テーマ:術後疼痛

脊椎麻酔下の人工膝関節全置換術における急性術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォール術中鎮静の比較:無…

・脊椎麻酔下に人工膝関節全置換術を受ける患者で、デキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静が術後鎮痛に及ぼす効果をで比較した。デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤の消費量が少なくなるという仮説を立てた。 ・48 人の患者が登録され、デキスメデトミジン群(n=24)か、またはプロポフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査後の急性術後痛の予測因子の特定

・婦人科腹腔鏡検査後の痛みは軽微であると想定されているが、多くの女性は麻酔回復室(PACU)で術後の予期しない痛みに苦しんでいる。これらの患者を事前に特定することは、効果的な鎮痛にとって重要である。そこで、婦人科腹腔鏡検査後の術後急性疼痛の予測因子を調査しようとした。 ・婦人科腹腔鏡検査を受ける 280 人の患者のデータを分析した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中フェンタニル投与と術後悪心/嘔吐および疼痛との関連:前向きコホート研究

・術後悪心嘔吐(PONV)は、患者が最も恐れる麻酔関連の影響の 1 つであり、退院を遅らせる可能性がある。スコアと危険因子は確立されているが、多くは現代的麻酔レジメンの前に、修正可能な麻酔関連変数に焦点を当てることなく開発された。本研究の目的は、現代的麻酔レジメンに関連して、術中フェンタニルの投与量と PONV、および 24 時間以内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内患者管理鎮痛法を受ける間、腹腔鏡下肥満症手術後 24時間における中程度から重度の痛みの危険因子

・研究の目的は、腹腔鏡下肥満症手術後の 24 時間における中程度から重度の痛みの発生率と危険因子を調査することであった。 ・本後ろ向き研究には、2016 年 6 月から 2018 年 7 月までに単施設で腹腔鏡袖状胃切除術か、または Roux-en-Y 胃バイパス術を受けた病的肥満患者が含まれた。麻酔回復室(PACU)と病棟で分析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中の血行動態と術後疼痛に及ぼす術前不安の影響

・研究の目的は、患者の不安度が、術中の血行動態パラメーターと術後疼痛、患者満足度、在院期間に及ぼす影響を調査することであった。 ・2015 年 12 月から 2016 年 2 月まで、トルコ、エディルネのトラキア大学医学部、一般外科での記述的研究である。待機的胆嚢摘出術に対して 72 人の患者が手術された。彼らは、状態特性不安イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛侵害受容指数:術後の急性疼痛の評価

・術後疼痛評価に使用される数値評価尺度、視覚アナログ尺度などの患者の自己評価に基づく尺度は、コミュニケーションの問題を抱える老人や重症患者では問題となる可能性がある。そのため、痛みを客観的に評価できる方法が長年にわたって研究されてきた。そこで、副交感神経活動を反映する心電図データに基づいた鎮痛侵害受容指数が提案されている。本研究では、術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下袖状胃切除術術中の血行動態パラメータと術後鎮痛に対する静脈内硫酸マグネシウム vs 腹腔内硫酸マグネシウム…

・気腹に対する血行動態的変化と術後疼痛は肥満患者に有害になることがある。静脈内(IV)か、腹腔内(IP)に硫酸マグネシウム(MgSO4)投与が気腹に対する血行動態ストレス反応を軽減し、腹腔鏡下袖状胃切除術術(LSG)後の術後疼痛管理を改善できるかどうかを検討した。 ・LSG を予定した合計 120 人の患者が、対照群(C 群、生食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコチン依存性の高い高齢患者における術後の疼痛転帰に及ぼす術前禁煙の影響

・研究の目的は、高ニコチン依存症の高齢患者で、肺癌の胸腔鏡下根治的切除後の術後疼痛と鎮痛剤消費量に及ぼす術前禁煙の影響を調査することであった。 ・2017 年 7 月から 2018 年 7 月まで、待機的胸腔鏡下根治的肺癌手術を受けた年齢 60~70 歳の合計 107 人の男性患者を 3 群に登録した:A 群(ニコチン依存性が高く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛と片肺換気時の換気値に及ぼす受動喫煙の影響:前向き臨床試験

・研究の目的は、受動喫煙(SHS)と肺葉切除術の片肺換気(OLV)時の酸素化、受動喫煙と術後鎮痛剤消費量との関係を調査することであった。 ・大学医学部、手術室での前向き研究で、開胸術による肺葉切除術を予定された、ASA-II/III 、年齢 18~65 歳、肥満指数(BMI)<35kg/m2 の成人患者 60 人を対象とした。患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根治的胃切除術後の術後疼痛に及ぼすプロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔の効果:無作為化比較試験

