テーマ:全身麻酔

高齢者における全身麻酔下での手術への曝露と脳磁気共鳴画像の変化

・前臨床研究は、全身麻酔(GA)への暴露がアルツハイマー病(AD)の病理に一致する神経変性を引き起こす可能性があることを示唆している。脳の磁気共鳴画像(MRI)は、脳の構造変化を研究するのに役立つ。GA 下の手術(手術/GA)への曝露は、皮質の浅薄化増長と白質病変の頻度増加に関連しているという仮説を検証した。 ・これは、ベースライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術患者の肺保護換気:国際専門家パネルに基づくコンセンサス勧告

・術後肺合併症(PPC)は頻繁に発生し、相当な合併症率と死亡率に関連付けられている。肺保護換気戦略を術中に使用することで PPC の減少を達成できることを示すエビデンスがあるが、周術期管理に関するコンセンサスは確立されていない。 ・著者らは、国際コンセンサス作成会議で、手術患者の肺保護の推奨事項を決定しようとした。7 人の専門家が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下で鼻中隔形成術を受ける患者における音楽療法の効果

・音楽は、ストレスと不安を軽減するためのリラクゼーション法として数年間使用されてきた。これは、痛みを伴わず、安全で、安価で、実用的な非薬理学的治療法であり、世界中で広く使用されている。著者らは、全身麻酔下で待機的鼻中隔形??成術を受ける患者の術中意識、患者満足度、覚醒時痛、覚醒の質に及ぼす音楽療法の効果を評価することを目的とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域または全身麻酔による手術後の認知機能:地域住民ベースの研究

<ハイライト> ・麻酔を伴う手術への曝露は、世界的な認知機能低下の加速に関連している。 ・認知機能の全体的低下は、区域麻酔と全身麻酔後とも同様である。 ・手術後、全身麻酔を伴う手術後には、記憶力の低下が促進される場合があるが、区域麻酔では記憶力低下はない。 <要旨> ・著者らの目的は、区域麻酔(RA)による手術が、以前に報告さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔は、膝関節全置換術と股関節全置換術後の合併症が少ない

・著者らは、脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)で、人工膝関節全置換術(TKA)と股関節全置換術の以下の 30 日転帰を比較した:(1)死亡、(2)大小の合併症、(3)転院先。 ・2011 年から 2016 年まで、米国外科学会全国手術の質改善プログラムのデータベースには、45,871 例の SA 下での股関節全置換術と GA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リビジョン THAを受ける患者の脊椎麻酔は全身麻酔よりも安全か? ACS-NSQIP データベースの分析

・リビジョン THA の頻度は増加し続けており、術後合併症の原因となる危険因子を特定する必要がある。麻酔の種類は、初回 THA を受ける患者の合併症率と関連していることが示されているが、リビジョン THA を受ける患者で同じことが当てはまるかどうかは明らかではない。 研究の目的は、(1)交絡変数を調節した後、大規模データベース分析…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経大腿経カテーテル大動脈弁留置術のための全身麻酔 vs 監視下鎮静管理:ベルギーの単施設での後ろ向き研究

・本研究の目的は、経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)を受ける患者における術後転帰に及ぼす全身麻酔(GA) vs 監視麻酔治療(MAC)の効果を比較することであった。 ・ベルギーの紹介施設であるルーヴェンの大学病院単施設での、準実験的デザインを用いた後ろ向きの前後研究で、2014 年 3 月 1 日から 2017 年 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔は、早期の人工関節周囲感染症と関連している可能性がある:3,909 例の関節形成術の観察研究

・人工膝関節周囲感染症(PJI)は、依然として膝関節全置換術または人工股関節全置換術(TKA/THA)に続く悲惨な合併症のままである。今日では、多くの研究が PJI に関する予防戦略に焦点を当てている。しかし、PJI の発症における麻酔の潜在的な役割は不明のままである。 ・2014 年 1 月から 2017 年 12 月までに待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の効果:後ろ向き傾向スコア一致ペアコホート研究

・脊椎麻酔(SA)は全身麻酔(GA)よりも生理学的な利点があるが、死亡率の利点に関してのエビデンスは不十分である。股関節骨折手術を受けた患者の死亡率と主要合併症率に及ぼす麻酔法の影響を評価するために、後ろ向き傾向スコアマッチングコホート研究を行った。 ・カナダのオンタリオ州トロントにある大学医療ネットワークで、13 年間にわたり股…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆行性腎内手術に際しての全身麻酔と脊髄硬膜外併用麻酔の比較:単施設での前向き無作為化試験

・研究の目的は、腎結石疾患治療のための RIRS における脊髄硬膜外併用麻酔(CSEA)法の適用可能性を調査し、また早期術後疼痛レベルとそれらの費用に及ぼすそれらの効果に関して全身麻酔(GA)と比較することであった。 ・RIRS を予定された 100 人の連続患者が本研究に登録され、そして麻酔法に従って前向きに評価された。患者を無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全ての患者に低一回換気量?

