テーマ:輸血

血液製剤の輸血と心臓手術後の急性腎障害との関連性

・急性腎障害(AKI)は、死亡率の増加に関連する心臓手術後の重症の合併症である。赤血球輸血は、AKI を発症するリスクを高める。ただし、他の血液製剤が AKI に与える影響は、ほとんど調査されていない。本研究の目的は、赤血球、新鮮凍結血漿および血小板の輸血が術後 AKI と関連しているかどうかを調査することであった。 ・2012 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の年齢層における輸血と肺手術:単施設の後ろ向き研究

・輸血には害がないわけではなく、最近の研究は、輸血と重症患者の転帰不良との関連を示唆している。輸血は酸素運搬能を向上させるという確固たる信念に基づいて多くの理由で処方されているが、それは顕著な有害な危険をもたらしうる。重要なことに、肺手術は中程度から高リスクの手術として数えられ、出血の重大なリスクを負いうる。本研究は、小児胸部手術後の、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同種輸血と外科的肝癌切除後再発との関連

・同種輸血が肝細胞癌切除後の生存または癌再発に影響するかどうかについては、矛盾するエビデンスがある。 ・著者らは、中央値(IQR[範囲])45(21-78[0-162])ヵ月間にわたって、肝細胞切除を受けた 1469 人の患者を追跡し、そのうち 626 人(43%)が手術後 7 日以内に輸血を受けた。無病生存と患者生存の両方を、比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期輸血は、股関節骨折手術を受ける高齢患者の全生存率とは関連していない

・周術期輸血が長期的転帰と関連しているかどうかについては議論の余地がある。本研究は、股関節骨折患者の全生存に及ぼす輸血の効果を評価することを目的とした。 ・この後ろ向き調査は医療センター単施設で実施され、2013 年から 2015 年までに股関節骨折手術を受けた年齢 70 歳以上の患者を登録した。さらに、輸血を受けた患者は、患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中の輸血血漿量の増加は、周術期転帰不良と関連している

・術中の血漿輸血は一般的であるが、周術期の凝固能検査や臨床転帰への影響についてはほとんど知られていない。 ・これは、2011 年から 2015 年までに単施設で術中血漿輸血を受けた成人の後ろ向きコホート研究である。血漿輸血量と主要評価項目として術後早期の赤血球(RBC)輸血を含めて、凝固能検査値の変化、臨床転帰との関連性を多変量回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異なる術前ヘモグロビン値の胃癌患者の術後合併症と予後に及ぼす周術期輸血の影響

・周術期輸血が胃癌患者の予後に及ぼす影響は、依然として議論の余地がある。本研究の目的は、術前ヘモグロビン値(POHb)の異なる胃癌患者の術後合併症と胃切除術後予後に及ぼす周術期輸血の影響を明らかにすることであった。 ・ 2003 年から 2011 年までに根治的切除術を受けた 1199 例の患者を後ろ向き的に登録し、2014 年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周術期の輸血が胃癌患者の予後に及ぼす影響:単施設データベースの後ろ向き分析

・周術期輸血と胃癌患者の予後との関連は依然として不明である。 ・2000 年から 2008 年までに根治的切除術を受けた胃癌患者 1581 例を評価した。周術期輸血は、手術前、手術中、手術後の入院期間内の赤血球製剤輸血として定義された。周術期の輸血と予後との関連を、単変量および多変量 Cox 回帰分析を用いて評価した。 ・1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新鮮凍結血漿と赤血球製剤輸血比と心血管手術における死亡率との関係

・本研究の目的は、心血管手術を受ける患者における FFP(新鮮凍結血漿)/ pRBC(赤血球製剤)輸血比と転帰との関係を調査することであった。 ・これは、心臓血管センターで行われた単施設での後ろ向きコホート研究である。2012 年 1 月から 2016 年 10 月までに心血管手術を受けた患者(大量輸血の有無にかかわらず)(n=1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内科的併存症と周術期同種赤血球輸血は肩関節形成術後の手術部位感染の危険因子である

・複数の周術後因子が、肩関節形成術後の感染リスクに関与している。本研究の目的は、肩関節の、初回のあるいは再形成術後、内科的併存症や輸血による手術部位感染(SSI)リスクを調査することであった。 ・単施設でで片側または全肩関節形成術を受けた 707 例の患者に対して、内科的併存症、手術適応、周術期輸血、SSI の包括的データを収集し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス術後の転帰に及ぼす少量輸血の影響

<ハイライト> ・1-2 単位の赤血球製剤は、冠動脈手術後の早期死亡のリスクには影響しなかった。 ・輸血は、他の重大な有害事象のリスク増加と関連していた。 ・危機的血行動態状態の患者を除外しても結果は持続した。 <要旨> ・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)後の転帰に及ぼす 1-2 単位の赤血球(RBC)輸血を必要とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎後方固定術で血栓性および感染性合併症は輸血と関連している

・これまでの研究者らは、輸血と有害転帰との関連性を確立してきたが、様々な合併症の相対的発生頻度や輸血用量との関連は十分に理解されていない。本研究の目的は、輸血と脊椎後方固定術後の様々な種類の合併症率との関係を特徴づけることである。 ・著者らは、単施設で後脊椎固定術を受けた 963 例の患者の電子カルテを後ろ向き的に分析した。そのう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内動脈瘤手術における輸血に関連した要因

<ハイライト> ・頭蓋内動脈瘤手術の際の赤血球輸血の頻度と基準は明確ではない。 ・患者コホートにおける頭蓋内動脈瘤手術における術中赤血球輸血の発生率は 9.5% であった。 ・輸血に関連する最も重要な要因は、ヘモグロビン値が 11.7g/dL 未満であり、年齢>52 歳であった。 ・これらの患者は、頭蓋内動脈瘤手術の術前に、ルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more