テーマ:局所麻酔

頸動脈内膜切除術のための局所麻酔と全身麻酔のメタ分析および試験連続解析

・頚動脈内膜切除のための最良の麻酔法選択に関しては論争がある。頚動脈内膜切除術の局所麻酔法と全身麻酔法の周術期転帰を評価することを目的とした。 ・著者らは、電子情報源を体系的に検索し、各電子データベースのシソーラス見出し、検索演算子、制限に適合したフリーテキストと制御語彙の併用を適用した。著者らは、周術期脳梗塞、一過性脳虚血発作、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

扁桃切除術における局所麻酔と全身麻酔のリスクと利点

・扁桃摘出術は、耳鼻咽喉科における最も一般的な外科手術の 1 つである。現代の全身麻酔法は手術リスクを低減させたが、局所麻酔下で処置を行うことは依然として患者と外科医の双方にとって大きな利益をもたらす可能性がある。本研究では、局所麻酔下で扁桃摘出術を行うことのリスクと利点を分析した。 ・これは、術後出血の割合を主要評価項目指標とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者における経皮的経椎間孔内視鏡下椎間板切除術における局所麻酔と硬膜外麻酔の効果比較

<ハイライト> ・年齢 65 歳以上の高齢患者における経皮的経管腔内視鏡下椎間板切除術のための局所麻酔と硬膜外麻酔の効果を比較する初めての研究 <要旨> ・局所麻酔(LA)は、経皮的経椎間孔内視鏡下椎間板切除(PTED)に推奨されるが、臨床診療では、LA は PTED 中に満足のいく疼痛管理を達成できないことが示されている。本研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

局所麻酔の秘訣

私たち麻酔科医が(皮下浸潤)局所麻酔を行うのは、脊椎麻酔や硬膜外麻酔を行う前、循環動態が不安定な患者さんで麻酔導入前に動脈ラインを確保する場合など、かなり限られている。 ここでは、脊椎麻酔や硬膜外麻酔を行う前の局所麻酔について私が心がけている点について記す。 せっかく看護師が良い穿刺体位を取ってくれていても、最初の局所麻酔で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下腋窩神経ブロック:新しい方法のボランディアでの研究

・斜角筋間上腕神経叢麻酔(IBPB)は、肩手術の周術期疼痛管理のための絶対的標準手技である。しかし、IBPB の副作用と潜在的重症合併症を避けるためには、より末梢部での技術が望ましい。 そこで、本研究では、超音波ガイド下特異的腋窩神経ブロック施行の新しい方法を開発し記載した。 ・初期調査の後、健康なボランティア 12 人を対象とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more