テーマ:TKA

人工膝関節全置換術を受ける患者の深部静脈血栓症および周術期認知機能に対する全身麻酔および硬膜外麻酔の効果について

・研究の目的は、全身麻酔と硬膜外麻酔が、人工膝関節全置換術を受ける患者の深部静脈血栓症(DVT)および周術期の認知機能に及ぼす影響を検討することであった。 ・2018 年 3 月から 2021 年 3 月までに福建医科大学常州付属病院で人工膝関節全置換術を受けた整形手術患者 110 名を対象に後ろ向き分析を実施した。異なる麻酔方式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節形成術後の周術期成績と医療資源利用における脊柱管麻酔と全身麻酔の比較:大規模全国データベースからの経験

・人工膝関節置換術(KA)の最適な麻酔法について注目されている。著者らは、人工膝関節置換術後の周術期成績と医療資源利用の観点から、脊柱管麻酔(NA)が全身麻酔(GA)よりも優れているかどうかを調査しようとした。 ・2013〜2019 年に中国の Hospital Quality Monitoring System(HQMS)に登録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回人工膝関節全置換術におけるタニケットの使用は術後 90日以内の静脈血栓塞栓症のリスクを増加させない:デンマーク…

・既存のエビデンスでは、人工膝関節全置換術(TKA)中にタニケットを使用した場合、静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクは 2 倍になると推定されている。しかし、この推定は、VTE を副次評価項目として分析した患者数の少ない複数の試験に依存している。著者らは、タニケットの使用は現代の初回 TKA から 90 日以内の症候性 VTE リスクを増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片側人工膝関節全置換術と両側同時人工膝関節全置換術の実施頻度と罹患率の比較

・人工膝関節全置換術(TKR)は、変形性関節症が進行した患者さんに対して行われることが多く、一般的になってきた手術方法である。両側 TKR は同時に行うことができ、複数回の手術にかかる時間、麻酔、費用を節約できる。本研究の目的は、片側および両側同時人工膝関節全置換術の頻度を把握した上で、両者の治療成績を比較することである。 ・95…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回片側人工膝関節全置換術患者における麻酔の種類と入院期間の関連性:単施設での後ろ向き研究

・本研究では、初回片側人工膝関節全置換術(TKA)を受けた患者において、入院期間(LOS)に影響を及ぼす危険因子を探索し、麻酔の種類が LOS と独立して関連するかどうかを確定することを目的とした。 ・今回の後ろ向きコホート研究では、シンガポールの三次学術医療センターにおいて、2013 年 1 月から 2014 年 6 月までに片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節再置換術後の 30 日死亡率の把握

・人工膝関節再置換術(TKA)において、周術期の死亡リスクに関する情報は、慎重な意思決定に不可欠である。本研究では、TKA 再置換術後の (1)全体の 30 日死亡率、および (2)年齢、合併症、敗血症性障害と無菌性障害で層別化した 30 日死亡率を解明することを目的とした。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムで、2011 年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片側膝関節全置換術(TKA)を受けた患者における 2 種類の麻酔と入院期間:シンガポールにおける単施設後ろ向きコホ…

・麻酔の種類と在院日数の関係に関するエビデンスは議論の余地がある。そこで、本研究の目的は、片側膝関節全置換術(TKA)を受けた患者において、他の共変量を調整した後に、麻酔の種類が入院期間に独立して関係しているかどうかを調査することである。 ・本研究はコホート研究である。2013 年 1 月 1 日から 2014 年 6 月 30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗精神病薬の使用は、初回人工膝関節全置換術後の長期入院、静脈血栓塞栓症の発生率および治療費の増加と関連する

・抗精神病薬の使用が静脈血栓塞栓症(VTE)を引き起こす可能性を示す研究があるが、この関連性は初回人工膝関節全置換術(TKA)を受けた患者では示されていない。そこで、本研究の目的は、初回人工膝関節置換術(TKA)を受ける際に抗精神病薬を服用している患者が、在院期間(LOS)、VTE の割合、医療費が高いかどうかを調査することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片側人工膝関節全置換術における関節周囲注射に併用したクモ膜下モルヒネ 0.2mg、0.1mg、無添加を比較した無作…

・人工膝関節全置換術(TKA)時の脊柱管麻酔に術後鎮痛を目的としてクモ膜下モルヒネ(ITM)を追加すると、オピオイド関連の副作用が誘発されることがある。マルチモーダル鎮痛法を含む他の疼痛緩和および副作用軽減法は困難だがやりがいがある。本研究では、関節周囲注射(PI)を用いた初回片側 TKA に対する様々な ITM の投与量の有効性を明ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節全置換後の急性期入院期間の短縮:質改善に関する研究

・膝関節形成術(TKA)に対する包括支払いの導入により、病院はコストを最小限に抑えながらケアの質を向上させようとする動機付けがなされてきた。著者らの質向上プロジェクトの目的は、急性期入院期間を 2 日未満に短縮し、術後回復強化バンドルを使用して TKA 患者の入院リハビリテーションへの転出率を低下させることである。 ・本研究ではビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻腔内デキスメデトミジンは、全身麻酔下で人工膝関節全置換術を受ける患者の術後オピオイド必要量を減少させる

