テーマ:全身麻酔

脊柱管麻酔と全身麻酔:経尿道的前立腺切除術後の 30 日死亡率の比較

・本研究の目的は、経尿道的前立腺切除術(TURP)において、脊柱管麻酔(NAX)または全身麻酔(GA)を受けた患者のコホートにおいて、30 日死亡率およびその他の術式に関連する罹患率の発生を検討することである。歴史的に、TURP を受ける患者には、意識のモニタリングと希釈性低ナトリウム血症の早期診断を可能にする NAX が推奨されてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橈骨遠位端骨折の治療における区域麻酔と全身麻酔の合併症について

・橈骨遠位端骨折(DRF)の治療には、観血的整復術と内固定術(Open Reduction and Internal Fixation:ORIF)が一般的に行われている。橈骨遠位端骨折の手術では、全身麻酔(GA)が一般的であるが、最近の研究では区域麻酔(RA)の使用も有望視されている。本研究では、DRF の ORIF に RA を使用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレンデレンブルグ位での腫瘍患者の腹腔鏡下手術後の脊椎麻酔とせん妄:無作為化比較試験

・せん妄は、術後の最もよく見られる神経学的合併症であり、その発生率は様々である。腹腔鏡手術は、トレンデレンブルグ体位を伴う場合、無数の生理的変化を引き起こし、神経認知的変化のリスクを高める。全身麻酔に脊椎ブロックを併用することで、麻酔維持に使用する麻酔薬を低用量にすることができ、術後疼痛のコントロールが容易になる。本研究では、腫瘍患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足関節骨折手術における脊椎麻酔と全身麻酔の術後オピオイド消費量の差-後ろ向きコホート研究

・足関節骨折の外科的治療は大きな痛みを伴い、術後オピオイド消費量が多い。麻酔法は術後早期の痛みに影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、足関節骨折手術後の術後オピオイド消費量を、脊椎麻酔で治療を受けた患者と全身麻酔で治療を受けた患者とで比較することであった。 ・2014 年から 2016 年までに足関節部部骨折を外科的に治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上肢手術における区域麻酔と全身麻酔の患者満足度:非盲式横断的前向き臨床比較観察研究

・医療の質を評価する上で重要なのは、患者の満足度である。しかし、この点について調べた研究はわずかしかない。本研究の主な目的は、上肢手術を受ける患者で区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の患者満足度を比較することであった。また、両手技間の入院期間と鎮痛持続時間を副次的な目的とした。 ・この横断的研究は、三次医療機関の教育病院で行われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫垂切除術に対する全身麻酔と脊柱管麻酔の比較:多施設共同国際研究

・医療資源が限られている国では、開腹虫垂切除術はいまだに全身麻酔(GA)か、または脊柱管麻酔(NA)で行われている。著者らは、NA と GA を用いた虫垂切除術の術後成績を比較することを目的とした。 ・International Patterns of Opioid Prescribing(iPOP)多施設共同研究の事後解析を行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠高血圧症を有する妊産婦における挿管後の血行動態変化を予防するための薬理学的戦略。ネットワークメタ分析

・ このネットワークメタ分析(NMA)は、帝王切開を受ける高血圧症の妊婦における全身麻酔に際しての挿管による血行動態の不安定性を緩和するために用いられる薬理学的戦略の相対的な有効性と安全性を明らかにすることを目的とした。 ・妊娠高血圧症を有する妊婦における挿管時の血行動態不安定性を緩和するために用いられた薬理学的戦略の効果を比較し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道器具を使用した全身麻酔と監視下麻酔管理で実施された経大腿経カテーテル大動脈弁置換術の転帰

・研究の目的は、大動脈弁狭窄症患者の経大腿経カテーテル大動脈弁置換術(TF-TAVR)について、声門上気道器具を用いた全身麻酔と監視下麻酔管理を比較することであった。著者らは、声門上気道群は、監視下麻酔管理群と比較して、在室時間と手技時間、麻酔回復室(PACU)と在院期間、術中/術後合併症の発生率が同様であると仮定した。 ・三次医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢血管外科手術における区域麻酔 vs 全身麻酔の比較:デンマークにおける 17,359 例の手術を対象とした傾向…

・血管外科手術では心肺合併症はよく見られる。全身麻酔(GA)は灌流障害や呼吸抑制を引き起こす可能性がある。そのため、脊柱管麻酔や末梢神経ブロックを含む区域麻酔(RA)を行うことで、より良い転帰が得られる可能性がある。 ・これは全国規模の後ろ向きコホート研究である。2005 年から 2017 年までに行われた全ての観血的鼡径部および…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸症患者における股関節全摘術の術後転帰と麻酔の種類:州入院患者データベースの後ろ向き分析

