テーマ:人工鼻

全身麻酔を受ける成人の吸入ガス湿度に及ぼす人工鼻の有無に応じた異なる新鮮ガス流の効果:無作為化比較試

・気道の脱水を避けるには、吸入ガスの絶対湿度は、全身麻酔の短時間使用で 20 mgH2O/l、集中治療で長時間使用する場合は30 mgH2O/l である。目的は、全身麻酔を受ける成人で、人工鼻がある場合とない場合で、再循環回路システム経由の異なる新鮮ガス流量(FGF)が吸入ガス絶対湿度に及ぼす効果を比較することである。 ・無作為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more