テーマ:妊娠

妊娠中の重度の悪心嘔吐の既往は、乳房再建を伴わない乳癌手術後の術後悪心嘔吐の高い発生率を予測する

・術後悪心嘔吐(PONV)は、チーチンに制吐剤を投与しているにもかかわらず、乳癌手術後の患者の最大 30% で発生している。妊娠中の嘔気嘔吐の既往歴(NVP)は、帝王切開分娩における術中の嘔気嘔吐の危険因子として報告されている。それにもかかわらず、妊娠中の重度の嘔気嘔吐の既往歴(SNVP)が PONV の高い発生率のと関連しているかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後のデキスメデトミジン鎮静の用量比較:妊婦 vs 非妊婦-無作為化試験

・本研究は、帝王切開(CS)を受けた分娩患者と待機的婦人科手術を受けた非妊娠女性における鎮静用のデキスメデトミジンの有効量を調査および比較するために計画された。 ・本研究は、年齢 25 歳から 35 歳までの 60 人の女性を対象とし、2 群に分けられた。妊婦群は、胎児と胎盤の娩出後、15 分かけてボーラス投与のデキスメデトミジン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

妊娠中の心不全女性の麻酔管理-後ろ向きコホート研究

<ハイライト> ・妊娠中の心不全は 776 分娩に 1 例で記録された。 ・心不全の症例の半分は産後すぐに見られた。 ・子癇前症は症例の 3 分の 1 を占めていた。 ・これら症例には、区域麻酔は分娩や帝王切開分娩に対して安全であるようだった。 ・心不全の症例の半分は集中治療を必要とした。 <要約> ・既存の心疾患のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠中の非産科手術および麻酔の母体と胎児の転帰に影響を与える要因:三次大学病院単施設データの後ろ向きレビュー

・妊娠中の産科以外の手術に際しての麻酔は、一般に母体と胎児の転帰に悪影響を及ぼすことが知られている。非産科手術に関連する胎児と母体の有害転帰のリスクを評価した。 ・この後ろ向き研究は、三次大学病院で非産科手術を受けた妊婦の臨床データを分析した。過去 16 年間の病院の行政データを使用して出産の入院をレビューした。結果の評価には、早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三次紹介センターにおける妊娠中の非産科手術のための麻酔:16 年間の後向き対症例対照研究コホート研究

・この後向き、対症例対照コホート研究は、単一の三次紹介病院での手術を必要とした妊娠の発生率、適応症、麻酔法、転帰について明らかにしている。 ・2001 年から 2016 年までに、妊娠進行中に非産科手術を受けた 171 人の患者の病院記録の後ろ向きレビューである。これらの女性の妊娠転帰を、まず第一に、全ての同時期の非手術患者(n=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

側臥位の妊婦で、超音波検査によって測定された Tuffier 線の脊椎レベル

・Tuffier 線は、L4 棘突起または L4-L5 椎間で脊柱と交差することが知られている。満期妊婦は様々な身体的変化をきたす。したがって、触診に基づいて Tuffier 線で椎骨レベルを決定するのは、必然的にあまり正確ではない。本研究の目的は、側臥位の妊娠女性と非妊娠女性で、超音波を使用して、触診上の Tuffier 線の椎骨レベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more