ハイライト> ・レミフェンタニル患者管理鎮痛(PCA)データベースの分析。 ・RemiPCA SAFE Network は、2009 年以来、レミフェンタニル PCA の臨床使用を集計している。 ・2010 年から 2015 年の間に実施された 31 病院での 5740 件のレミフェンタニル PCA が分析された 。 ・母体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室におけるせん妄に影響を及ぼす手術と麻酔の要因:電子診療録の分析

・本研究の目的は、集中治療室におけるせん妄の発生に影響を及ぼす手術、麻酔、回復室に関連する要因を分析することであった。外科手術患者では、術後せん妄の発生率が高い。術後せん妄は、手術後 3 日以内に最も頻繁に起こる。 ・本研究では、症例対照研究に基づく二次的データ分析を用いた。本研究では、2009 年 10 月から 2015 年 7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中高用量レミフェンタニル注入は、術後早期の鎮痛剤消費量を増加させる:前向き無作為化二重盲式対照試験

・本試験の目的は、レミフェンタニルの術中注入がオピオイドに対する急性耐性を誘発するか否かを決定し、術後疼痛とオピオイド消費量をレミフェンタニル効果部位濃度で比較することであった。 ・胃切除術を受けた患者 198 人を、レミフェンタニルの目標効果部位濃度を 0(1 群、n=39)、2(2 群、n=40)、4(3 群、n=39)、8(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デスフルランは、セボフルランよりも術中レミフェンタニル必要量を減少させる

・セボフルランとデスフルランは、バランス型麻酔においてオピオイド鎮痛剤との併用で広く使用されている。オピオイドであるレミフェンタニルは、非常に迅速な薬物動態のために頻繁に選択される。しかし、術中高用量レミフェンタニルは、急性耐性とオピオイド誘発性痛覚過敏のために、術後疼痛増強と、レスキュー鎮痛剤使用量の増加と関連している。本研究は、Su…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭頸部外科手術後の回復経過に及ぼすレミフェンタニルの効果:前向き研究

・レミフェンタニルに起因する周術期のオピオイド耐性の発症は、依然として議論の余地がある。頭頸部外科手術を受けた患者でレミフェンタニルによるオピオイド耐性とその他の有害作用の発生を評価した。 ・著者らは、ASAーPS I~III で、待機的頭頸部手術のために約 2 時間の全身麻酔を受けた成人参加者を募集した。ある群ではレミフェンタニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下における気管挿管時のレミフェンタニルの最適な筋弛緩効果

・本研究は、レミフェンタニルの用量が筋電図によるロクロニウムの発現時間に与える影響を調査するために行った。 ・本後ろ向き比較研究には、定時手術のために全身麻酔を受ける 75 人の患者が含まれた。患者にリドカイン(40mg)とプロポフォール(2mg/kg)を投与し、続いてロクロニウム(0.6mg/kg)を、生理食塩水注入(S 群)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無痛分娩のための静脈内レミフェンタニル患者管理鎮痛 vs ペチジン筋注:非盲式多施設対照試験

・分娩時痛に対してペチジンを投与されている女性の約 1/3 はその後に硬膜外鎮痛を必要とし、それは効果的な疼痛軽減を提供するが、器械的経腟分娩のリスクを高める。分娩中のレミフェンタニル患者管理鎮痛(PCA)は、ペチジンの代替法であるが、広く使用されていない。著者らは、レミフェンタニル PCA を用いた女性での硬膜外鎮痛への進行を、ペチジ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェンタニルとレミフェンタニルは、腹腔鏡術後に良好な術後回復をもたらすか?無作為化比較試験

・フェンタニルとレミフェンタニルは手術において広く使用されているオピオイドであるが、手術中のオピオイドの選択が患者の術後回復の質に影響するかどうかは評価されていない。そこで、著者らは、QoR 40 アンケート(QoR-40)を用いて、腹腔鏡手術後のフェンタニル・ベースの麻酔とレミフェンタニル・ベースの麻酔とで術後回復を比較することを目指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルとラリンジアルマスクを用いた全身麻酔時の覚醒時間と気道反応:多施設無作為化比較試験

・ラリンジアルマスク(LMA)の使用には、気道合併症の回避と麻酔からの迅速な覚醒が不可欠である。この麻酔状況における最適な麻酔薬についてのバイアスリスクが低く、十分に証明能力のある無作為化研究から得られたエビデンスは限られている。レミフェンタニル・ベースの術中鎮痛を使用する場合、デスフルランがセボフルランやプロポフォールと比較して、上気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分娩時鎮痛のためのレミフェンタニル:包括的レビュー

