テーマ:麻酔回復室

麻酔回復室における術後低体温症発症の危険因子の分析

・低体温症に関する最近の研究では、典型的には単一の麻酔法、または特定の手術手技に焦点が当てられている。低温の輸液剤や非加湿・非加熱麻酔ガスの使用など、低体温につながる複数の危険因子があるが、麻酔回復室(PACU)内の患者における術後低体温症の発生率を報告した研究はほとんどない。 ・2018 年 9 月から 2019 年 3 月まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔回復室における術後疼痛強度評価のための口頭評価尺度と数値評価尺度の比較研究:前向き観察コホート研究

・術後患者は通常、麻酔回復室(PACU)では麻酔薬や鎮静剤の影響が残っているため、自己申告の疼痛尺度への回答が困難である。 ・本前向き観察研究では、手術を受けた 200 人の患者を対象に、11 点数値評価スケール(NRS)と 4 項目の口頭評価スケール(VRS)を用いて、PACU 入室 5 分後、最初の評価から 20 分後、PAC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意識のある術後患者の代理疼痛尺度としての Surgical Pleth Index とAnalgesia Noci…

・代理疼痛尺度として Surgical Pleth Index(SPI)と Analgesia Nociception Index 鎮痛侵害受容インデックス(ANI)の性能を評価し、意識のある術後患者の疼痛を検出するためのそれぞれのカットオフ値を調査した。 ・合計で、192 人の待機的手術後患者が登録された。ベースライン SPI …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術期間に対する PACU 在室時間の比率:実際的観察

・手術室(OR)と麻酔回復室(PACU)の稼働は、手術件数、種類、順序がその後の PACU の稼働に影響を与えるため、密接に関連している。著者らは、手術室からの患者の効率的な退室を確実にするたに必要な PACU ベッド数と看護師配置の決定要因の一つであるため、手術時間(DOS)と PACU の在室時間(LOS)、PACU-LOS:DOS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔回復室における呼吸障害の特徴とカプノグラフィの潜在的な臨床的有用性:盲式観察試験

・麻酔後の手術患者における早期の呼吸障害を検出するためのカプノグラフィーの有用性は、前向きデータが限られているために不明である。この試験の目的は、麻酔回復室(PACU)におけるカプノグラフィーで検出された呼吸器有害事象の頻度と持続時間を調査することであった。 ・本前向き観察試験では、全身麻酔下に定時手術を受ける 250 人の同意患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔回復室における術後低体温の危険因子:前向き予備試験

・低体温は周術期患者の最大 20% に発生する。計画的な術後体温モニタリングはブラジルでは標準的治療法ではなく、術後治療室における体温の回復に関する出版物はほとんどない。Hospital de Base do Distrito Federal と Hospital Materno Infantil de Brasilia での多施設共同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児アデノイド扁桃腺摘除術後の気管抜管:2 施設間の手術室効率への影響

・アデノイド扁桃腺摘除術は、小児で最もよく行われる手術術式の 1 つである。患者の安全を維持しながら手術室管理を容易にするために、最も効率的で費用交換の高い診療方法を見つけることが不可欠である。著者らは、手術件数の多い三次診療小児病院 2 施設で、アデノイド扁桃腺摘除術後の小児患者の抜管の 2 つの異なるアプローチの効率を調査した。本研…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔回復室における小児と青年のカプノグラフィーモニタリングの影響:無作為化比較試験

・パルスオキシメータでは、特に補助酸素投与下では、呼吸抑制を確実には認識できない。カプノグラフィーは、麻酔から回復中の小児で、低換気と無呼吸を頻繁に検出する。小児は麻酔中にはルーチンにカプノグラフィーでモニターされており、有害事象の発生を減少させているが、患者がまだ呼吸抑制のリスクに曝されている麻酔回復室(PACU)では、ルーチンニは使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more