テーマ:疼痛管理

帝王切開術後の疼痛管理のためのロピバカインの局所創部浸潤

・帝王切開率は、胎児の予後改善との関連性が確立されて以来、漸進的に上昇している。本研究は、帝王切開患者の術後鎮痛薬必要量と疼痛スコアに及ぼすロピバカイン局所創部浸潤の効果を評価するために実施された。 ・これは、2018 年 1 月から 2018 年 6 月までの 6 ヵ月間、パキスタンのイスラマバードにある KRL 病院の産婦人科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救急部における疼痛管理のための静脈内リドカインの安全性と有効性:系統的レビュー

・著者らは、救急部(ED)で疼痛管理を受ける急性および慢性疼痛の成人患者で静脈内リドカインの安全性および有効性を評価している。 ・著者らは、Ovid CENTRAL、Ovid EMBASE、Ovid MEDLINE データベースを創始から 2017 年 1 月まで無作為化比較試験と観察研究を検索した。有効性の評価項目には、ベースラ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

足部と足関節の骨手術後の疼痛管理法の比較

<ハイライト> ・超音波ガイド下坐骨神経ブロックは、足および足関節の骨手術後の術後疼痛を管理するのに安全かつ効果的であるようである。 ・夜間に希釈した麻酔薬を使用して坐骨神経を一度ブロックした方が、重度の痛みを和らげるのにより有用であった。 ・この麻酔法は、整形外科医によって容易に実施できるので、将来的には人気となる可能性がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more