テーマ:区域麻酔

麻酔法は、股関節骨折のある高齢患者の手術から 90 日以内の死亡率や合併症の高いリスクと関連しているか?

・高齢者の股関節骨折手術後の術後死亡率と合併症は、これらの患者の周術期ケアを改善する努力にもかかわらず高いままである。特に関心のある要素の 1 つは麻酔法であるが、これに関するこれまでの研究は、被検者の選択、競合するリスク、経過追跡が不完全なことによって制限されている。研究目的は、(1)股関節骨折手術を受ける高齢患者で、受けた麻酔の種類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ補助胸腔鏡下肺葉切除術における区域鎮痛と全身鎮痛の比較:後ろ向き分析

・解剖学的肺切除のためのビデオ補助胸部手術(VATS)の最適な周術期鎮痛戦略は依然として未解決の問題のままである。胸部傍脊椎または硬膜外鎮痛としての区域鎮痛の概念は、全身オピオイド投与として使用された。著者らは、区域麻酔は、VATS 肺葉切除において非経口オピオイドによる全身鎮痛と比較して鎮痛が改善され、肺合併症の発生率の低下に関連する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

下肢切断のための区域麻酔の使用は、周術期の昇圧薬の必要性を減らす可能性がある:傾向スコアを一致させた観察研究

・下肢切断(LEA)は、術後死亡リスクが高いことに関連している。麻酔の種類が術後死亡率に及ぼす影響は、さまざまな手術で研究されている。ただし、LEA に最適な麻酔法の選択を導くためのデータは限られている。本研究の目的は、LEA を受ける糖尿病および/または末梢血管疾患患者の周術期転帰に及ぼす麻酔の種類の影響を調査することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における認知機能障害、ストレスバイオマーカー、麻酔種別との関連:前向き無作為化試験

・術後認知機能障害(POCD)は、膝関節全置換術(TKA)に伴う重症合併症であり、入院期間を長引かせ、機能障害、合併症を引き起こすことが示されている。著者らは、TKA を受ける患者で、POCD が全身麻酔または区域麻酔の使用に関連するかどうかを判断することを目的とした。著者らの仮説は、鎮静剤を使用しない区域鎮痛法を受けた群の方が POC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域または全身麻酔による手術後の認知機能:地域住民ベースの研究

<ハイライト> ・麻酔を伴う手術への曝露は、世界的な認知機能低下の加速に関連している。 ・認知機能の全体的低下は、区域麻酔と全身麻酔後とも同様である。 ・手術後、全身麻酔を伴う手術後には、記憶力の低下が促進される場合があるが、区域麻酔では記憶力低下はない。 <要旨> ・著者らの目的は、区域麻酔(RA)による手術が、以前に報告さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足と足関節部外科手術に対する局所麻酔薬単剤 vs 3 種薬剤混合区域麻酔の比較

・本研究では、足と足関節部手術を受ける患者で、ブピバカインと 3 種類の添加物(ブプレノルフィン、クロニジン、デキサメタゾン)を含むブロックと、局所麻酔薬ブピバカイン単剤を含むブロックの結果を比較した。 ・9 ヵ月間にわたり足と足関節の手術を受ける 80 人の患者を前向きに登録し、無作為に局所麻酔薬単剤(SA)か、または 3 種類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔は遠位上肢手術後の全身麻酔と比較して患者満足度の低下と関連している

・患者満足度は医療の質を評価するための確立された指標であり、満足度を評価するための患者報告型経験測定法(PREM)の使用に対する支持が高まっている。手術に際し上肢を麻酔するためには、全身と区域神経叢麻酔の両方が適切な手法である。しかし、麻酔科医の観点から見た最善のテクニックが必ずしも最高の患者満足度をもたらすわけではない。本研究の目的は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部大動脈瘤破裂の血管内修復術を受ける患者で、局所区域麻酔は全身麻酔よりも 30 日死亡率が低い

・本研究の目的は、腹部大動脈瘤破裂(rAAA)の血管内修復を受ける患者で、局所区域麻酔 vs 全身麻酔を用いた場合の術後 30 日死亡率を比較することであった。開腹アプローチとは異なり、rAAA の血管内修復は局所区域麻酔か、または全身麻酔を用いて行うことができる。著者らは、全身麻酔よりも局所区域麻酔を使用した場合の方が、rAAA の血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の高齢者で、区域麻酔と全身麻酔で、死亡率と周術期在院期間を比較

