テーマ:TKA

人工膝関節置換術における周術期合併症率

・患者の平均余命と体重が増加するにつれて、より高齢の肥満患者が人工膝関節全置換術(TKA)を受けている。TKA はいくつかの周術期合併症を引き起こす可能性がある。これらには、麻酔関連のリスク、併存する医学的問題の悪化、外科的処置の合併症が含まれる。著者らの患者集団で TKA 後の医学的合併症を報告した研究はない。本研究の目的は、TKA …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における認知機能障害、ストレスバイオマーカー、麻酔種別との関連:前向き無作為化試験

・術後認知機能障害(POCD)は、膝関節全置換術(TKA)に伴う重症合併症であり、入院期間を長引かせ、機能障害、合併症を引き起こすことが示されている。著者らは、TKA を受ける患者で、POCD が全身麻酔または区域麻酔の使用に関連するかどうかを判断することを目的とした。著者らの仮説は、鎮静剤を使用しない区域鎮痛法を受けた群の方が POC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工関節形成術における麻酔担当医の経験症例数と周術期転帰

・手術者の経験症例数の増加は改善された転帰に関連付けられているが、症例数の多い施設内での経験症例数と転帰の関係と麻酔科医の役割についての研究は限られている。さらに、麻酔診療チームの構成の効果は未だに十分には研究されていない。この分析の目的は、人工関節形成術後の有害事象に及ぼす麻酔科医と外科医の経験症例数の影響を確認することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケタミンは、人工膝関節全置換術後の痛みとオピオイド消費量を軽減する:無作為化比較試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・2019 年 2 月まで、PubMed、Embase、Ovid、Cochrane Library、Web of Science、CNKI、Wanfang Data、VIP を含む電子データベースで、膝関節全置換術患者のケタミンに関する全記事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術におけるトラネキサム酸とデキサメタゾンの周術期併用投与の利害?

・本研究の目的は、人工膝関節置換術(TKA)におけるトラネキサム酸(TXA)とデキサメタゾン(Dexa)の併用投与の有益性と有害性を調査することであった。 ・変形性膝関節症のために TKA を受ける合計 88 人の連続患者を 2 群に層別化した。全手術は全身麻酔下で行われた。簡単に説明すると、TXA+Dexa 群(n=45)の患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外モルヒネは膝関節全置換術後の患者の術後鎮痛を改善する:

・人工膝関節全置換術(TKA)後の患者はしばしば中等度から重度の疼痛をきたす。本研究では、TKA 術後患者で低用量硬膜外モルヒネと、同量生食注射の鎮痛効果を比較した。 ・本無作為化二重盲式プラセボ対照試験は、2017 年 7 月 1 日から 2018 年 5 月 30 日まで北京の三次病院で実施された。脊椎硬膜外併用麻酔下に TK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の急性腎障害の発生に及ぼす麻酔法の影響

・最近の研究で、整形手術患者においては全身麻酔よりも脊椎麻酔の利点が報告されている。ただし、人工膝関節全置換術(TKA)後の急性腎障害(AKI)と麻酔法の関係についてはほとんど知られていない。本研究は TKA 患者の AKI に及ぼす麻酔法の影響を確認することを目的とした。麻酔法の選択が他の臨床転帰に影響を与えるかどうかも評価した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔による人工膝関節全置換術後の軽度認知障害と安静時機能的結合性の低下

・研究によると、高齢者は人工膝関節全置換術後に 3 つの主要な安静時ネットワーク(デフォルトモードネットワーク、中央実行ネットワーク、および顕著性ネットワーク)が低下する可能性がある。研究の目的は、第一に、大規模な高齢成人手術サンプルにおけるノード接続性の変化の観点から安静時ネットワーク接続性の低下を評価すること。第二に、軽度認知障害(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節再置換術に及ぼす全身麻酔 vs 脊椎麻酔:合併症率は異なるか?

・初回人工膝関節全置換術(TKA)と TKA 再置換の両実施頻度が増加している。初回関節形成術患者からのデータは、全身麻酔と比較した場合、脊椎麻酔の使用によるリスク低減を示唆している。しかしながら、膝関節再置換術患者において、同様の関係は検討されていない。 ・これは米国外科学会手術の質改善データベースを用いた後ろ向きコホート研究で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における術中ケタミンは疼痛と麻薬消費を減少させない:前向き無作為化対照試験

・グルタミン酸受容体拮抗薬であるケタミンは、腹部および整形外科の手術において術後疼痛を軽減する可能性があることを複数の研究が示している。ただし、脊椎麻酔と膝関節全置換術に関わるその役割は不明である。本研究の目的は、術後疼痛と麻薬消費量に及ぼす、人工膝関節全置換術(TKA)中の麻酔用量以下のケタミン投与の有効性を調査することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《レビュー》 トラネキサム酸と人工膝関節置換術

