テーマ:無気肺

腹部外科手術を受ける患者の周術期における高濃度酸素吸入が無気肺を誘発する:無作為化比較試験

・著者らは、従来の酸素療法と比較して、低い吸入酸素濃度(FIO2)の使用可能性および術後無気肺や合併症に及ぼす効果を評価した。 ・大学病院単施設の手術室および術後回復室での無作為化臨床試験で、全身麻酔下に腹部手術を受ける年齢 50 歳以上で、ASA-PS I-II Iの患者 190 名を対象として、低 FIO2群(術中:FIO2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔小児における持続的気道陽圧法による無気肺の予防:無作為化比較試験

・持続的気道陽圧法(CPAP)は、成人の周術期無気肺を予防するが、小児におけるその効果は定量化されていない。本研究の目的は、全身麻酔下の小児の導入後および術後の無気肺の予防における CPAP の役割を評価することであった。 ・アルゼンチンのマルデルプラタになる地域病院での単施設の無作為化比較試験で、標準化全身麻酔下で、年齢 6 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波検査で評価された婦人科手術中の無気肺に及ぼす呼気終末陽圧/リクルートメント手技と、呼気終末圧ゼロの効果との比…

・全身麻酔中に、ほとんどの患者は無気肺を発症し、これは術後の肺合併症を促進する。周術期の肺保護を調査した RCT は、術後の肺合併症を一貫して減らすことができなかった。超音波画像診断は、さまざまな保護換気戦略の効果を確認するのに役立つ可能性があるが、これは試験で検証されていない。本研究の目的は、超音波検査を使用して、肺保護換気対策が周術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工呼吸器を装着した小児の無気肺の発症に及ぼすいろいろな吸入酸素濃度の影響:無作為化比較試験

・吸入酸素濃度(FI O2)が高いと、直接的な肺毒性と肺合併症を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、肺超音波を使用して人工呼吸器を装着した小児で、術中無気肺の発生に及ぼす異なる FI O2 の効果を評価することであった。 ・本無作為化対照、患者と超音波検査者盲式試験で、86 人の小児(年齢 6 歳以下)が非心臓手術を受け、低(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more