テーマ:術前気道評価

成人患者における喉頭鏡検査困難と挿管困難のための術前検査の予測値

・導入後の気管挿管困難または失敗の意義は、麻酔診療における合併症と死亡の広く認識されている原因である。にもかかわらず、潜在的な気管挿管困難を予測する必要性はあまり注目されていない。通常の麻酔中、気管挿管困難の発生率は全身麻酔の 1.5%~8% と推定されている。挿管困難は、特に挿管が失敗したときに、脳障害や死亡といった重症合併症と関連し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more