テーマ:免疫抑制

腎癌に対する硬膜外鎮痛併用の揮発性麻酔 vs 静脈麻酔の免疫抑制効果:予備的無作為化対照試験

・本研究の目的は、低位胸部硬膜外鎮痛併用全身麻酔下に腎癌手術を受ける患者において、細胞性免疫の抑制が全静脈麻酔と比較して吸入麻酔の使用下で強いという仮説を検証することであった麻酔。 ・患者はプロポフォールベース(静脈内麻酔)か、またはセボフルランベース(揮発性麻酔)麻酔群に無作為に割り当てられ、各群に 10 人の患者が、両群に硬膜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期炎症性サイトカインの変化の臨床的意義

Clinical implication of perioperative inflammatory cytokine alteration Published Online: March 30, 2015 ・サイトカインは炎症反応の重要な調節因子であり、外傷後の防御および修復機序において重要な役割を果たす。外傷後、免疫炎症反応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more