・研究の目的は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)患者における股関節全置換術(THA)の術後転帰を調査すること、実践的ガイドラインの発表後の区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の使用傾向を評価すること、麻酔の種類による術後転帰を比較することであった。 ・・フロリダ、ニューヨーク、メリーランド、ケンタッキーで 2007 年から 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接前方アプローチ人工股関節全置換術における全身麻酔と脊柱管麻酔:在院期間と早期疼痛管理への影響

・最近の文献では、初回人工股関節全置換術患者の全身麻酔(GA)の代替として、脊柱管麻酔(NA)にいくつかの利点があることが示唆されている。確立された迅速回復プロトコルを備えた施設で直接前方(DA)アプローチ人工股関節全置換術(THA)を受けた患者の転帰に及ぼす NA vs GA の影響を調べた。 ・単一施設からの 500 人の連続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際しての全身麻酔率に対する COVID-19 の影響。英国北西部の 6 病院の横断的分析

・COVID-19(SARS-CoV-2)の世界的大流行の開始時に、ガイドラインは、帝王切開に際して全身麻酔よりも区域麻酔を使用することを推奨した。英国の全国統計によると、170,000 件を超える帝王切開の 8.75% が全身麻酔下で実施されたと示唆した。著者らは、帝王切開の全身麻酔率が、英国北西部の 6 つの分娩室でパンデミックの最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての全身麻酔への曝露と入院を必要とする重症産後うつ病の可能性

・これまでの研究では、局所麻酔と比較して、全身麻酔は術後うつ病性障害の確率の増加と関連していることが示唆されている。帝王切開分娩に際して、全身麻酔と比較して、脊柱管麻酔が母体のメンタルヘルスに及ぼす可能性のある保護効果を具体的に評価した研究はない。この探索的研究は、帝王切開分娩に際しての全身麻酔が、脊柱管麻酔と比較して、入院を必要とする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡検査における脊髄くも膜下麻酔と全身麻酔:前向き無作為化試験

・麻酔パラメータと患者の満足度に関して、総酸素化剤、抗酸素化剤値、および酸素化ストレス指数(OSI)の評価とともに、婦人科腹腔鏡手術における脊髄くも膜下麻酔(SA)と全身麻酔(GA)を比較する。 ・婦人科腹腔鏡検査を受ける予定の 60 人の患者が G 群(GA)と S 群(SA)に無作為化した。人口統計、有害事象、麻酔パラメーター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における全身麻酔 vs 区域麻酔への曝露と認知症のリスクとの関連

・認知能の変化は、手術後の高齢者によく見られる。全身麻酔(GA)への曝露がアルツハイマー病のリスク増加に寄与する可能性があるという懸念がある。著者らの研究では、待機的外科手術のために投与された区域麻酔(RA)と比較して GA への曝露と認知症の発症との関連を調べた。 ・地域住民ベースの傾向一致後ろ向きコホート研究で、リンクされた行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔自体よりも入院を必要とする状態は、小児の学習障害の診断に関連している

・麻酔は霊長類の発育において神経毒性がある。後ろ向き的臨床研究は、乳児期の麻酔への曝露と学習障害(LD)の発生との相関関係を示している。前向き研究では、麻酔への単回曝露が神経発達に及ぼす影響を検出できなかった。著者らは、小児のいくつかの特定の集団が麻酔関連の神経毒性に選択的に敏感であると仮定した。 ・症例コントロールデザインを使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔およびてんかん発作誘発性の無意識状態の比較

全身麻酔とある種のてんかん発作を理解するには、無意識の神経生物学の基本的な理解が必要である。この記事では、全身麻酔とてんかん発作誘発性の意識喪失時のニューロンとネットワークの変化の類似点について明らかにする。てんかん発作と麻酔薬の両方が類似の解剖学的構造に混乱を引き起こし、おそらく意識障害につながる。行動とメカニズムの差にもかかわらず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節再置換術における脊椎麻酔 vs 全身麻酔の転帰:傾向スコアを一致させたコホート分析

・脊椎麻酔は、以前に、人工膝関節全置換術において全身麻酔と比較して患者の転帰を改善することが示されている。本研究は、脊椎麻酔と全身麻酔との間で、人工股関節再置換術(THA)において、術中と術後の転帰の潜在的な違いを評価することを目的とした。 ・リビジョン THA を受けた合計 2,656 人の連続患者が評価された。傾向スコア調整多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下の手術と認知症の発症との関係:系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、これまでに発表された疫学研究からのエビデンスを確認および統合することにより、全身麻酔への曝露とアルツハイマー病(AD)および認知症の発症との関連を調査することである。 ・MEDLINE、EMBASE、Google Scholar を検索して、2018 年 4 月までに全身麻酔への暴露後に AD/認知症のリスクを報告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単コンパートメント人工膝関節置換術を受ける患者で、全身麻酔は脊椎麻酔と比較して有害事象の増加をきたす

