テーマ:全身麻酔

全身麻酔におけるスガマデクスおよびネオスチグミンの粘膜繊毛クリアランスへの影響

・本研究の目的は、全身麻酔時に使用するスガマデクスとネオスチグミンが術後の粘膜繊毛クリアランスに及ぼす影響を評価することである。 ・本前向き無作為化二重盲式試験は、ASAⅠ-Ⅲ の非喫煙者 60 名に全身麻酔下で鼡径ヘルニア修復術を行ったものである。粘液クリアランスは鼻腔内サッカリン通過時間(STT)により評価した。術前の STT…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝関節形成術後の周術期成績と医療資源利用における脊柱管麻酔と全身麻酔の比較:大規模全国データベースからの経験

・人工膝関節置換術(KA)の最適な麻酔法について注目されている。著者らは、人工膝関節置換術後の周術期成績と医療資源利用の観点から、脊柱管麻酔(NA)が全身麻酔(GA)よりも優れているかどうかを調査しようとした。 ・2013〜2019 年に中国の Hospital Quality Monitoring System(HQMS)に登録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術における胸部硬膜外麻酔と全身麻酔の比較:無作為化比較試験

・腹腔鏡下胆嚢摘出術は、世界で最も多く行われている手術の一つである。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術における胸部硬膜外麻酔と全身麻酔の有効性を、手術中の血圧変化、術後疼痛、呼吸器合併症、平均在院日数の観点から比較検討することであった。2018 年 10 月 1 日から 2019 年 10 月 31 日まで実施された無作為化比較試験であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性硬膜下血腫の穿頭手術における局所麻酔の使用は、術後合併症、入院期間、入院費用を削減する:単施設による後ろ向きコ…

・本研究の目的は、片側慢性硬膜下血腫(CSDH)患者の手術過程と術後回復に及ぼす局所麻酔(LA)と全身麻酔(GA)の効果を比較することであった。 ・2013 年から 2018 年までに穿頭手術を受けた片側 CSDH 患者を対象に、後ろ向きコホート研究を実施した。局所麻酔を受けた患者を LA 群に、全身麻酔を受けた患者を GA 群に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 70歳以上の高齢者の慢性硬膜下血腫除去術における局所麻酔と全身麻酔の比較

・本研究の目的は、年齢 70 歳以上の高齢者を対象に、局所麻酔と全身麻酔(GA)の 2 種類の頭蓋穿孔による慢性硬膜下血腫(CSDH)摘出術の安全性と有効性を評価することであった。 ・2018 年 3 月から 2020 年 4 月までに治療した年齢 70 歳以上の CSDH 患者 45 例を対象とした後ろ向きスタディである。症例は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳神経手術患者でグラスゴー昏睡尺度とバイスペクトラル指数が全身麻酔に及ぼす影響について

・頭蓋内手術において、麻酔下のモニタリングは客観的な評価を行うために重要である。著者らは、グラスゴー昏睡尺度(GCS)の異なる頭蓋内病変により手術を受けた患者を対象に、バイスペクトラル指数(BIS)モニター下に行った全身麻酔管理について検討した。 ・全身麻酔下での頭蓋内手術が予定された 45 名の患者を研究対象とした。患者は GC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中の心停止と心拍再開 ROSC 失敗の危険因子:三次医療大学病院における 20 年間の後ろ向き観察研究

・麻酔中の心停止の疫学については、未だ確たるデータがない。著者らは、日本の三次医療大学病院における過去 20 年間の麻酔中の心停止の頻度と危険因子を調査した。 ・2000 年から 2019 年までに麻酔下で手術を受けた患者の麻酔記録 111,851 件を後ろ向きに解析した。心停止症例は、患者の背景、手術の状況、心停止の主原因と初期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エチオピアの病院における術後早期の全身麻酔後の低酸素血症の予測因子:観察的研究

・術後早期の低酸素血症は、全身麻酔後によく見られる問題である。その発生の増加に関連する因子を特定することは、医療従事者が低酸素血症リスクのある患者に対応するのに役立つと考えられる。そこで、本研究では、外科手術のうち術後早期の低酸素血症の発生率と関連因子を評価することを目的とする。 ・2020 年 2 月 1 日から 2020 年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開術における麻酔法と血清サイトカイン濃度

・麻酔科医は帝王切開術(CS)に最適な手技を得る必要がある。本研究は、帝王切開における全身麻酔(GA)と脊椎麻酔(SA)の免疫系機能への影響を比較検討することを目的とした。 ・この記述的研究は、40 人の待機的帝王切開術の候補者を対象に行われた。無作為に GA 群と SA 群に分けられた。血清中のインターロイキン(IL)-4、IL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔を受ける手術患者の導入後低血圧の危険因子に関する系統的レビュー

・全身麻酔を受ける外科手術患者において、導入後低血圧(PIH)が非常に多く、全身麻酔導入後 20 分以内に発症することが臨床的に証明されている。しかし、PIH の危険因子はこれまで明らかにされていない。そこで、現在のエビデンスの系統的レビューを行った。 ・PubMed、Embase、Cochrane library、Web of …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔と脊椎麻酔が人工膝関節全置換術を受ける患者の全身炎症反応に及ぼす影響の比較:傾向スコアマッチングによる解析