近年、日本産科麻酔学会および腹腔鏡学会の設立など、産科麻酔に大きな進展が見られた。しかし、産科診療において最も重要な問題の 1 つである分娩時痛は、依然として積極的に治療されていない。日本では、他の先進国と比較して、鎮痛のための硬膜外管理の割合が非常に低い。レミフェンタニルは、世界中で、分娩時痛、帝王切開の全身麻酔の一部として、また様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経腟分娩に際しての硬膜外麻酔の代替法としてのレミフェンタニル:無作為化試験のメタ分析

・硬膜外鎮痛は分娩時疼痛管理のゴールデンスタンダードと考えられているが、臨床的禁忌または利用可能性のために使用が制限される場合があり、適切な代替選択肢が必要となる場合がある。このメタ分析の目的は、無作為化試験からのエビデンスが、レミフェンタニル PCA(R-PCA)が、従来の硬膜外鎮痛(EA)と比較して母体満足度、鎮痛効力、安全性に有意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺手術およびレミフェンタニル注入を受ける患者の術後痛覚過敏を予防するための低用量ブプレノルフィン注入

・術後続発性痛覚過敏は、痛覚経路促進および/または急性オピオイド曝露による中枢感作から生じる。後者は、オピオイド誘発性痛覚過敏(OIH)としても知られている。強力なμ-オピオイド作動薬であるレミフェンタニルは、術後痛覚過敏を誘発し、術後疼痛スコアおよびオピオイド消費量を増加させると報告されている。続発性痛覚過敏の根底にある病態生理は、N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺中のレミフェンタニルが心臓手術後の急性腎障害の発生率に及ぼす効果

・人工心肺(CPB)後の急性腎障害(AKI)は、周知の術後合併症である。レミフェンタニルは、よく使用される超短時間作用型オピオイドであり、微小循環の改善と共に抗炎症および交感神経遮断作用を有する。 ・CPB 中のレミフェンタニル使用が術後 AKI の発生率に及ぼす影響を明らかにするために、後ろ向き的研究を行った。2012 年 1 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全静脈麻酔下で脳外科頭部固定のためのレミフェンタニルの EC90

・頭部固定は、循環動態不安定性を誘発し得る。レミフェンタニルは、脳神経外科手術中に完全静脈麻酔(TIVA)のためにプロポフォールと共に一般に使用される。本研究では、BIS モニタリングによる脳神経外科手術中の頭部固定に対する心血管反応鈍化に際してのレミフェンタニルの 90% 有効濃度(EC90)を調べた。 ・頭部固定を必要とする神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中ナロキソンは、レミフェンタニル誘発術後痛覚過敏を軽減するが、痛みは軽減しない:無作為化比較試験

・高用量レミフェンタニルの術中使用は、術後痛覚過敏を誘発し得る。低用量ナロキソンは、鎮痛を損なうことなく、オピオイドのいくつかの有害作用を選択的に拮抗させる可能性がある。著者らは、低用量ナロキソン注入を併用た高用量レミフェンタニルの術中使用は、レミフェンタニル単独の使用と比較して、術後痛覚過敏を減少させると仮定した。 ・待機的甲状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防的アトロピン投与は、プロポフォールと高用量レミフェンタニルによる麻酔導入の負の血行動態効果を軽減

・プロポフォールとレミフェンタニルによる麻酔導入は、しばしば望ましくない徐脈と低血圧を誘発し、組織酸素化に関する懸念を引き起こす。レミフェンタニルの電気生理学的心臓効果は、アトロピンによって拮抗できる可能性がある。研究の目的は、アトロピンの予防投与が、麻酔導入時のプロポフォールと高用量レミフェンタニルの負の循環動態効果を減弱するかどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際してのレミフェンタニルを併用したプロポフォール:胎盤移行と導入から娩出までの異なる間隔

・本研究は、帝王切開(CS)時の全身麻酔導入に際してレミフェンタニルを併用したプロポフォール投与について明らかにすることを目的とする。著者らの目的は、麻酔導入から娩出までの異なる間隔(I-D)での母体と新生児の血中薬物濃度に及ぼす影響、ならびに新生児へのその影響を評価することであった。 ・本二重盲式無作為化対照試験では、待機的 C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは他のオピオイドに比べて人工呼吸患者での人工呼吸持続時間を短縮する可能性があるか?

・人工呼吸患者の不安や痛みを和らげるために、鎮静と鎮痛が一般的に必要とされている。フェンタニルとモルヒネは、最も頻繁に使用されるオピオイドである。レミフェンタニルは、非特異的エステラーゼによって代謝され、肝腎機能とは無関係に排除される、待機的μ-オピオイド受容体作用薬である。レミフェンタニルは、注入の持続時間にかかわらず、急速な効果発現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more