テーマ:大腿骨頸部骨折

入院の遅れは、高齢の股関節骨折患者の手術転帰の悪化と関連している:後向き観察研究

・高齢者の股関節骨折患者の死亡率と合併症率に及ぼす手術遅延の影響が広く研究されている。ただし、ほとんどの研究は、入院前の待ち時間を考慮せずに、患者がすでに入院している場合の手術タイミングにのみ焦点を当てている。そこで、本研究の目的は、手術転帰に及ぼす入院遅延の影響を調査することである。 ・本後ろ向き研究では、対象患者の入院のタイミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨頸部骨折患者における周術期心臓酵素上昇の予後的意義:系統的レビューとメタ分析

・大腿骨頸部(NOF)骨折は、骨折後の合併症率と死亡率の増加に関連する併存疾患高齢患者のよく見られる外傷である。外傷のために、患者は生活の質や自立生活の低下をきたし、養護施設への移動や介護に依存することがある。多数の要因が、NOF 骨折後の合併症や生存率の低下に関連している。VISION コホートからは、さまざまな非心臓外科手術後の術後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中低血圧は大腿骨頸部骨折手術後の術後急性腎障害の危険因子である:後ろ向き研究

・高齢患者の股関節骨折は、関連する合併症と死亡のために深刻な健康上の問題である。股関節部骨折後の急性腎障害は、合併症と死亡の有意な予後不良因子として知られているが、股関節部骨折後の急性腎障害の危険因子に関する文献は不十分である。本研究は大腿骨頸部骨折患者における急性腎障害の発生率と関連する危険因子を調査することを目的とした。 ・2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨頸部骨折における大腿神経ブロック介入(FINOF):無作為化比較試験

・大腿骨頸部骨折は、有意な死亡と合併症を伴う重篤な痛みのある状態である。著者らは、大腿骨頸部骨折を有する高齢参加者で、大腿神経ブロックの早期および持続的使用が運動時疼痛と術後可動性を改善できるかどうかを調べた。 ・英国の二次医療、急性期国営保健総合病院で出の前向き単施設無作為化対照実践的研究で、参加者は大腿骨頸部骨折を示唆する病歴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者股関節骨折の管理上、手術時期と合併症には相関関係があり、早期手術は転帰に影響を与えうるか?

・高齢者の股関節骨折は通常、高い合併症率と死亡率と関連し、生活の質に影響を及ぼす。出版されたデータのレビューでは、文献の現在のガイドラインによれば、早期手術の方が良好な機能的転帰、周術期合併症と死亡率の低下と関連するため、受傷 24 時間以内に実施されるべきであることが示されている。本研究の目的は、早期手術介入と機能的転帰との間に何らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸は、PFNA による転子間骨折治療における隠れた出血を軽減する: 単施設無作為化比較試

・転子間骨折のために臀部手術を受ける患者では、隠れた出血が大きな懸念事項である。本研究の目的は、トラネキサム酸(TXA)が、転子間骨折に対して臀部手術を受ける患者の術後の隠れた出血を減少させるかどうかを調査することであった。 ・本無作為化対照研究では、転子間骨折のある合計 77 人の患者が登録された。患者は、PFNA(proxim…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸は、急性大腿骨頸部骨折に対する半/全股関節形成術において安全に出血量を減少させた:無作

・著者らは、大腿骨頚部骨折(FNF)に対する関節形成術中に (1) トラネキサム酸(TXA)が輸血の発生率を低下させるか (2) TXA が計算された出血量を減少させるか、(3) TXA 投与による 30 日および 90 日合併症において観察可能な差があるかどうか見極めることを目的とした。 ・大学関連レベル 1 外傷センターでの前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術的治療を受けた大腿骨転子間骨折において、肥満は高い周術期合併症と関連している

・研究の目的は、大腿骨転子間骨折(IT)に対して手術的固定を受けた肥満患者で合併症を明らかにし、非肥満患者と比較することであった。 ・大学関連レベル I 外傷センター 4 施設での、1078 人の IT 骨折患者を対象とした後ろ向きコホート研究である。主要評価項目は、患者と骨折の特徴、手術期間、術中・術後合併症、入院死亡率、在院期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節手術後の罹患率、死亡率の危険因子

Risk factors of morbidity and mortality following hip fracture surgery Korean J Anesthesiol. 2013 Jun;64(6):505-510 ・術前の併存する慢性全身性疾患、手術の遅れ、性別、年齢は、股関節部骨折手術後合併症の危険因子と考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more