・単コパートメント膝関節形成術(UKA)の施行数は、近年、劇的に増加しており、長期的な転帰が良好と報告されている。UKA は、全身麻酔または脊柱管麻酔(すなわち、脊椎)麻酔下で行える。ただし、麻酔の種類に基づいて転帰に差があるかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の目的は、初回待機的 UKA を受けた患者の麻酔法の間で周術期転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人期の全身麻酔による手術への曝露は、高齢者の脳アミロイド沈着の増加と関連していない

・全身麻酔(手術/GA)による手術への暴露は、皮質の萎縮に関連付けられているが、病因は不明のままである。アミロイド-β(Aβ)沈着は、アルツハイマー病(AD)の顕著な病理学的特徴の 1 つである。手術/ GA にさらされた研究参加者の脳Aβ負荷を調べた。 ・著者らは、メイヨークリニック加齢研究において、年齢 70 歳から 97 歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔と全身麻酔の比較:系統的レビューとメタ分析

・鼡径ヘルニアの修復は、最も一般的に行われている外科手術の1つである。これまで、どの麻酔法を使用すべきかコンセンサスはない。このメタ分析の目的は、成人の鼡径ヘルニア修復における脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)の有効性を評価することであった。 ・2020 年 1 月以前に、PubMed、Embase、ScienceDirec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮摘出術後の認知症のリスク評価:台湾の国民健康保険研究データベースからの 14年間のデータの分析

・麻酔と手術は高齢者の認知症のリスクを高める可能性があるが、女性の認知症の有病率が高いことやその他のエビデンスは、子宮摘出術を受ける若い女性の認知症のリスクが増加することを示唆している。本研究では、子宮摘出後の認知症のリスクを評価した。 ・2000 年から 2013 年までに国民健康保険研究データベースに登録された子宮摘出術は、後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーキンソン病患者にっとての脊椎麻酔 vs 全身麻酔

・麻酔科医は、パーキンソン病(PD)では、全身麻酔(GA)を使用することを好む。しかし、GA は術中の神経症状を隠し、術後に悪化させることがある。さらに、GA で使用される麻酔薬は、PD 管理に使用される薬物と明確な相互作用がある。一方、脊椎麻酔(SA)で使用される薬物は、PD 患者にとってより安全である可能性がある。本研究の目的は、股…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での術前検査所見による術後肺炎の危険因子

・本研究は、呼吸機能検査の結果と口腔状態に応じて、全身麻酔下での手術後術後合併症に関連する危険因子を調査するために実施された。 ・九州大学医学部付属病院で全身麻酔下で手術を受けた 471 人の患者の術前検査データを収集した。全患者で、呼吸機能検査、口腔検査、周術期口腔管理が行われた。術後合併症の発生率と危険因子を調査した。術後合併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔に関連した歯牙損傷―後ろ向き研究

・全身麻酔中、特に気道管理中に歯牙損傷が発生する場合がある。本研究の目的は、全身麻酔に関連する歯牙損傷の事例を、損傷の種類と程度、および認識のタイミングに焦点を当てて明らかにすることであった。 ・デンマークの患者補償協会で利用可能な全国の電子データベースをレビューし、2007 年から 2017 年までに全身麻酔に関連して歯牙損傷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法は、股関節骨折のある高齢患者の手術から 90 日以内の死亡率や合併症の高いリスクと関連しているか?

・高齢者の股関節骨折手術後の術後死亡率と合併症は、これらの患者の周術期ケアを改善する努力にもかかわらず高いままである。特に関心のある要素の 1 つは麻酔法であるが、これに関するこれまでの研究は、被検者の選択、競合するリスク、経過追跡が不完全なことによって制限されている。研究目的は、(1)股関節骨折手術を受ける高齢患者で、受けた麻酔の種類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的逆行性胆管膵管造影の麻酔および胃腸合併症の有病率

・内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)は、多くの胆道疾患の治療のための内視鏡的方法である。迅速な回復と患者の快適さ向上の点から、この手技は現在、軽い全身麻酔(GA)か、または意識下鎮静下で行われている。本研究は、ERCP 患者の麻酔関連合併症の大きな恐れなしに静脈内鎮静または軽度の全身麻酔を行うことができ、鎮静用量のプロポフォールは専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の臨床分析

・研究の目的は、術後肺感染症に及ぼすさまざまな麻酔法の効果を調査することである。 ・2015 年 1 月から 2018 年 8 月に手術を受けた 120 人の患者が、A 群(n=40)、B 群(n=40)、C 群(n=40)の 3 群に選ばれた。A 群には吸入麻酔を、B 群には静脈内麻酔を、C 群には全身麻酔を併用した硬膜外ブロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more