これまで当ブログで紹介した記事から、人工膝関節置換術とトラネキサム酸に関連した文献をまとめて紹介する。 初めての人工膝関節置換術でのトラネキサム酸の使用: 周術期出血量に及ぼす影響 初回人工膝関節置換術患者 62 人に、タニケットを解除 5 分前に、トラネキサム酸 2.5g か、生食を無作為に投与した。トラネキサム酸群の方が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出血量とフィブリン溶解亢進を予防するための人工膝関節全置換術における静脈内と関節内トラネキサム酸併用

・人工膝関節全置換術(TKA)は、膝関節の体重を支える表面を交換して痛みや機能障害を軽減するための外科手術である。しかし、TKA 手術後の予後不良の原因となっている出血と線溶亢進は、線溶阻害剤トラネキサム酸(TXA)によって軽減された。TXA 機能のより良い適用のために、TKA 後の患者における TXA の関節内注射(IA)を併用した …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸とアドレナリンの関節内投与の人工膝関節全置換術後出血に及ぼす効果の比較

・研究の目的は、人工膝関節全置換術後の術後出血に及ぼすトラネキサム酸とアドレナリンの関節内投与の有効性を比較することであった。 ・単施設後ろ向き対照試験は、Selcuk 大学整形外科学科で行われ、2012 年 7 月から 2014 年 12 月までに初回、片側、セメント使用、人工膝関節全置換術を受けた患者のデータが含まれた。第 1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の輸血必要量の減少:トラネキサム酸の倍量注入の有効性

・関節置換術後の出血量は整形外科医にとっては気になる問題である。輸血の必要量を減らすためにトラネキサム酸(TXA)を使用することが主流になった。しかし、関節置換術での TXA の開始時期、使用方法、使用量についてのコンセンサスはまだ得られていない。TXA 15 mg/kg の術前と術後注入を術前単回注入と比較した後ろ向き研究を行った。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

初回人工膝関節全置換術におけるトラネキサム酸の静脈内と局所併用投与の有効性と安全性:無作為化対照試験

・初回人工膝関節全置換術(TKA)における静脈内(IV)と局所トラネキサム酸(TXA)の併用投与は依然として議論がある。このメタ分析の目的は、初回 TKA における IV と局所 TXA の併用投与の有効性と安全性を評価することであった。 ・PubMed、EMBASE、コクラン中央対照試験登録簿、Web of Science、Go…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

膝関節全置換術後の局所浸潤鎮痛とクモ膜下モルヒネの鎮痛効果の比較

・局所浸潤鎮痛法(LIA)は、人工膝関節全置換術(TKA)後の効果的な疼痛管理法である。研究の目的は、LIA が片側性 TKA を受ける患者でクモ膜下モルヒネよりも優れた鎮痛を提供するかどうかを調査することであった。 ・三次紹介センター単施設での無作為化比較試験。片側 TKA を受ける予定の連続した ASAーPS I~III の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後疼痛に対するマルチモーダルカクテルにおけるコルチコステロイド追加の有効性

・コルチコステロイドを含むマルチモーダルカクテルの局所注入は、人工膝関節全置換術(TKA)後疼痛に一般的に使用される。しかし、コルチコステロイド追加が有益であるかどうかは決定的ではない。無作為化対照試験(RCT)のこのメタ分析は、TKA 後の疼痛緩和と膝関節機能回復に関して局所注入にコルチコステロイド追加の有効性を評価することを目的とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における異なる鎮痛治療の有効性の比較:ネットワークメタ分析

・全膝関節形成術(TKA)後の激しい痛みは、多くの患者に苦痛をもたらし、入院期間を長期化し、費用の増加を招く。本研究は、複数の公開された無作為化比較試験に基づくネットワークメタ分析を通して、TKA の術後鎮痛に及ぼすいくつかの臨床的治療の相対的有効性を評価するために考案された。 ・Embassy と PubMed を用いて、創始か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下における全膝置換後のせん妄予防における周術期スタチン使用の役割

・スタチンの使用と術後せん妄(POD)の発生率との間の関係には論争がある。著者らは、脊椎麻酔下での全膝関節形成術(TKA)後の周術期スタチン使用とせん妄の発生との関連性を検討した。 ・2005 年 1 月から 2017 年 10 月までに、脊椎麻酔下で TKA を受けた患者の電子カルテを、2005 年 1 月から 2017 年まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の全膝関節形成術で術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静

・脊椎麻酔下での全膝関節形成術を受ける患者で、著者らはデキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静の術後鎮痛効果を比較した。著者らは、デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤消費量を低下させるであろうと仮定した。 ・48 名の患者を登録し、デキスメデトミジン群(n=24)[デキスメデトミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両側全膝関節置換術後の硬膜外鎮痛にフェンタニル+ロピバカインとフェンタニル+ブピバカインを比較

・膝関節全置換術(TKR)後の疼痛は、早期リハビリテーションを妨げる。TKR 後の患者での硬膜外ブピバカインの使用は有効な鎮痛に関連するが、関連する運動遮断効果は機能回復を遅らせる。著者らは、0.1% ロピバカイン±フェンタニル 2.5μg/mL vs 0.0625% ブピバカイン+フェンタニル 2.5μg/mL を使用した術後患者管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における術後疼痛管理のための局所浸潤麻酔と硬膜外鎮痛:系統的レビューとメタ分析