・人工膝関節全置換術(TKA)は激しい痛みを引き起こし、術後鎮痛には強力なオピオイドが一般的に使用される。デキスメデトミジンは、処置時の鎮静に適応のある新しいα2-アドレナリン受容体活性化薬であるが、これまでの研究では、臨床的に関連する鎮痛および制吐効果が示されている。TKA を受ける患者の術後オピオイド必要量に及ぼす鼻腔内デキスメデト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全関節置換術患者におけるデキサメタゾン 4mg vs 8mg の投与量の比較:後ろ向き的分析

・デキサメタゾンは通常、術後悪心嘔吐(PONV)と疼痛を抑えるために術中に投与される。手術中のデキサメタゾンの理想的な投与量のエビデンスは限られている。デキサメタゾンの投与は血糖値を上昇させる可能性があり、糖尿病患者の許容可能な血糖値を維持する上で独特の課題を提起する。本研究の目的は、股関節および膝関節形成術を受ける患者の転帰について、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下の人工膝関節全置換術後のデキサメタゾン添加関節周囲麻酔薬浸潤と術後悪心嘔吐との関係:後ろ向き観察研究

・コルチコステロイドを用いた関節周囲麻酔浸潤(PAI)は、人工膝関節全置換術(TKA)後の疼痛管理の 1 手段である。全身性コルチコステロイドは、術後悪心嘔吐(PONV)の予防のための確立された制吐剤である。この後ろ向き的観察研究の目的は、TKA を受けた患者で、PAI に追加されたデキサメタゾンと PONV との関係を明らかにすること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術前に慢性疼痛を伴う人工膝関節置換術を受けた患者における術後疼痛の発生率と生活の質に関するセボフルランとプロポフ…

・頻繁に使用される全身麻酔薬としてのプロポフォールとセボフルランは、術後痛に影響を与える可能性がある。著者らの研究では、セボフルランまたはプロポフォールで麻酔をした人工膝関節置換術(TKA)を受ける慢性疼痛患者に術後疼痛の発生率に差があるかどうかを調査した。 ・患者は、TKA 中の麻酔維持のためにセボフルラン(S 群、n=50)ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の回復のための持続大腿神経ブロックに際してのロピバカイン注入レジメンの有効性の比較:無作為化二…

・人工膝関節全置換術(TKA)後の鎮痛には、持続大腿神経ブロック(cFNB)が効果的である。ただし、cFNB のロピバカイン注入のどの低用量レジメンが適切な鎮痛を提供し、迅速な回復を可能にするかは明らかではない。本研究の目的は、TKA 後の患者のリハビリテーションに及ぼすさまざまな cFNB レジメンの効果を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回膝関節全置換術後の臨床転帰に及ぼす肥満の影響:前向きコホート研究

・本研究の目的は、回復強化プログラムを用いて、患者の機能、疼痛、初回人工膝関節全置換術(TKA)後の合併症に及ぼす肥満の影響を評価することであった。 ・合計 157 人の患者が前向き研究に登録され、肥満指数(BMI)に基づいて 3 群のいずれかに割り当てられた:正常(BMI 18.0-24.9kg/m2)、過体重(BMI 25.0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の即時術後鎮痛に対するブプレノルフィン経皮パッチの有効性と安全性

・人工膝関節置換術(TKA)は中等度から重度の術後疼痛に関連している。良好な周術期鎮痛は、良好で予測可能な手術転帰にとって不可欠である。効果的な術後疼痛管理は、治療する外科医と彼のチームにとって大きな課題である。高齢と複数の併存症により、提供できる鎮痛剤の選択が制限される。慢性疼痛管理で広く使用されている経皮ブプレノルフィン(TDB)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔の種類と初回片側膝関節全置換術における輸血のリスクとの関連:シンガポールでのコホート研究に基づく二次分析

・本研究では、人工膝関節置換術(TKA)を受ける患者で、他の共変量を調整後、輸血イベントのリスクに麻酔の種類が独立して関連しているかどうかを評価した。 ・これは、シンガポールで初回片側 TKA を受けた患者の後ろ向きコホート研究の二次分析であった。独立変数は麻酔の種類であり、従属変数は輸血イベントであった。麻酔または輸血イベントの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満は、同時両側全膝関節形成術中の出血量または術直後合併症の発生率を増加させない:多施設共同研究

・本研究の目的は、同時両側膝関節全置換術(SBTKA)を受ける正常、過体重、I-II 肥満患者の出血量、輸血リスク、術直後合併症の発生率を判定することであった。 ・1070 件の SBTKA 手術を特定し、正常(BMI:18.0-24.9kg/m2)、過体重(BMI:25.0-29.9kg/m2)、肥満群(BMI:?30.0kg/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術のための持続神経ブロック vs 単回神経ブロック:無作為化対照試験からのメタ分析