・整形外科手術後の術後合併症の中には、全身性炎症反応(SIR)を伴うものがあり、これは麻酔法によっても異なる。著者らは、全身麻酔と脊椎麻酔が人工膝関節全置換術(TKA)後の SIR に及ぼす影響を、C 反応性タンパク質(CRP)値、血小板リンパ球比率(PLR)、好中球リンパ球比率(NLR)に基づいて比較することを目的とした。 ・2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔と認知症発症リスク上昇との関連性に関する縦断的研究

・全身麻酔(GA)への曝露と認知症のリスクとの関連性はまだ明らかになっていない。本研究では、全身麻酔を受けた高齢者の認知症発症との関連性を調査するため、韓国国民健康保険サービスの全国代表コホートサンプルデータを分析した。 ・研究コホートは、2003 年 1 月から 2004 年 12 月までに GA を受けた年齢 55 歳以上の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片側膝関節全置換術(TKA)を受けた患者における 2 種類の麻酔と入院期間:シンガポールにおける単施設後ろ向きコホ…

・麻酔の種類と在院日数の関係に関するエビデンスは議論の余地がある。そこで、本研究の目的は、片側膝関節全置換術(TKA)を受けた患者において、他の共変量を調整した後に、麻酔の種類が入院期間に独立して関係しているかどうかを調査することである。 ・本研究はコホート研究である。2013 年 1 月 1 日から 2014 年 6 月 30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折における脊椎麻酔の効果:傾向を考慮した研究

・研究の目的は、股関節骨折の手術治療を受ける高齢患者において、麻酔の種類が手術成績と関連するかどうかを明らかにすることであった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムのデータベースに登録されていた、年齢 65〜89 歳で、股関節骨折を内固定術、関節形成術、髄内デバイスで治療した患者を対象とした、前向きに収集されたデータの後ろ向きデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尿道カテーテル挿入を伴う腹部手術における全身麻酔+硬膜外麻酔 vs 全身麻酔のカテーテル関連の膀胱不快感の発生と重…

・本無作為化比較試験は、尿道カテーテル挿入を伴う腹部手術を受けた患者において、全身麻酔+硬膜外麻酔がカテーテル関連膀胱不快感(CRBD)に及ぼす影響を調査することを目的としたものである。 ・尿道カテーテル挿入を伴う麻酔下で腹部手術を予定している患者 150 名を、全身麻酔+硬膜外麻酔(N=74、GA+EA 群)か、または全身麻酔(…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

急性腹症手術患者の麻酔の選択と消化管機能回復への影響について

・研究の目的は、急性腹症手術を受けた患者の臨床的な麻酔の選択と、患者の消化管機能回復への影響を検討することである。 ・2018 年 1 月から 2019 年 1 月までに当院で腹部手術を受けた患者 120 名を研究コホートとして募集し、それぞれが受けた麻酔法の違いにより A 群(n=40)か、または B 群(n=80)に分けた。A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術における全身麻酔と脊椎内麻酔の臨床効果の比較

・研究の目的は、全身麻酔と脊椎内麻酔の人工股関節全置換術における臨床効果を評価することであった。 ・当院で片側の人工股関節全置換術を受けた患者 110 名を、観察群と対照群に無作為に分け、各群 55 名とした。観察群には脊椎内麻酔を、対照群には全身麻酔を施した。優良な麻酔であった割合、術中血圧、術中心拍数、術後回復室での観察時間、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハイリスク患者のホルミウムレーザー前立腺核手術における脊椎麻酔と全身麻酔の比較 -傾向スコアマッチ分析による検討

・研究の目的は、下部尿路症状(LUTS)のためにホルミウムレーザーによる前立腺核出術(HoLEP)を受けた高リスク患者の周術期管理と機能的転帰を、脊椎麻酔(SpA)と全身麻酔(GA)で比較することであった。 ・今回の後ろ向き分析では、ASA>2 の SpA(n=100)、ASA>2 のGA(GA 高リスク)(n=100)、ASA≦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔または脊柱管麻酔での手術後の長期的な鎮痛剤およびオピオイドの処方:後ろ向きの全国規模のサンプリング研究

・手術後の慢性疼痛(CPSP)は、よくあるもののあまり報告されていないが、手術後の重要な転帰である。非オピオイドやオピオイドを含む鎮痛剤による薬物療法が頻繁に行われている。脊柱管麻酔が鎮痛剤の持継続用を減少させるかどうかは議論されてきた。著者らは、全国規模のデータベースを用いて、全身麻酔と脊柱管麻酔下でのいろいろな手術後の長期的な鎮痛剤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

60 歳以上の男性における内視鏡下鼻腔手術の全身麻酔後の術後尿閉:後ろ向き研究

・術後尿閉(POUR)は多くの要因に影響され、その報告された発生率は大きく異なる。本研究では、年齢 60 歳以上の男性患者を対象に、内視鏡的鼻腔手術の全身麻酔後の尿閉の発生と危険因子を調査することを目的とした。 ・2015 年 1 月から 2019 年 12 月までの診療記録の後ろ向きレビューにより、253 名の患者を本研究の対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔と全身麻酔:経尿道的前立腺切除術後の 30 日死亡率の比較

