テーマ:性差

プロポフォール麻酔中の CO2 気腹に及ぼす反応を抑制するためのレミフェンタニル必要量における性差の影響:上下連続…

・腹腔鏡下手術中の CO2 気腹は、激しい血行動態の変化を引き起す。ただし、プロポフォールと併用た CO2 気腹に対する心血管反応を阻害するために必要なレミフェンタニル量は不明のままである。さらに、患者の性別がオピオイドに対する反応に影響を与える可能性があり、これがこ必要量に影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、プロポフォール麻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性はデキスメデトミジン併用下の i-gel 挿入のためにプロポフォール効果部位濃度は女性より高い

・声門上気道器具(SAD)は、自発呼吸患者の気道管理に使用することができ、プロポフォールは、SAD 留置に一般的に適用される。本研究は、デキスメデトミジンと併用した場合の i-gel 留置のためのプロポフォールの標的効果部位濃度(Ce50)中央値に及ぼす性別の影響を評価するために考案された。 ・年齢 18~59 歳で待機的手術を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大腸内視鏡検査のための脳波モニタリング下プロポフォール鎮静後、女性の方が男性よりも早く覚醒する

・静脈内プロポフォールを用いた大腸内視鏡検査の鎮静は、多くの西洋諸国で標準となっている。歯科全身麻酔に際して性別に差が示されているが、消化管内視鏡検査に際してのデータは存在しなかった。 ・大腸内視鏡検査を予定された患者総数 219 人(108 人の女性と 111 人の男性)を対象としたハノーバー医科大学の大学教育病院前向き観察研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウム誘発性筋弛緩の効果発現と持続時間に及ぼす性差の影響

・研究の目的は、2×ED(95)(0.6 mg/kg)の単回ボーラス投与後のロクロニウム誘発性筋弛緩の過程に及ぼす性別の影響を評価することであった。 ・倫理委員会の承認と説明と同意の後、筋弛緩を伴う TIVA 下に一般外科手術予定の患者 245 人(男性 121人、女性 124人)を調査した。ロクロニウムを 0.6 mg/kg 投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全静脈麻酔中のロクロニウムの薬力学的パラメーターに及ぼす年齢と性別の影響

・研究の目的は、完全静脈麻酔中の両性別の若年患者および高齢者でロクロニウム 0.6 mg/kg の薬力学を比較することであった。 ・施設倫理委員会の承認、説明と同意の後、完全静脈麻酔(プロポフォール/スフェンタニル)下に手術予定の患者を 4 研究群に分けた:年齢 20-40 歳の男性 37 名、年齢 60-75 歳の男性 40 名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症患者での性別の転帰の関係

Association of gender with outcomes in critically ill patients Critical Care 2012, 16:R92 Published:2012-05-22 ・重症患者の死亡率と他の転帰に及ぼす性別の影響は、明白ではない。いろいろな研究がさまざまな状況と患者集団で実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more