テーマ:肺切除術

肺癌切除術を受けた患者における肺機能、MMP‐9、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果の比較

・肺機能、マトリックスメタロプロテイナーゼ-9(MMP-9)、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果を、左肺下葉の単純切除術を受けた患者で比較した。 ・後ろ向き的方法を用いて 2016 年 10 月から 2017 年 10 月までに大連医科大学第二病院で左肺下葉の単純切除により治療した 58 例の肺癌患者を分析し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺癌切除術後の肺合併症を予測するための術前最大呼気流量(PEF):725 例の前向き研究

・本試験は、肺葉切除術を受けた肺癌患者の最大呼気流量(PEF)と術後肺合併症(PPC)との相関を調査することを目的とした。 ・非小細胞肺癌(NSCLC)と診断され、切除された患者(n=725)を前向きに分析し、術前 PEF と PPC との関係を患者の基本特性および病院における臨床データに基づいて評価した。 ・725 人の患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺胞エアリークを制御するための同種フィブリンシーラントと自己フィブリンシーラントを比較する無作為試験

・術後の空気漏れは、肺切除後に見られるよくある合併症である。これは合併症の重要な理由であり、また在院期間が長くなるために病院費用も増加する。本研究の目的は、肺切除後の空気漏れを防ぐために、同種シーラントと自己シーラントとを比較することである。 ・全肺切除術以外の肺切除術(肺葉切除術または区域切除術)を受けた年齢 20 歳から 79…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more