人工呼吸の最初の記載以来、この形態の生命維持の好ましい効果と好ましからざる効果に対する我々の理解は進化し続けてきた。肺の「正常な」通気および「正常な」血液ガス測定値を維持するために、患者は、健常な自発呼吸成人で予想されるよりもはるかに高い気道内圧と一回換気量を必要とすることが多い。人工呼吸の初期の頃は、目的は血液ガスを正常化することであ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

関節鏡下膝手術後の患者入院と脊柱管麻酔 vs 全身麻酔の関連

・関節鏡下膝関節手術は、外来患者で行われることが増えている。予期せぬ入院などの合併症を防ぐためには、適切な術中麻酔が不可欠である。関節鏡下膝関節手術を受ける患者に対する最初の麻酔法として、全身麻酔(NA) vs 脊柱管麻酔(NA)の合併症差を調べた。 ・これは後ろ向きコホート研究であった。著者らは 2007 年から 2016 年ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下の帝王切開術のための導入オピオイド:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・新生児に及ぼす導入オピオイドの有害作用は、十分に特徴付けられていない。研究目的は、新生児に悪影響を及ぼすことなく導入オピオイドを帝王切開で使用できるかどうかを調査することであった。 ・6 つのデータベースを創始から 2019 年 1 月まで系統的に検索した。帝王切開で導入オピオイドとプラセボを比較した研究が含まれた。結果は、2 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔患者の術後肺合併症に及ぼす肺リクルートメント手技の効果:メタ分析

・呼吸機能は全身麻酔中に損なわれる。研究者らは、呼吸機能を保護するための効果的な戦略を見出すことにエネルギーを注いだ。低換気量、呼気終末陽圧(PEEP)、肺リクルートメント手技(LRM)は、人工呼吸器下の患者に推奨された。しかしながら、現在のエビデンスに基づいて、LRM が健康な肺を有する麻酔患者に日常的に使用されるべきであるかどうかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臍下手術を受ける患者のリンパ球/好中球比に及ぼす麻酔法の効果

・好中球/リンパ球比(NLR)は末梢血中の簡易なマーカーであり、周術期の炎症反応と生理的ストレスを評価するためのパラメーターとして使用される。麻酔法は NLR に影響を及ぼし、それによって炎症反応と手術転帰を変化させる可能性がある。本研究の目的は、臍下手術を受ける患者で血中 NLR と麻酔法との関係を評価することであった。 ・施設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術を受けた患者に対する全身麻酔と脊椎麻酔:メタ分析

・人工股関節全置換術(THA)を受ける患者で最適な麻酔法はまだ議論されている。このメタ分析の目的は、THA を受ける患者に対する全身麻酔と脊椎麻酔の有効性を検証することであった。 ・2018 年 1 月に、PubMed、Embase、Web of Science、Cochrane Database of Systematic Re…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節再置換術に及ぼす全身麻酔 vs 脊椎麻酔:合併症率は異なるか?

・初回人工膝関節全置換術(TKA)と TKA 再置換の両実施頻度が増加している。初回関節形成術患者からのデータは、全身麻酔と比較した場合、脊椎麻酔の使用によるリスク低減を示唆している。しかしながら、膝関節再置換術患者において、同様の関係は検討されていない。 ・これは米国外科学会手術の質改善データベースを用いた後ろ向きコホート研究で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳児期の全身麻酔・覚醒下区域麻酔(GAS)後の 5 歳での神経発達転帰:多施設共同無作為化等価試験

・実験動物では、ほとんどの全身麻酔薬への曝露は、神経細胞死と異常行動・認知によって症状を呈する神経毒性を招く。いくつかの大規模なヒトコホート研究は、若年期の全身麻酔とそれに続く神経発達障害の間の関連を示しているが、これらの研究はバイアスが生じがちである。他の研究者らは関連性に対するエビfデンスを見い出していない。著者らは、乳児期初期の全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての麻酔科医の専門性と全身麻酔の使用

・産科麻酔のガイドラインは、ほとんどの患者において帝王切開分娩のために脊柱管麻酔(すなわち、脊椎麻酔か、または硬膜外麻酔)を推奨している。産科麻酔における麻酔科医専門性と、全身麻酔を受ける可能性との関連については、ほとんどわかっていない。著者らは、ジェネラリストと産科専門麻酔科医によって治療された患者の帝王切開分娩に際しての全身麻酔の使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の高齢者で、区域麻酔と全身麻酔で、死亡率と周術期在院期間を比較

・本研究の目的は、麻酔法が 30 日または 90 日の死亡率と周術期在院期間(LOS)に関連するかどうかを調査することであった。著者らは、医療保険請求データベースを使用して後ろ向きコホートデザインを使用した。 ・2012 年 4 月から 2016 年 3 月までに、全身または区域(脊髄または硬膜外)麻酔下で股関節骨折手術を受けた高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肥満指数が全身麻酔中の体温管理に及ぼす影響 - 前向き観察研究

・全身麻酔中、体核温度は、麻酔関連(麻酔の種類と持続時間と輸液管理)、手術関連(手術術式と処置の及ぶ範囲)、または患者関連(年齢、性別、体重、術前体核温)といったいくつかの要因に影響される。興味深いことに、肥満指数(BMI)に関するデータと、患者体温へのその影響に関するデータはあまりない。本研究の目的は、全身麻酔下での体温に及ぼす BM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膀胱癌患者の硬膜外麻酔と癌の予後:それはテクニックか、投薬か?

