テーマ:肩手術

鎖骨上ブロックは、肩の手術後の急性疼痛管理に際して斜角筋間ブロックと同じくらい適しているか?系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間ブロック(ISB)は、肩の手術に最適な急性疼痛管理手法であるが、その不都合な呼吸器副作用により、代替法の探索が促されている。鎖骨上ブロック(SCB)が ISB の代替法として提案されているが、鎮痛効果と呼吸器副作用回避効果の比較のエビデンスは一貫性がない。肩の手術で SCB と ISB の鎮痛効果と呼吸効果を比較した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術のためのリポソームブピバカインを用いた腕神経叢ブロックは鎮痛を改善しオピオイド消費を減らす:多

・単回注入と持続性末梢神経ブロックの有用性は、それぞれ鎮痛作用持続時間が短いこととカテーテル関連合併症によって制限される。この二重盲式多施設共同試験では、肩関節手術に際して標準化疼痛管理プロトコルにリポソームブピバカイン(LB)を加えた、単回注射、超音波ガイド下腕神経叢ブロック(BPB)の有効性、安全性、薬物動態を評価した。 ・人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術後の術後疼痛予防のための斜角筋間 vs 鎖骨上神経叢ブロック:系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間腕神経叢ブロックは、肩手術後疼痛を軽減するための最も一般的な区域麻酔法であるが、同片側横隔膜麻痺、ホルネル症候群、嗄声などの合併症が発生する。鎖骨上アプローチの方が有害作用が少なく、効果的な代替法である可能性がある。本研究の目的は、斜角筋間と鎖骨上腕神経叢ブロックとの間で術後疼痛スコアとモルヒネ等価物に差があるかどうかを調査す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術のための肩甲上と斜角筋間ブロック:系統的レビューとメタ分析

・斜角筋間ブロックは、肩関節手術の鎮痛に最適であるが、関連するリスクに対する懸念が、代替法の探索を促している。最近、肩甲上ブロックは、斜角筋間ブロックの代替として提案されたが、その比較鎮痛効果のエビデンスは矛盾している。本メタ分析は、肩手術に際しての肩甲上神経ブロック vs 斜角筋間ブロックの鎮痛効果と安全性を比較する。 ・肩手術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩手術後鎮痛のための超音波ガイド下斜角筋間ブロックと鎖骨上ブロックの比較

・斜角筋間ブロックとは対照的に、肩関節手術に際しての鎖骨上ブロックの鎮痛有効性に関する情報はほとんどなかった。本研究は、肩手術に際しての斜角筋間と鎖骨上ブロックの鎮痛効力と副作用を比較することを目的とした。 ・肩手術を予定された患者は、0.375% ロピバカイン 20ml を用いて、超音波ガイド下に斜角筋間(n=25)か、または鎖…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more