テーマ:TKA

脊椎麻酔中のクモ膜下モルヒネは、初回総関節形成術に際しての現代的マルチモーダル鎮痛における役割?

・ブピバカイン脊椎麻酔に併用たクモ膜下モルヒネ(ITM)は、術後疼痛を改善する可能性があるが、術後悪心/嘔吐(PONV)および掻痒症の潜在的な副作用を有する。マルチモーダル鎮痛と区域麻酔法の使用により、術後の疼痛管理は、全関節形成術(TJA)において ITM を回避できるほどまでに有意に改善されている。。 ・著者らは、標準化マルチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節形成術後の患者でクモ膜下モルヒネ投与による術後疼痛と末梢内因性カンナビノイド濃度の低下:無作為

・本研究の第一の目的は、クモ膜下モルヒネ投与が術後疼痛を軽減するか否かを調査することであった。第二の目的は、弱鎮痛性内因性カンナビノイド、アナンダミド(AEA)と 2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)、関連脂質パルミトイルエタノールアミド(PEA)とオレオイルエタノールアミド(OEA)の血中濃度に及ぼすクモ膜下モルヒネの効果を調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術後の可動域制限に対する麻酔下での用手操作の有効性:系統的レビュー

・初回膝関節形成術後の膝関節可動制限は、持続的な疼痛と機能喪失に続く不満足な患者転帰につながり得る。麻酔下での用手操作(MUA)は、依然として術後可動制限治療のための実行可能な選択肢である。しかし、麻酔下用手操作の最適なタイミングと臨床的有効性は未だ不明である。 ・術後の可動域制限治療に MUA を受けた患者の臨床転帰を報告した研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回全膝関節形成術後の術後鎮痛に対するアセトアミノフェン静注の有効性

・静脈内アセトアミノフェンの使用は、疼痛管理に対するマルチモーダルアプローチの 1 つの構成要素として注目を集めている。しかしながら、全関節形成術における疼痛管理に際しての静脈内アセトアミノフェンの有効性を調査する文献は不足している。本研究の目的は、初回全膝関節形成術後の静脈内アセトアミノフェンの有効性を評価することであった。 方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア人集団で両側同時全膝関節形成術の後、トラネキサム酸は血栓塞栓症のリスクを増加させるか?

・研究の目的は、予防的抗血栓薬投与を行わずに、初回両側全膝関節形成術(TKA)を受ける患者で、トラネキサム酸が出血量と輸血率と輸血量を減少させるか、深部静脈血栓症(DVT)の有病率を増加させるどうかを確認し、DVT に関連する因子を調査することであった。 ・トラネキサム酸を投与されなかった対照群には患者 874 人( 1748 個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節置換術後の長期転帰に及ぼす麻酔と鎮痛の影響:多施設前向き観察研究

・周術期区域麻酔は、持続的術後疼痛(PPSP)から保護し、膝関節形成術(TKA)後の転帰を改善する可能性がある。本試験の目的は、区域麻酔がTKA 後の PPSP と長期的な機能的転帰に及ぼす影響を評価することであった。 ・2012 年から 2015 年まで、イタリアの私立病院と大学病院 5 施設で Web ベースの前向き観察レジス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術後の疼痛管理のためのクモ膜下モルヒネ vs 大腿神経ブロック:メタ分析

・このメタ分析は、全膝関節形成術(TKA)後の疼痛管理のためのクモ膜下モルヒネ(ITM) vs 大腿神経ブロック(FNB)の有効性と安全性を明らかにすることを目的としている。 ・2017 年 4 月、PubMed、EMBASE、Web of Science、Cochrane Database of Systematic Revie…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同時両側全膝関節形成術におけるリポソームブピバカインの全身的安全性

・局所麻酔薬を用いた術中関節周囲注入(PAI)は、全関節形成術(TJA)におけるマルチモーダル疼痛管理の重要な要素である。リポソームブピバカインは、鎮痛作用が長く続くように考えられたブピバカインの持続放出製剤であり、単一の手術部位での使用が承認されている。両側の同時 TKA(bTKA)に際して各膝にフルドーズ量を使用した場合の全身的安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両側全膝関節形成術後の脊柱管 vs 全身麻酔に関連した術後成績

・両側全膝関節形成術(BTKA)後の術後転帰における一次麻酔薬としての脊柱管麻酔(NA)の、全身麻酔(GA)に対しての利益に関してのエビデンスは希薄である。著者らは、この手術集団における転帰の差を、全国データベースを用いて解明しようとした。 ・著者らは 2007 - 2013 年の米国外科学会手術の質改善プログラム(NSQIP)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術後のマルチモーダル鎮痛に対する補助剤としての静脈内 vs 経口アセトアミノフェン

・術後鎮痛のための経口剤と比較した静脈内アセトアミノフェンの有効性は不明である。著者らは、マルチモーダル鎮痛処方へのアセトアミノフェンの追加は、全膝関節形成術(TKA)後の患者で疼痛管理を改善し、アセトアミノフェンの効果は投与経路によって変化すると仮定した。 ・本研究は、片側性 TKA を受ける患者で、静脈内投与 vs 経口投与の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回全膝関節形成術に際しての末梢神経ブロック:転帰と医療資源利用の地域住民ベースのコホート研究

・末梢神経ブロックは、全膝関節形成術後の疼痛を減少させるが、神経ブロックが、人工関節術資源利用に及ぼす地域住民ベルの影響は不明である。 ・著者らは、カナダ、オンタリオ州の関連する行政データを用いて集団ベースのコホート研究を実施した。著者らは、2002 年から 2013 年の間に初回膝関節形成術を受けた全ての成人を特定した。測定可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における関節周囲モルヒネ注入の効果:無作為化二重盲式試験

・モルヒネを含む関節周囲多種カクテル注入は、現在、全膝関節形成術(TKA)後の術後疼痛治療によく使用されている。その鎮痛効果にもかかわらず、オピオイドの副作用である嘔気嘔吐を引き起こすことが頻繁に報告されている。本研究は、TKA を受けた患者で、術後鎮痛を提供し、腫脹を緩和するに際しての多種カクテル注入の成分としてのモルヒネの有効性を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TKA 後の疼痛管理のための大腿神経+坐骨神経ブロック vs 大腿神経ブロック+局所浸潤麻酔

・全膝関節形成術(TKA)後の大腿神経と坐骨神経ブロック(SNB) vs 大腿神経ブロック+局所浸潤麻酔(LIA)の効果を評価することが、本無作為化比較試験(RCT)の系統的レビューおよびメタ分析の目的であった。 。 ・電子データベース PubMed、Embase、Cochrane Library、Web of Science を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more