・本研究の目的は、麻酔法が 30 日または 90 日の死亡率と周術期在院期間(LOS)に関連するかどうかを調査することであった。著者らは、医療保険請求データベースを使用して後ろ向きコホートデザインを使用した。 ・2012 年 4 月から 2016 年 3 月までに、全身または区域(脊髄または硬膜外)麻酔下で股関節骨折手術を受けた高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔 vs 全身麻酔:麻酔法が腰椎脊柱手術の臨床転帰に及ぼす影響:前向き無作為化試験

・異なる麻酔法が腰椎手術後の臨床転帰に及ぼす影響を調査した臨床試験はほんのわずかしかない。本研究の目的は、腰椎手術に際して全身麻酔(GA)と区域麻酔(RA)を受けた患者の臨床転帰を評価することであった。 ・これは、単施設二群試験で、腰椎手術を受ける 100人 の患者が RA または GA(1群あたり 50 人)のいずれかを受けるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔は、肩関節形成術患者の合併症と医療資源利用を減少させる

・肩関節形成術の際の麻酔と鎮痛を最適化するために、麻酔の一環として区域麻酔を使用できるが、区域麻酔が周術期転帰と医療資源の利用に及ぼす全般的効果についてはほとんど知られていない。著者らは、区域麻酔が肩関節形成術患者の合併症率と資源利用を減少させる可能性があるすると仮説を立てた。 ・2010 年から 2015 年までの米国の病院 5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔における長期カテーテル使用と感染:後ろ向き的レジストリ分析

・カテーテル関連感染のリスクがあるため、長期のカテーテル使用は議論の余地があるが、リスクが時間の経過と共に増加する程度は不明である。そこで、著者らはカテーテル関連感染リスクの時間依存性を 15 日まで評価した。 ・著者らの分析は、ドイツの区域麻酔ネットワークに基づいており、25 施設のセンターが含まれた。著者らは、2007 年から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝下切断のための区域麻酔または脊柱管麻酔の使用は、周術期の輸血の必要性を低減する可能性がある

・下肢切除は、依然として高リスク患者集団のよくある術式である。周術期の罹患率および死亡率は、膝下切断術において 14.1% に達する。著者らは、全身麻酔(GA)と比較した場合、区域麻酔または脊柱管麻酔が周術期罹患率および死亡率の低下に関連するかどうかを調査することを目指した。 ・著者らは米国外科学会手術の質改善プログラムのデータセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔は、肩関節形成術患者の合併症と医療資源利用を減少させる

・区域麻酔は、肩関節形成術中の麻酔と鎮痛を最適化するために麻酔の一部として使用できるが、区域麻酔が周術期転帰と医療資源利用に及ぼす全体的な効果についてはほとんど知られていない。著者らは、区域麻酔が肩関節形成術患者の合併症率と医療資源利用を減少させる可能性があるという仮説を立てた。 ・2010 年から 2015 年まで、米国の病院 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎手術の区域麻酔と全身麻酔の比較:無作為化研究のメタ分析

・全身麻酔(GA)は、腰椎手術に一般に使用されている。GA と比較して、腰椎手術に際しての区域麻酔(RA)の利点は不明である。このメタ分析の目的は、麻酔の種類が腰椎手術を受ける患者術中事象、術後合併症の発生率、回復時間に及ぼす影響を調査することであった。 ・主なデータベース(PubMed、EMBASE、Cochrane ライブラリ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

区域麻酔における補助薬としての神経周囲 vs 静脈内デキサメタゾン:系統的レビューとメタ分析

・デキサメタゾンは、区域麻酔における局所麻酔薬のよく使用される補助薬であるが、最適な投与経路は議論の余地がある。そこで、著者らは、局所麻酔薬の局所的神経遮断結果に及ぼす、神経周囲 vs 静脈内デキサメタゾンの効果を評価するために、無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析を行った。 ・Medline(PubMed)、Embase、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more