テーマ:クモ膜下フェンタニル

人工股関節全置換術を受ける高齢患者におけるクモ膜下ブピバカインおよびブピバカイン+フェンタニルの効果

・研究の目的は、人工股関節全置換術(THA)を予定している高齢患者で、フェンタニルを併用したブピバカインとブピバカイン単独を用いた脊椎麻酔の臨床効果を調査および比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 4 月まで、中国湖北省武漢にある武漢大学人民病院麻酔科での実験的研究で、65 人の高齢患者を無作為に 2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デキスメデトミジン鎮静を伴う脊椎麻酔に及ぼすブピバカイン+クモ膜下フェンタニル vs ブピバカイン

・フェンタニルは、クモ膜下局所麻酔薬の補助剤として脊椎麻酔の持続時間を延ばすために広く使用されている。最近のエビデンスは、静脈内デキスメデトミジンが脊椎麻酔の持続時間を延長することを示唆している。この非劣性試験では、静脈内デキスメデトミジンを術中投与した場合、ブピバカイン単味は、ブピバカイン+フェンタニルと比較して非劣性の持続期間を提供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩のためのクモ膜下フェンタニルの有効性:試験逐次分析による無作為化対照試験の系統的レビュー

・フェンタニルとモルヒネは帝王切開分娩時の脊椎麻酔に際してブピバカインにもっともよく追加される 2 種類のオピオイドである。多くの臨床試験が脊椎麻酔のためにクモ膜下ブピバカインに追加されたフェンタニルの異なる用量の有効性と安全性を評価したが、それでもその利点、害、そして最適な用量は不明のままである。本研究は、帝王切開時の脊椎麻酔に際して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開を受ける患者のクモ膜下フェンタニルの投与量の変化が臨床的有効性と副作用に及ぼす効果を比較する

・くも膜下腔ブロックの質を改善するために、局所麻酔薬にクモ膜下脂溶性オピオイドを添加するのが一般的である。本研究は、クモ膜下ブピバカインを用いた脊椎麻酔下で帝王切開を受ける患者で、副作用を最小限にして手術麻酔の質を改善できるクモ膜下フェンタニルの用量を見出すために考案された。 ・無作為化二重盲式試験で、脊椎麻酔下で帝王切開を受けた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

下肢整形外科手技におけるクモ膜下ブピバカインへのデキスメデトミジン vs フェンタニル追加の比較

・脊椎麻酔は、下肢手術のためのよくある処理である。合成麻薬であるフェンタニルと選択的α2 作動薬であるデキスメデトミジンは、術中術後の鎮痛を延長するために脊椎麻酔の補助薬として使用されている。本研究の目的は、下肢整形外科手術でクモ膜下ブピバカインに添加されたデキスメデトミジンとフェンタニルの有効性を比較することである。 ・本無作為…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サドルブロック下の肛門直腸手術に際しての術後疼痛とリバウンド痛に及ぼすクモ膜下フェンタニルの効果

・クモ膜下オピオイドは、術後疼痛を軽減するだけでなく、脊椎麻酔の質を高め、持続時間を延長することが知られている。本研究の目的は、サドルブロック下の肛門直腸手術後 48 時間のクモ膜下フェンタニルの術後鎮痛特性を評価することであった。 ・80 人の患者を本研究に募集した。40 人の患者を、0.5% ブピバカイン 5mg を 0.3m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more