テーマ:トラキライト

気管挿管のために気管チューブ以上大きなものは何も入れない!!

 タイトルのような発想で気管挿管ができる挿管器具をあなたはいくつ知っていますか?  私が知っている方法は、「トラキライト」と「スタイレット・スコープ」、そして「補助器具を使用しないファイバー挿管」の3つである。最終的に必要なもの、つまり「気管チューブ」以上に大きなものを挿入しようとすると、その大きさ故に口腔粘膜に損傷を与える危険性…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

トラキライト挿管 自分なりのコツ

(1)準備段階でのチェック事項 ・ワンド内のワイヤーのすべり具合が良いこと→悪ければワイヤーにキシロカインスプレーしておく ・ワイヤー上端屈曲部がプラスチックの凹部にきちっとはまりこんでいること ・軽い力でワイヤーの引き抜きができること ・チューブ先端のベーベルが正確に患者左側を向くように、チューブがセットされていること ・点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラキライト挿管が楽しい!

 喉頭鏡で挿管していた頃に比べて、「挿管が楽しみ!」と思うのは僕だけだろうか? 喉頭鏡を使った挿管では、いつも喉頭展開するまで「見えるかな・・・どうかな・・・?」という一抹の不安さえあったように思うのだが、今は「トラキがだめなら喉頭鏡があるさ。」という心の余裕があるような気がする。それから、喉頭鏡で挿管する場合、喉頭展開の難しい症例では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラキライトの長所・短所 ~個人的見解~

● 喉頭鏡に比べて・・・  喉頭鏡を使って気管挿管を行う場合には、「喉頭鏡」という金属製の、ある程度の大きさのもの(決して小さくはない!)を、口腔~咽頭という狭い場所に入れて喉頭展開し、さらに気管チューブと、声門が見えるための視野を確保しなくてはならない。そのためには、Sniffing Position という通常はしない変な格好をさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more