テーマ:今日の問題

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/19

【問題1】(心疾患患者への注意) 左室駆出率について正しい記述はどれか。 ア:左室駆出率が40%未満の場合の、1年生存率は70%である。 イ:左室駆出率は後負荷には影響されない。 ウ:冠動脈疾患患者の胸部X線写真で心胸郭比が50%以上なら、左室駆出率が40%未満である確率は70%より高い。 エ:僧帽弁逆流症で左室駆出率が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/13

【問題1】(麻酔のメカニズム) 次のうち正しいのはどれか。 ア:麻酔は脳のATP含有量を低下させないといわれている。 イ:麻酔薬はルシフェリン-ルシフェラーゼモデルで発光現象を阻害する。 ウ:Overton-Meyer のリポイド説は、麻酔薬がシナプスの脂質膜を可逆的に変性することを意味する。 エ:ナロキソンはエンフルレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/12

【問題1】(体位) 正しいのはどれか。 ア:手術体位による神経障害が最も起こりやすいのは尺骨神経である。 イ:腹部を圧迫すると全肺コンプライアンスが低下する。 ウ:Trendelenburg体位では脳静脈圧が上昇する。 エ:長時間手術後の禿頭の原因は頭皮の循環障害である。     ▼     ▼    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/08

【問題1】(局所麻酔法) 腕神経叢ブロックについて正しい記述はどれか。 ア:斜角筋間アプローチでは、しばしば尺骨神経がブロックされない。 イ:腋窩アプローチでは、筋皮神経を別にブロックする必要があることが多い。 ウ:鎖骨上アプローチでは、気胸の危険がある。 エ:腋窩アプローチで腋窩動脈穿刺をした場合は、ブロックを行っては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/07

■ これって常識? ■結核性胸膜炎は,胸水からの結核菌の検出率は30%程度 従来の細菌検査では,結核性胸膜炎における結核菌の検出率は25〜30%程度.胸膜生検と組み合わせると,陽性率は約75〜90%程度にまで改善する.胸水ADAが50IU/l以上で,胸水細胞がリンパ球優位であった場合には,結核性胸膜炎の可能性が強く示唆され,胸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/06

【問題1】(麻酔) 患者体位について正しいのはどれか? ア:尺骨神経損傷は男性に多く、術後数日たって発症する。 イ:下肢の末梢神経障害は、砕石位を取っていた時間とは無関係である。 ウ:総腓骨神経損傷は膝の内側の保護が不十分の場合に起こる。 エ:坐位手術での頚部の前屈では顎先と胸骨の間に2横指の間隙を開ける。 オ:Tre…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/10/01

【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.2p144 (アナフィラキシー、その他)『アナフィラキシーショックが起こったら』 アナフィラキシーショックの周術期の頻度=0.03%。アナフィラキシー=IgEを介する I 型アレルギー、アナフィラキシー様反応=直接あるいは補体を介して肥満細胞・好塩基球を活性化。 ●治療:初期治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/28

【問題1】(心疾患患者への注意) 周術期の心筋梗塞について正しい記述はどれか。 ア:心筋梗塞既往があると周術期に心筋梗塞を起こす率が高い。 イ:周術期の心筋梗塞の25%は症状を伴わない。 ウ:冠動脈バイパス手術を受けた患者が周術期に心筋梗塞を起こす率は正常人と同様である。 エ:周術期の再梗塞の死亡率は10%以下である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/25

【問題1】(神経筋遮断) スキサメトニウムについて正しい記述はどれか。 ア:スキサメトニウムによるカリウム上昇は少量の非脱分極性筋弛緩薬による前処置により防ぐことができる。 イ:スキサメトニウムによる phase II ブロックはネオスチグミンにより必ず拮抗できる。 ウ:小児では、体重当たりのスキサメトニウムの必要量は少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/23

【問題1】(局所麻酔薬) コカインで誤りはどれか? ア:粘膜塗布で麻酔効果がある。 イ:コリンエステラーゼで分解される。 ウ:局所の血管を拡張させる。 エ:コカイン中毒では冠血管攣縮を生じる。 オ:コカイン中毒では肺水腫を生じる。     ▼     ▼     ▼ [解説] 10%溶液の粘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/16

【問題1】(代謝) 周術期の肝障害について正しいものはどれか? ア:肝腎症候群では尿比重>1010である。 イ:血中アルブミン濃度の低下は、急性肝疾患の指標となる。 ウ:門脈シャント手術後の死亡率は、Child分類 class C で76%であった。 エ:急性尿細管壊死は、尿中Na濃度<10mEq/Lとなる。 オ:C型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/08

【問題1】(代謝内分泌) 手術侵襲下の内分泌反応について正しいのはどれか。 ア:ストレスホルモン分泌反応は、生体の合目的反応であるから、麻酔によって抑制すべきではない。 イ:バゾプレシン分泌は漸増し、術後早期に最大となる。 ウ:アルドステロン分泌の亢進はレニンアンギオテンシン系より、むしろACTHを介するものである。 エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/09/02

【問題1】(自律神経) 自律神経系について正しいのはどれか? ア:ムスカリン様受容体の刺激で膀胱の括約筋は弛緩する。 イ:アセチルコリンはミトコンドリアで合成される。 ウ:エフェドリンは、MAO阻害剤服用患者にも問題なく使用できる。 エ:交感神経節前線維は、無髄線維である。 オ:ドパミンは、3〜10μg/kg/minで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more