テーマ:代替装着部位

Q:筋弛緩モニターの代替装着部位とは?

A:筋弛緩薬を用いて安全な麻酔管理を行うためには、TOF ウォッチ等の筋弛緩モニターを用いた客観的モニタリングが推奨されている。筋弛緩モニターの装着部位は、測定のし易さから、手の拇指がもっとも広く用いられており、尺骨神経を刺激して拇指内転筋の動きをモニターする。 ●尺骨神経-拇指内転筋 〇モニター装着の要点 ・表面電極を貼る前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more