テーマ:スフェンタニル

プロポフォールとレミフェンタニルまたはスフェンタニルによる導入後の挿管条件の比較:外科的抜歯のための無作為化対照 …

・本研究の目的は、プロポフォール-スフェンタニルまたはプロポフォール-レミフェンタニルのボーラス投与と急速導入法による麻酔導入後の気管挿管条件を比較することであった。 ・抜歯に際して挿管を伴う全身麻酔下で外来手術を受ける合計 70 人の患者(ASA I/II)は、この二重盲式研究の 2 群に無作為に割り当てられた。患者は挿管に際し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少量のレミフェンタニル前処置は、全身麻酔導入中のスフェンタニル誘発咳嗽を抑制する:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・スフェンタニルの静脈内使用は咳嗽を誘発する可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔導入時のスフェンタニル誘発咳嗽に及ぼす小用量レミフェンタニルの前注入の抑制効果を評価することであった。 ・本前向き無作為化対照試験は、2019 年 1 月 10 日から 2019 年 3 月 1 日まで実施された。全身麻酔下に待機的手術を受けた合計 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは緊急外傷手術における外傷性ストレス反応を抑制する

・本研究の目的は、レミフェンタニルが緊急外傷手術におけるストレス反応をスフェンタニルよりも効果的に抑制できるかどうかを調査することであった。 ・緊急手術となった 60 人の外傷患者を無作為にレミフェンタニル群(R 群、n=30)か、またはスフェンタニル群(S 群、n=30)に分けた。R 群の患者にはレミフェンタニルを持続的に静脈内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮鏡検査に際して静脈内麻酔で低用量スフェンタニルに併用したプロポフォールの ED50

・スフェンタニルはオピオイドとして良好な薬力学的および薬物動態学的特性を有しており、通常子宮鏡検査または治療手術に際して静脈内麻酔薬としてプロポフォールと同時投与される。しかしながら、低用量スフェンタニルと同時投与する場合のプロポフォールの最適用量はまだ確立されていない。本研究は、低用量スフェンタニルに併用したときの静脈内麻酔用のプロポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストトラック心臓手術患者におけるスフェンタニルとレミフェンタニルの比較

・著者らは、心臓外科手術を受ける患者で、レミフェンタニルを投与されている患者と、スフェンタニルを投与されている患者とを後ろ向きに比較した。 ・1:1 傾向スコアマッチングの後、各群に 609 人の患者がいた。スフェンタニル群の方が、レミフェンタニル群と比較して平均(SD)人工呼吸時間[122(59) vs 80(44)分、p<0.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スフェンタニルの中枢投与または末梢投与の選択は、オピオイド誘発性咳嗽に影響を及ぼすか?

・オピオイド誘発性咳嗽(OIC)は、麻酔導入中のオピオイドの最もよく見られる合併症の1つである。本研究は、異なる静脈内経路によって媒介される OIC の発生率を評価するために考案された。 ・全身麻酔下で待機的手術が予定されている 102 例(ASA I-II)を、中心静脈群(CV 群、51 例)と末梢静脈群(PV 群、51 例)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者のバイスペクトル指数に及ぼすスフェンタニルの効果

・著者らは、プロポフォールによる麻酔導入時にスフェンタニルを添加することが、高齢患者(年齢 65 歳以上)の BIS 値に及ぼす影響を検討した。 ・患者は、スフェンタニルの TCI(効果部位濃度 0.3ng/ml)か、対応するプラセボを投与されるよう無作為に割り当てられ、その後プロポフォール TCI(初期効果部位濃度 0.5 μg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開の脊椎麻酔に際し 0.5% 高比重ブピバカインに添加したスフェンタニル投与量による効果

・クモ膜下ブロックは、帝王切開のために広く使用されている麻酔法である。鎮痛の質を改善し、鎮痛持続時間を延ばすために、局所麻酔薬へのクモ膜下オピオイドの添加が推奨されている。著者らは、クモ膜下高比重ブピバカインに添加したスフェンタニル 2.5μg と 5μg の効果を比較した。 ・著者らは 105 人の満期妊婦患者を登録し、1 群(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開胸術後の静脈鎮痛のためのスフェンタニルとデキスメデトミジン併用の効果:無作為対照臨床試験

・開胸術後の患者管理静脈鎮痛(PCIA)にデキスメデトミジンの使用を調査した研究はほとんどない。本研究では、全身麻酔下での開胸術後の PCIA に際してデキサメデトミジンとスフェンタニル併用の効果を評価することとした。 ・開胸手術予定の 97 人の成人患者。2 群は、スフェンタニル単独(対照群)か、またはデキスメデトミジンとスフェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more