・本研究の目的は、経尿道的前立腺切除術(TURP)において、脊柱管麻酔(NAX)または全身麻酔(GA)を受けた患者のコホートにおいて、30 日死亡率およびその他の術式に関連する罹患率の発生を検討することである。歴史的に、TURP を受ける患者には、意識のモニタリングと希釈性低ナトリウム血症の早期診断を可能にする NAX が推奨されてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橈骨遠位端骨折の治療における区域麻酔と全身麻酔の合併症について

・橈骨遠位端骨折(DRF)の治療には、観血的整復術と内固定術(Open Reduction and Internal Fixation:ORIF)が一般的に行われている。橈骨遠位端骨折の手術では、全身麻酔(GA)が一般的であるが、最近の研究では区域麻酔(RA)の使用も有望視されている。本研究では、DRF の ORIF に RA を使用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレンデレンブルグ位での腫瘍患者の腹腔鏡下手術後の脊椎麻酔とせん妄:無作為化比較試験

・せん妄は、術後の最もよく見られる神経学的合併症であり、その発生率は様々である。腹腔鏡手術は、トレンデレンブルグ体位を伴う場合、無数の生理的変化を引き起こし、神経認知的変化のリスクを高める。全身麻酔に脊椎ブロックを併用することで、麻酔維持に使用する麻酔薬を低用量にすることができ、術後疼痛のコントロールが容易になる。本研究では、腫瘍患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足関節骨折手術における脊椎麻酔と全身麻酔の術後オピオイド消費量の差-後ろ向きコホート研究

・足関節骨折の外科的治療は大きな痛みを伴い、術後オピオイド消費量が多い。麻酔法は術後早期の痛みに影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、足関節骨折手術後の術後オピオイド消費量を、脊椎麻酔で治療を受けた患者と全身麻酔で治療を受けた患者とで比較することであった。 ・2014 年から 2016 年までに足関節部部骨折を外科的に治療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上肢手術における区域麻酔と全身麻酔の患者満足度:非盲式横断的前向き臨床比較観察研究

・医療の質を評価する上で重要なのは、患者の満足度である。しかし、この点について調べた研究はわずかしかない。本研究の主な目的は、上肢手術を受ける患者で区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の患者満足度を比較することであった。また、両手技間の入院期間と鎮痛持続時間を副次的な目的とした。 ・この横断的研究は、三次医療機関の教育病院で行われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫垂切除術に対する全身麻酔と脊柱管麻酔の比較:多施設共同国際研究

・医療資源が限られている国では、開腹虫垂切除術はいまだに全身麻酔(GA)か、または脊柱管麻酔(NA)で行われている。著者らは、NA と GA を用いた虫垂切除術の術後成績を比較することを目的とした。 ・International Patterns of Opioid Prescribing(iPOP)多施設共同研究の事後解析を行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妊娠高血圧症を有する妊産婦における挿管後の血行動態変化を予防するための薬理学的戦略。ネットワークメタ分析

・ このネットワークメタ分析(NMA)は、帝王切開を受ける高血圧症の妊婦における全身麻酔に際しての挿管による血行動態の不安定性を緩和するために用いられる薬理学的戦略の相対的な有効性と安全性を明らかにすることを目的とした。 ・妊娠高血圧症を有する妊婦における挿管時の血行動態不安定性を緩和するために用いられた薬理学的戦略の効果を比較し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道器具を使用した全身麻酔と監視下麻酔管理で実施された経大腿経カテーテル大動脈弁置換術の転帰

・研究の目的は、大動脈弁狭窄症患者の経大腿経カテーテル大動脈弁置換術(TF-TAVR)について、声門上気道器具を用いた全身麻酔と監視下麻酔管理を比較することであった。著者らは、声門上気道群は、監視下麻酔管理群と比較して、在室時間と手技時間、麻酔回復室(PACU)と在院期間、術中/術後合併症の発生率が同様であると仮定した。 ・三次医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢血管外科手術における区域麻酔 vs 全身麻酔の比較:デンマークにおける 17,359 例の手術を対象とした傾向…

・血管外科手術では心肺合併症はよく見られる。全身麻酔(GA)は灌流障害や呼吸抑制を引き起こす可能性がある。そのため、脊柱管麻酔や末梢神経ブロックを含む区域麻酔(RA)を行うことで、より良い転帰が得られる可能性がある。 ・これは全国規模の後ろ向きコホート研究である。2005 年から 2017 年までに行われた全ての観血的鼡径部および…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸症患者における股関節全摘術の術後転帰と麻酔の種類:州入院患者データベースの後ろ向き分析

・研究の目的は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)患者における股関節全置換術(THA)の術後転帰を調査すること、実践的ガイドラインの発表後の区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の使用傾向を評価すること、麻酔の種類による術後転帰を比較することであった。 ・・フロリダ、ニューヨーク、メリーランド、ケンタッキーで 2007 年から 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more