・著者らは、膝関節形成術(TKA)における術後疼痛管理のための局所浸潤麻酔(LIA)と硬膜外鎮痛(EPA)の有効性および安全性を評価するための無作為化比較試験(RCT)の系統的レビューとメタ分析を行った。 ・2017 年 12 月、Pubmed、EMBASE、Web of Science、Cochrane Database of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高用量静脈内デキサメタゾン併用の全膝関節形成術後の大腿三角と閉鎖神経ブロック鎮痛は局所浸潤鎮痛より優

・高用量の静脈内デキサメタゾンは、術後のオピオイドの必要量を減らし、膝関節形成術(TKA)後のマルチモーダル鎮痛戦略に含まれることが多い。閉塞神経と大腿三角ブロック(OFB)の併用は、局所浸潤鎮痛(LIA)よりも TKA 後のオピオイド消費量と疼痛を低減する。問題は、術前の高用量静脈内デキサメタゾンが LIA と比較して OFB の優れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術における局所浸潤鎮痛後の血漿ロピバカイン濃度:固定用量投与後の安全性調査

・本研究の主な目的は、主な鎮痛法として、局所浸潤鎮痛を伴う待機的全膝関節形成術を受ける患者で、ロピバカインの薬物動態を調査することであった。著者らはまた、術後 24 時間にわたる血漿ロピバカイン濃度の測定を通じて生化学的毒性の発生率を決定しようとした。 ・これは、待機的全膝関節形成術を受ける 15 人の患者についての前向き観察研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術で大腿神経ブロックを補う坐骨神経ブロックの役割:無作為化比較試験のメタ分析

・大腿神経ブロック(FNB)は、全膝関節形成術(TKA)において、患者管理鎮痛(PCA)と比較して、術後鎮痛効果が高いようである。しかし、FNB を補完する坐骨神経ブロック(SNB)の役割は議論の余地がある。著者らは、SNB の利点を FNB を補完するものとして評価し、また TKA における単回注射の有効性と連続 SNB の有効性を比…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

脊椎麻酔中のクモ膜下モルヒネは、初回総関節形成術に際しての現代的マルチモーダル鎮痛における役割?

・ブピバカイン脊椎麻酔に併用たクモ膜下モルヒネ(ITM)は、術後疼痛を改善する可能性があるが、術後悪心/嘔吐(PONV)および掻痒症の潜在的な副作用を有する。マルチモーダル鎮痛と区域麻酔法の使用により、術後の疼痛管理は、全関節形成術(TJA)において ITM を回避できるほどまでに有意に改善されている。。 ・著者らは、標準化マルチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節形成術後の患者でクモ膜下モルヒネ投与による術後疼痛と末梢内因性カンナビノイド濃度の低下:無作為

・本研究の第一の目的は、クモ膜下モルヒネ投与が術後疼痛を軽減するか否かを調査することであった。第二の目的は、弱鎮痛性内因性カンナビノイド、アナンダミド(AEA)と 2-アラキドノイルグリセロール(2-AG)、関連脂質パルミトイルエタノールアミド(PEA)とオレオイルエタノールアミド(OEA)の血中濃度に及ぼすクモ膜下モルヒネの効果を調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術後の可動域制限に対する麻酔下での用手操作の有効性:系統的レビュー

・初回膝関節形成術後の膝関節可動制限は、持続的な疼痛と機能喪失に続く不満足な患者転帰につながり得る。麻酔下での用手操作(MUA)は、依然として術後可動制限治療のための実行可能な選択肢である。しかし、麻酔下用手操作の最適なタイミングと臨床的有効性は未だ不明である。 ・術後の可動域制限治療に MUA を受けた患者の臨床転帰を報告した研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回全膝関節形成術後の術後鎮痛に対するアセトアミノフェン静注の有効性

・静脈内アセトアミノフェンの使用は、疼痛管理に対するマルチモーダルアプローチの 1 つの構成要素として注目を集めている。しかしながら、全関節形成術における疼痛管理に際しての静脈内アセトアミノフェンの有効性を調査する文献は不足している。本研究の目的は、初回全膝関節形成術後の静脈内アセトアミノフェンの有効性を評価することであった。 方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア人集団で両側同時全膝関節形成術の後、トラネキサム酸は血栓塞栓症のリスクを増加させるか?

・研究の目的は、予防的抗血栓薬投与を行わずに、初回両側全膝関節形成術(TKA)を受ける患者で、トラネキサム酸が出血量と輸血率と輸血量を減少させるか、深部静脈血栓症(DVT)の有病率を増加させるどうかを確認し、DVT に関連する因子を調査することであった。 ・トラネキサム酸を投与されなかった対照群には患者 874 人( 1748 個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more