・根治的胃切除術後、患者は重度の痛みを経験することがある。いくつかの研究では、プロポフォールの使用が術後疼痛を有意に減少させたと報告されており、他の研究者はこの効果は有意ではないと主張している。そこで、著者らは、プロポフォールによる麻酔が、開腹根治的胃切除術後に疼痛を軽減するのに役立つかどうかを評価することを目的とした。 ・開腹根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根治的胃切除後の術後痛に及ぼすプロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔の効果:無作為化比較試験

・根治的胃切除術後、患者は重度の痛みを経験することがある。いくつかの研究では、プロポフォールの使用が術後疼痛を有意に減少させたと報告されており、他の研究者はこの効果は有意ではないと主張している。そこで、著者らは、プロポフォールによる麻酔が、開腹根治的胃切除術後に疼痛を軽減するのに役立つかどうかを評価することを目的とした。 ・根治的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後の疼痛管理の患者満足度を改善する計画的静脈内アセトアミノフェン:前向き無作為化対照二重盲式研究

・眠気、嘔気/嘔吐、混乱、瞳孔変化などのオピオイド関連副作用は、術後神経学的悪化の徴候を隠すかもしれないために、術後疼痛をオピオイドで管理するのが難しい場合がある。非オピオイド鎮痛剤である静脈内(IV)アセトアミノフェンは、腹部手術や整形外科術後にオピオイド回避効果を有することが報告されている。本研究は、IV アセトアミノフェンが開頭術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の患者における高い満足度と重症疼痛との間の不一致:前向き観察対照研究

・術後疼痛(POP)の治療における最近の進歩により、手術患者の生活の質が向上している。本研究の目的は、同様のな外科手術後の患者と比較して、帝王切開後の患者における POP 管理の質を分析することであった。 ・これは、大学病院で同等の腹部婦人科手術(GS 群)を受けた同年齢の患者と比較して、CS 後の患者における前向き観察分析であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膣後壁手術後の術後疼痛に対するリポソームブピバカインの有効性:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・研究の目的は、治験薬(徐放性リポソームブピバカイン)とプラセボ(生食)を比較して、後膣壁手術後 1 日目と 3 日目の累積術後膣痛を評価することである。副次目的は、術後 7 日目の膣痛と、1、3、7 日目のモルヒネ換算麻薬使用量を評価することであった。 ・これは、WRNMMC 泌尿器婦人科から募集した 100 人の被験者を対象と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後急性痛に対する術前フルルビプロフェンアキセチル投与:無作為化比較試験のメタ分析

・非ステロイド性抗炎症薬は、術後疼痛を効果的に減少させ、オピオイドの必要性を減少させることが示されている。フルルビプロフェンアキセチルは、炎症組織に対して高い親和性を有する注射可能な非選択的シクロオキシゲナーゼ阻害剤であり、標的薬物療法および長時間作用を達成する。このメタ分析は、フルルビプロフェンアキセチルの術前使用と術後鎮痛に及ぼす影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛に対する周術期エスモロールの効果:系統的レビューとメタアナリシス

・エスモロールは、術後疼痛を改善し、オピオイドの必要性を低減することが示されている。この系統レビューの目的は、補助薬としての周術期エスモロールが術後早期の疼痛強度、回復プロフィール、麻酔薬必要量に及ぼす効果を評価することであった。 ・全身麻酔中のエスモロールの影響を評価する無作為化プラセボ対照試験についてデータベースを検索した。主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔は、脛骨高原骨折の手術治療後の早期疼痛レベルを改善する

・研究の目的は、脛骨高原骨折の手術治療において全身麻酔と比較したときの短期的転帰に及ぼす脊椎麻酔(SA)の効果を調査することであった。 ・これは前向きに収集されたデータの、施設審査会で承認された後ろ向きレビューである。レベル 1 外傷センター 2 施設で、脛骨高原骨折の手術治療を受けた 112 人の患者が患者登録簿で同定された。彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経腹式腹膜前修復(TAPP)における声門上気道器具と気管チューブとを比較した術後疼痛に関する無作為臨

・経腹式腹膜前修復(TAPP)は、日本における鼡径ヘルニア治療のために最も広く使用されている腹腔鏡技術である。多くの研究は、開腹ヘルニア修復と比較して、腹腔鏡修復の方が、疼痛が少なく回復期が短くなることを示している。しかし、術後痛は依然として懸念されている。術後早期の術後痛の 1 つの原因は、気管チューブ抜去時の緊張や咳嗽である。声門上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

婦人科手術後の術後疼痛とオピオイド関連症状に対するパレコキシブの効果

・研究の目的は、主要な婦人科手術後のパレコキシブの鎮痛作用とオピオイド節約効果を調査することであった。 ・これは、術後疼痛に対するパレコキシブ/バルデコキシブ(PAR/VAL)についての多施設無作為化二重盲式プラセボ対照研究からの患者の大規模なサブセット分析である。疼痛の重症度、疼痛の機能との相互作用、オピオイドの使用、オピオイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more