テーマ:長時間作用型オピオイド

術前の長時間作用型オピオイド使用は、待機手術後の入院期間および再入院率の増加と関連している

・研究の目的は、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイドを処方された患者 vs オピオイド未投与患者の術後転帰を比較することであった。 ・都市部大学関連単施設での後ろ向きコホート研究で、待機的非心臓手術を受けた長時間作用型オピオイド使用者とオピオイド未使用患者の術後転帰を後ろ向き的に比較した。入院患者と外来手術のコホートを別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more