テーマ:気管切開

小児の人工呼吸器関連肺炎率に及ぼす気管切開の効果

・小児の気管切開と人工呼吸器関連肺炎(VAP)の関係に関するデータは非常に限られている。気管切開が小児の VAP 率に及ぼす影響を評価することを計画した。 ・著者らは、彼らの病院の小児集中治療室(PICU)で経過追跡中に気管切開を受けた患者を評価した。少なくとも 1 回 VAP と診断され、気管切開の前後に少なくとも 30 日間人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者における気管切開のタイミング:系統的レビューとメタ分析

・気管切開は、重症患者で非常によく見られる臨床処置である。複雑な状態の小児患者における気管切開の適応は近年劇的に増加しているが、現在、長期人工呼吸を受ける小児患者の気管切開の最適なタイミングに関するガイドラインはない。 ・著者らは、PubMed、Embase データベース、Cochrane Library を介して MEDLINE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性呼吸不全に対する気管切開後の 1 年間の転帰

・気管切開の利用は最近劇的に増加した。予想される転帰と実際の転帰との間に大きなギャップが存在し、重大な意思決定の対立と後悔をもたらしている。著者らは、意思決定と医療資源の割り当てに役立つように、気管切開後の 1 年間の患者転帰と医療利用を調査した。 ・カリフォルニアの全病院で 2012 年から 2013 年までに退院し、2014 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管切開術と気管挿管後の医原性声門下気管狭窄:ケロイド表現型における重症度のコホート観察研究

・気管切開術と気管挿管は声門下気管狭窄を招くことがあり、ケロイド瘢痕形成の素因は気管損傷後の狭窄リスクを増大させることがある。本研究は、医原性気管損傷、特に気管切開術後のケロイド患者と非ケロイド患者における声門下気管狭窄の発生率と重症度を比較することを目的としている。 ・2012 年から 2017 年までに、218 573 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭頸部手術を受けた患者における術後合併症の発生率に及ぼす早期待機的気管切開術の影響

・頭頸部手術後の術後合併症の発生率は高い。本研究は術後肺炎とせん妄の発生率に及ぼす早期待機的気管切開術の影響を評価した。 ・2 年以内に著者ら施設で口腔咽頭腫瘍切除と顕微鏡手術による組織移植を受けた全患者のデータを検討した。ピアソンのχ二乗検定およびフィッシャーの正確 t 検定を用いて、術後合併症の発生率に及ぼす患者の既存状態と危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術患者における早期 vs 後期気管切開術:12 年間の単施設経験

・研究の目的は、早期気管切開術が、後期気管切開術と比較して、心臓手術後の人工呼吸依存患者のより良好な転帰と関連するかどうかを評価することであった。 ・3 次医療センターの心臓外科集中治療室(ICU)での後ろ向き観察研究で、2004 年から 2015 年に心臓術後に気管切開術を受けた全患者を、気管切開の時期に従って、以下の 2 群に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性重症神経疾患小児における挿管失敗と気管切開

・小児重症神経疾患(NCC)患者における抜管失敗(EF)または気管切開の危険因子を明らかにしたデータが不足している。 ・小児急性重症神経疾患で 24 時間以上挿管され、抜管が試みられた小児集中治療室に入室した小児の後ろ向き診療録レビューである。二変量および多変量統計分析を行って、人口統計学的、神経学的、呼吸、臨床的変数と、EF、気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重度外傷性脳損傷にとって早期気管切開のほうが良いのか?メタ分析

<ハイライト> ●早期気管切開(10 日未満)は、重症外傷性脳損傷(TBI)患者における ICU および入院期間、人工呼吸持続時間、肺炎の発生率を低下させる可能性がある ●早期気管切開は、後期気管切開または挿管延長と比較して、重症 TBI 罹患者の死亡率には影響を及ぼしえない。 ●重症 TBI 患者には早期気管切開術を施行すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中治療領域での早期 vs 後期気管切開術:ICU と病院費用への影響

<ハイライト> ・早期気管切開術は、ICU と病院の費用を削減する。 ・早期気管切開術は、ICU の在室期間を短縮する。 ・感度分析後も見解は一致している。 <要旨> ・毎年米国で人工呼吸を受ける 80 万人の患者のうち、最大 12% が気管切開を必要としている。最近の系統的レビューでは、早期気管切開術は、人工呼吸器を装着しな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

後天性脳損傷患者の気管切開のための臨床的基準

・後天性脳傷害(ABI)のある患者は、気道保護と長期人工呼吸のために、しばしば長期にわたって気管切開チューブ必要とする。迅速かつ安全なカニューレ抜去が転帰を改善し、回復プロセスを促進することが認識されてきた。それにもかかわらず、気管切開術を受けた ABI 患者の合併症率が高いにもかかわらず、カニューレ抜去基準のエビデンスを提供する研究は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児集中治療室における早期気管切開と後期気管切開:問題なのか? 6 年間の経験

・本研究の目的は、気管切開のタイミングと PICU 在室期間および人工呼吸器関連肺炎(VAP)の発生との関係を明らかにするために、小児集中治療室(PICU)在室中に気管切開を受けた小児の臨床データを調査することである。 ・これは、PICU 在室期間中に気管切開を受けた全患者を 6 年間にわたって収集する後ろ向きコホート研究である。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

重症脳梗塞患者の気管切開術後のカニューレ抜去と機能的転帰:前向き観察研究

・気管切開術は、重症嚥下障害の持続、意識レベルの低下、長期にわたる人工呼吸にを受けている卒中患者で行われる。研究目的は、気管切開を受けた脳梗塞患者におけるカニューレ抜去成功と長期的な機能的転帰の発生頻度と予測因子を調査することであった。 ・単施設での前向き観察研究は、虚血性脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血のある人工呼吸患者を募集した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術を受けた頭頸部癌患者の術後気道管理に際して気管切開術と比較した一晩挿管の安全性と有効性

・頭頚部癌は、インド人口の 25% を占めている。気管切開術は、頭頸部癌根治的切除術を受ける患者に安全な気道を提供するために伝統的に使用されてきた。しかし、最近の研究では気管挿管が同等に安全であることを強調し、これらの慣行に疑問を呈している。著者らは、術後気道管理に際して気管切開術(TT 群)と比較して、夜間挿管・翌朝抜管(ETT 群)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症患者の気管切開; 死腔の神話

Tracheostomy in the critically ill: the myth of dead space Anaesthesia and Intensive Care Journal lume 41, Issue 2 ・気管切開の利点と長所は、活発に討議されてきた。認識される臨床状態の改善が呼吸力学の根本的変化に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more