テーマ:高濃度酸素

個別化周術期肺解放換気戦略中の酸素が術後感染に及ぼす影響:無作為化比較試験

・著者らは、術中および術後の個別化肺開放換気アプローチの場合に、高い吸入酸素濃度(FIO2)を使用すると、腹部手術を予定された患者の手術部位感染(SSI)を減らす可能性があるかどうかを調査することを目的とした。 ・2017 年 6 月 6 日から 2018 年 7 月 19 日まで、21 の大学病院のネットワークで多施設無作為化対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中の高濃度酸素吸入は術後呼吸器合併症のリスクを増加させない:交互介入臨床試験

・WHO は、高濃度酸素吸入(高酸素症)の術中と術後早期使用を推奨している。しかし、術中の吸入酸素濃度(FiO2)が高いと、術後の呼吸器合併症のリスクが高まる可能性がある。研究の目的は、30% の吸入酸素濃度と比較して 80% の術中 FiO2 は術後の吸入酸素濃度に対する動脈血酸素飽和度の比率(SpO2/FiO2)を減少させるという仮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more