・周術期は、癌関連転帰に長期的な影響を及ぼす重要な期間である可能性がある。本研究で、著者らは根治的(RC)コホート患者における癌特異的転帰に及ぼす区域麻酔の影響を評価している。 ・著者らは、2008 年から 2012 年までに自施設で RC を受けた臨床的に非転移性の尿路上皮癌患者の後ろ向き的分析を行った。患者は、後ろ向きに登録さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未破裂脳動脈瘤のある患者で全身麻酔を必要とする手術に伴う動脈瘤性くも膜下出血の発症頻度

・動脈瘤破裂を誘発する上での全身麻酔の役割は明確ではない。本研究では、著者らは、全身麻酔を必要とする非動脈瘤関連の手術を受ける患者で、未破裂動脈瘤の自然経過を評価することを目的とした。 ・手術記録に全身麻酔の記録があり、脳動脈瘤とは無関係の手術を受けた未治療脳動脈瘤を有する連続患者の後ろ向きレビューである。術中と術後のくも膜下出血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域麻酔 vs 全身麻酔:麻酔法が腰椎脊柱手術の臨床転帰に及ぼす影響:前向き無作為化試験

・異なる麻酔法が腰椎手術後の臨床転帰に及ぼす影響を調査した臨床試験はほんのわずかしかない。本研究の目的は、腰椎手術に際して全身麻酔(GA)と区域麻酔(RA)を受けた患者の臨床転帰を評価することであった。 ・これは、単施設二群試験で、腰椎手術を受ける 100人 の患者が RA または GA(1群あたり 50 人)のいずれかを受けるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨床的パラメータのみのモニタリングと比較したBIS指数でモニタリングした全身麻酔の利点

・BIS 指数パラメータは、全身麻酔の調整をガイドするために使用される。しかし、多くの研究は、BIS 指数モニタリングの利点に関する相反する結果を示している。メタ分析によるこの系統的レビューの目的は、BIS 指数パラメータによるモニタリングの臨床的影響を評価することである。 ・科学情報源におけるエビデンスの検索は、以下の主要データ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔が酸素消費に及ぼす影響:周術期酸素運搬についての前向き研究を導くメタ分析

・酸素抽出の増加、すなわち消費対供給の比は、術後の不良転帰と関連している。周術期に酸素消費量(VO2)は幾通りかの方法で変化しうるが、日常的な診療ではほとんどモニタリングされない。本研究は、VO2 に及ぼす全身麻酔の効果を調査するものである。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library 1946-2018 で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔は、急性虚血性脳梗塞を有する血栓摘出患者の意識下鎮静と同様の転帰をもたらすかもしれない

・臨床試験では、麻酔が血管内治療を受けた脳梗塞患者の機能的転帰に影響を与えない可能性があることが示された。しかし、中国ではデータが不足している。本研究は、現実の登録データを用いて、全身麻酔または意識下鎮静の影響を、血栓摘出術を受けた脳梗塞患者の機能的転帰と比較することを目的としている。 ・2014 年 1 月から 2016 年 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頸動脈内膜切除術のための局所麻酔と全身麻酔のメタ分析および試験連続解析

・頚動脈内膜切除のための最良の麻酔法選択に関しては論争がある。頚動脈内膜切除術の局所麻酔法と全身麻酔法の周術期転帰を評価することを目的とした。 ・著者らは、電子情報源を体系的に検索し、各電子データベースのシソーラス見出し、検索演算子、制限に適合したフリーテキストと制御語彙の併用を適用した。著者らは、周術期脳梗塞、一過性脳虚血発作、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追加モニタリング有りと無しでセボフルランまたはプロポフォールによって麻酔を維持した場合の費用対効果

・著者らは、耳鼻咽喉科手術の臨床状況において、セボフルランまたはプロポフォールで維持された麻酔の費用対効果を、追加のモニタリングの有る場合とない場合で比較した。 ・120 人の成人患者を無作為に 4 群に分けた。SEVO 群と SEVO+群では、麻酔はセボフルランで維持され、SEVO+群では、BIS モニターと TOF モニターが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経大腿動脈経カテーテル大動脈弁植え込み術における全身麻酔と非全身麻酔法の比較

・全身麻酔(GA)を用いずに経大腿動脈経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)を行うことがますます採用されている。著者らは、GA と非 GA アプローチが経大腿動脈 TAVI の手術転帰と 30 日・1年死亡率に及ぼす影響を研究しようとした。 ・英国の TAVI 登録機関は、英国の全 TAVI 手術に関する情報を保持している。2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more