テーマ:潤滑剤

小児カフ付き気管チューブの気密封止性能に及ぼす潤滑化の効果

・カフ付き気管チューブ(CTT)の潤滑剤塗布は液体漏れを減少させる。しかし、カフの潤滑剤塗布が空気漏れにどのように影響するかは明らかではない。著者らは、水溶性潤滑剤である K-Y ゼリーによる前処置が、モデル研究における小児 CTT の気密封止性能を改善するという仮説を検証することを目的とした。 ・内径 4.0 と 5.0 mm …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフのゲルによる潤滑化は、誤嚥を減少させる

・流体のリークは、膨張した大容量低圧カフの壁内の長軸方向の折り目に沿って生じる。理論的には、カフを水溶性ゲルで潤滑化すると、カフ壁のチャンネルを埋めることによって誤嚥を防止できる可能性がある。麻酔中の誤嚥は術後肺炎と関連しており、重症疾患時には人工呼吸器関連肺炎を引き起こす。 ・実験室モデル(n=5)と、麻酔患者の前向き二重盲式無…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Q:ラリンジアルマスクにリドカインゼリーはなぜだめなのか?

A:リドカインによる局所麻酔作用によって咽頭周囲組織が麻酔されて、ラリンジアルマスクの抜去後もしばらく、その作用が継続し、誤嚥などの合併症を増加させる可能性があるからだ。 今や、いろいろなメーカーからラリンジアルマスクが製造販売されているが、たいがいの取扱説明書には、リドカインゼリーを使用しないよう注意書きがある。 「ソフト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブからのスタイレットの除去:潤滑剤の効果

・著者らは、24 時間以上にわたって、潤滑剤を塗布しない状態のスタイレットと潤滑剤を塗布したスタイレットを気管チューブから引き抜くために必要な労力を比較した。 ・スタイレットは、滅菌水、シリコーン液、リドカインスプレー、リドカインゲル、MedPro(登録商標)潤滑ゲルか、Lacri-Lube(登録商標)で潤滑された。 気管チューブ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more