テーマ:ダブルルーメンチューブ

胸部外科におけるダブルルーメン気管挿管のためのビデオ喉頭鏡と直接喉頭鏡検査の比較-無作為化対照臨床試験

・胸腔手術や肺分離を必要とするその他の手術には、ダブルルーメンチューブ(DLT)挿管が必要である。ただし、DLT 挿入は複雑であり、気道外傷を引き起こす可能性がある。薄いブレードを備えた新しいビデオ喉頭鏡(GVL)は、DLT 挿管のための従来の直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、挿管時間を改善し、複雑さと医原性気道合併症を軽減する可能性が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブルルーメンチューブ留置のための McGrath MACビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡:無作為化対照試験

・シングルルーメンチューブ(SLT)による困難気道管理におけるビデオ喉頭鏡(VL)の役割は確立されている。VL は声門視野を改善するが、挿管所要時間(TTI)が長くなる。著者らは、McGrath MAC VL とマッキントッシュ直接喉頭鏡(DL)を使用してダブルルーメンチューブ(DLT)挿入の TTI を比較することを目的とした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右胸腔鏡下手術での片肺換気のための左ダブルルーメン気管チューブ vs 気管支ブロッカー

・本研究の目的は、ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS)における片側肺換気のための左側ダブルルーメン気管チューブ(DLT)と気管支ブロッカー(BB)の肺虚脱の質を比較することであった。 ・大学附属教育病院での前向き無作為化臨床研究で、VATS を使用した食道腫瘍手術を受ける成人患者 45 例を対象とした。患者は、コンピュータ生成の無作為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左側ダブルルーメンチューブの最適挿入長を正確に予測するための胸部 CT 画像

・本研究の主な目的は、左ダブルルーメンチューブ(LDLT)挿入のガイドとして胸部 CT を用いて声帯と気管分岐部との距離を測定することの実現可能性と精度を評価することであった。 。 ・中国の地方病院での単施設での前向き無作為化研究で、片肺換気のために LDLT を必要とする待機的胸部手術を受ける 60 人の成人患者を本研究に登録し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more