テーマ:MRI

磁気共鳴画像法(MRI)を受けた小児患者でのラリンジアルマスクユニーク?の位置:前向き観察研究

・ラリンジアルマスク UNIQUE(LMAU)は、臨床成績が良好で失敗率が低い声門上気道器具である。磁気共鳴画像法(MRI)上での LMAU の理想的な位置と、放射線学的位置異常が臨床性能(可聴リーク)に関連するかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の主な目的は、サイズに応じた LMAU の放射線学的異常の発生率を評価すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における全身麻酔下での手術への曝露と脳磁気共鳴画像の変化

・前臨床研究は、全身麻酔(GA)への暴露がアルツハイマー病(AD)の病理に一致する神経変性を引き起こす可能性があることを示唆している。脳の磁気共鳴画像(MRI)は、脳の構造変化を研究するのに役立つ。GA 下の手術(手術/GA)への曝露は、皮質の浅薄化増長と白質病変の頻度増加に関連しているという仮説を検証した。 ・これは、ベースライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

L2-L3 脊椎麻酔は脊柱障害においても安全か?磁気共鳴イメージング研究

・腰部脊柱管内で脊髄が終止する移行点は、特に椎体や椎間板疾患を有する患者においては、脊椎麻酔に際しての針挿入に伴う脊髄損傷の発生率に影響を及ぼす可能性がある。これは、より高い腰椎レベルで脊髄針挿入が行われた場合に頻繁に報告されている合併症である。 ・著者らは 1047 人の中国人患者の脊柱の磁気共鳴画像を後ろ向きにレビューして、脊…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more