・このメタ分析の目的は、膝関節全置換術(TKA)後、持続神経ブロック(CNB)が単回神経ブロック(SSNB)よりも優れた疼痛緩和と機能回復をもたらすかどうかを判断することである。 ・Embase、PubMed、Cochrane Library データベースが包括的に検索された。今回のメタ分析には、TKA 後の患者で CNB を S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の人工膝関節全置換術における急性術後痛に及ぼすデキスメデトミジン vs プロポフォール術中鎮静の比較:無…

・脊椎麻酔下に人工膝関節全置換術を受ける患者で、デキスメデトミジン vs プロポフォールによる術中鎮静が術後鎮痛に及ぼす効果をで比較した。デキスメデトミジンによる鎮静は、プロポフォールよりも術後のオピオイド鎮痛剤の消費量が少なくなるという仮説を立てた。 ・48 人の患者が登録され、デキスメデトミジン群(n=24)か、またはプロポフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回膝関節全置換術後の 24 時間を超える入院の危険因子

・最近、メディケアサービスセンターは、入院患者専用手術リストから人工膝関節全置換術(TKA)を削除した。本研究の目的は、TKA 後 24 時間以内に自宅へ安全に退院することを予測する上での、人口統計学、内科的併存疾患、術後合併症の役割を評価することである。 ・2011 年から 2016 年までに初回 TKA を受けた患者は、米国外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節置換術における周術期合併症率

・患者の平均余命と体重が増加するにつれて、より高齢の肥満患者が人工膝関節全置換術(TKA)を受けている。TKA はいくつかの周術期合併症を引き起こす可能性がある。これらには、麻酔関連のリスク、併存する医学的問題の悪化、外科的処置の合併症が含まれる。著者らの患者集団で TKA 後の医学的合併症を報告した研究はない。本研究の目的は、TKA …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における認知機能障害、ストレスバイオマーカー、麻酔種別との関連:前向き無作為化試験

・術後認知機能障害(POCD)は、膝関節全置換術(TKA)に伴う重症合併症であり、入院期間を長引かせ、機能障害、合併症を引き起こすことが示されている。著者らは、TKA を受ける患者で、POCD が全身麻酔または区域麻酔の使用に関連するかどうかを判断することを目的とした。著者らの仮説は、鎮静剤を使用しない区域鎮痛法を受けた群の方が POC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工関節形成術における麻酔担当医の経験症例数と周術期転帰

・手術者の経験症例数の増加は改善された転帰に関連付けられているが、症例数の多い施設内での経験症例数と転帰の関係と麻酔科医の役割についての研究は限られている。さらに、麻酔診療チームの構成の効果は未だに十分には研究されていない。この分析の目的は、人工関節形成術後の有害事象に及ぼす麻酔科医と外科医の経験症例数の影響を確認することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケタミンは、人工膝関節全置換術後の痛みとオピオイド消費量を軽減する:無作為化比較試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・2019 年 2 月まで、PubMed、Embase、Ovid、Cochrane Library、Web of Science、CNKI、Wanfang Data、VIP を含む電子データベースで、膝関節全置換術患者のケタミンに関する全記事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術におけるトラネキサム酸とデキサメタゾンの周術期併用投与の利害?

・本研究の目的は、人工膝関節置換術(TKA)におけるトラネキサム酸(TXA)とデキサメタゾン(Dexa)の併用投与の有益性と有害性を調査することであった。 ・変形性膝関節症のために TKA を受ける合計 88 人の連続患者を 2 群に層別化した。全手術は全身麻酔下で行われた。簡単に説明すると、TXA+Dexa 群(n=45)の患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外モルヒネは膝関節全置換術後の患者の術後鎮痛を改善する:

・人工膝関節全置換術(TKA)後の患者はしばしば中等度から重度の疼痛をきたす。本研究では、TKA 術後患者で低用量硬膜外モルヒネと、同量生食注射の鎮痛効果を比較した。 ・本無作為化二重盲式プラセボ対照試験は、2017 年 7 月 1 日から 2018 年 5 月 30 日まで北京の三次病院で実施された。脊椎硬膜外併用麻酔下に TK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の急性腎障害の発生に及ぼす麻酔法の影響

・最近の研究で、整形手術患者においては全身麻酔よりも脊椎麻酔の利点が報告されている。ただし、人工膝関節全置換術(TKA)後の急性腎障害(AKI)と麻酔法の関係についてはほとんど知られていない。本研究は TKA 患者の AKI に及ぼす麻酔法の影響を確認することを目的とした。麻酔法の選択が他の臨床転帰に影響を与えるかどうかも評価した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔による人工膝関節全置換術後の軽度認知障害と安静時機能的結合性の低下

・研究によると、高齢者は人工膝関節全置換術後に 3 つの主要な安静時ネットワーク(デフォルトモードネットワーク、中央実行ネットワーク、および顕著性ネットワーク)が低下する可能性がある。研究の目的は、第一に、大規模な高齢成人手術サンプルにおけるノード接続性の変化の観点から安静時ネットワーク接続性の低下を評価すること。第二に、軽度認知障害(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more