テーマ:輪状軟骨

産科患者の輪状軟骨の同定のための体表ランドマーク触診の有効性:前向き観察研究

・輪状軟骨圧迫を併用した迅速導入は、誤嚥を防ぐために妊娠患者の全身麻酔を導入する際に受け入れられている処置である。専門的介護者による輪状軟骨の位置を特定する精度を評価した先行研究は見つからなかったため、妊婦の輪状軟骨を正しく同定するため、分娩室で、麻酔科上級医師、麻酔レジデント、呼吸療法士(RT)、看護師など、さまざまな介護者の能力を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波走査を用いた輪状軟骨局在化のための従来のランドマーク法の精度に関する多施設前向きコホート研究

・誤嚥の危険性を減少させるために、迅速導入の際に輪状軟骨圧迫を用いる。輪状軟骨圧迫の正確な適用は、頚部解剖学的知識と表面のランドマークの正確な同定に依存する。迅速導入中に輪状軟骨の局在化が不正確であると、不完全な食道閉塞のリスクをもたらし、胃内容物の誤嚥の可能性を伴う。それはまた、麻酔科医の喉頭視野を損なう可能性がある。したがって、輪状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more