テーマ:ケタミン

急性疼痛治療のためのケタミンの使用:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・疼痛は、米国における救急部(ED)受診の最もよくある理由の 1 つである。ケタミンは、N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体拮抗作用を有する鎮静剤である。最近の文献は、解離用量以下のケタミン(SDDK)の使用が急性疼痛に対して安全かつ効果的である可能性のを示唆している。本研究の目的は、ED における急性疼痛に対する補助薬とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児特発性脊柱側弯症手術後の短期的・長期転帰は、長期低用量ケタミンでは改善しない

・脊椎後方固定後の組織損傷と高オピオイド必要量は中枢感作を生じ、これはひいては痛覚過敏と慢性痛に関連し得る。麻酔に至らない低用量ケタミンを用いたこの種の術式に関連した臨床試験では、疼痛とモルヒネ必要両について相反する結果が出ている。術後回復、機械的痛覚過敏、慢性疼痛の発症に及ぼす長時間麻酔下ケタミン用量の効果は不明である。 ・無作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more