テーマ:ケタミン

小児麻酔におけるケタミンとリドカインの併用の効果

・著者らは、補助的なリドカインがケタミンで鎮静された小児患者で副作用の発生率を減少させるかどうかを調査するために、無作為化臨床試験を実施した。 ・この症例対照研究は、麻酔を必要とする 586 人の連続した小児患者を対象とした。収縮期血圧、心拍数、呼吸数、血中酸素飽和度が観察された。アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、アスパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス術後鎮痛のための術中ケタミン:無作為化対照二重盲式臨床試験

・研究の目的は、冠動脈バイパス術(CABG)手術中にケタミンを投与することにより、手術後 48 時間に必要なオピオイドの量が減少するかどうかを調査することであった。 ・大学関連単施設での無作為化対照二重盲式臨床試験で、左室駆出率が正常なで CABG 手術を受ける患者を対象とし、ケタミンは、皮膚切開前に 0.5 mg/kg ボーラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症疾患小児の血行動態と死亡率に及ぼすケタミン持続注入の効果

・著者らは、重症疾患小児患者で、ケタミン持続注入が血行動態と死亡率に及ぼす影響を調査した。三次小児集中治療室(PICU)で後ろ向きコホート研究を実施した。 ・2015 年から 2017 年まで 24 時間以上、持続的に鎮静剤を使用した患者が含まれた。持続ケタミンの開始前と開始後の 12 時間の血圧、心拍数、呼吸数、血管作動薬、鎮静…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果:系統的レビューとメタ分析

・ケタミンは、手術や処置を受ける小児の覚醒時興奮の発生率を低下させると考えられている。しかし、最近の無作為化比較試験では、相反する結果が報告された。本研究の目的は、小児の覚醒時興奮に及ぼすケタミンの効果を調査することであった。 ・MEDLINE、EMBASE、CENTRAL のデータベースを創始日から 2019 年 2 月まで体系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケタミンは、人工膝関節全置換術後の痛みとオピオイド消費量を軽減する:無作為化比較試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・2019 年 2 月まで、PubMed、Embase、Ovid、Cochrane Library、Web of Science、CNKI、Wanfang Data、VIP を含む電子データベースで、膝関節全置換術患者のケタミンに関する全記事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性:無作為化プラセボ対照試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library の創始から 2019 年 5 月 22 日まで、人工膝関節または股関節全置換術を受けた患者の術後疼痛緩和のためにケタミンとプラセボの有効性と安全性を比較した無作為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における術中ケタミンは疼痛と麻薬消費を減少させない:前向き無作為化対照試験

・グルタミン酸受容体拮抗薬であるケタミンは、腹部および整形外科の手術において術後疼痛を軽減する可能性があることを複数の研究が示している。ただし、脊椎麻酔と膝関節全置換術に関わるその役割は不明である。本研究の目的は、術後疼痛と麻薬消費量に及ぼす、人工膝関節全置換術(TKA)中の麻酔用量以下のケタミン投与の有効性を調査することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケタミンにフェンタニル追加は救急部挿管での血行動態、挿管状態、死亡率を改善するか?:系統的レビュー

・ケタミンは救急医療の全身麻酔に頻繁に使用される導入剤である。一般的には血行動態的に安定していると考えられているが、高血圧や頻脈を引き起こし、ショックをきたしたり悪化させたりする可能性がある。ケタミンの効果は、導入剤にフェンタニルを添加することによって改善する可能性がある。著者らは、ケタミンと筋弛緩薬からなる導入剤にフェンタニルを追加す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外傷患者集団における迅速導入剤としてのケタミン:系統的レビュー

・外傷患者の迅速導入(RSI)中に気管挿管を容易にするために使用される薬物の選択は、生存率に影響を与える可能性がある。ケタミンは副作用と関連しているが、血行動態的に不安定な外傷患者に一般的に使用されている。このレビューは、ケタミンが外傷患者の RSI に際して他の導入剤よりも優先されるべきかどうかを調査しようとした。 ・成人外傷患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児臍下外科手術におけるケタミンの有無による仙骨ブピバカインの術後鎮痛効果の比較

・小児の術後疼痛の管理と評価は、彼らが効果的に不快感を伝えることができないため、しばしば困難な作業である。仙骨麻酔は、術後鎮痛を提供する優れた手段である。本研究では、臍下外科手術を受ける小児で、仙骨に、ブピバカイン±ケタミンを投与した場合の術後鎮痛効果を比較した。 ・臍下外科手術を受ける両性の、ASA I/II の 58 人の患児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せん妄や術後認知機能障害を予防するための術中ケタミン投与:系統的レビューとメタ分析

・術後認知合併症は、かなりの合併症率と死亡率に関連する。ケタミンは、様々な設定において神経保護効果を有することが示唆されている。この系統的レビューは、術後せん妄と術後認知機能障害(POCD)に及ぼす術中ケタミン投与の効果を評価する。 ・Medline、Embase、Central を、日付または言語制限なしで 2018 年 3 月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:DSI(遅延導入気管挿管)とは何か?

A:DSI(delayed sequence intubation) は RSI(rapid sequence induction/intubation:迅速導入気管挿管)に相対する言葉で、RSI が意識消失から気管挿管完了までの時間を最短にすることで、誤嚥のリスクを最小限にすることを目的としているのに対して、DSI は患者の可及的に酸…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

小児鎮静のためのケタミン vs ケタミン+アトロピン:メタ分析

・救急科における小児鎮静に際してのアトロピンの適用は、依然として議論の余地がある。著者らの目的は、文献の包括的なレビューを行い、アトロピンを使用した場合としない場合とで、群間の臨床指標を評価することであった。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library を、小児鎮静に際してケタミンとケタミン+アトロピンを比較し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊髄手術における鎮痛のための手術用ケタミン:無作為化比較試験のメタ分析

・研究デザインは、無作為化比較試験(RCT)のメタ分析。本研究の目的は、脊椎手術後の術後オピオイド鎮痛薬使用量を減少させるための、周術期ケタミン補助投与の有効性を評価することであった。低用量ケタミン補助投与は術後疼痛を軽減することが知られているが、ケタミンが脊椎術後にオピオイド使用量を減少させるのに有効であるかどうかについてのエビデンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケタミン静脈内投与患者における漸増侵害刺激に反応した反射的瞳孔拡張

・瞳孔測定法は、非侵襲的なモニタリング法であり、赤外線カメラによる動的瞳孔径測定を可能にする。侵害刺激に反応して瞳孔径は増大する。プロポフォールまたは揮発性薬剤で麻酔された患者では、この瞳孔拡張の大きさは刺激の強度に関連する。侵害刺激に対する瞳孔反応はケタミン麻酔下では研究されていない。著者らの目的は、ケタミン静脈内投与された患者で較正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に続く脊椎麻酔後シバリング予防におけるトラマドールと低用量ケタミン静脈内投与の有効性:二重盲

・シバリングは脊椎麻酔のよく見られる望ましくない合併症である。それは、代謝熱賛成を高めようとする体核温度を上昇させる生理学的反応である。しかしながら、シバリングは、心筋虚血を誘発したり、眼内と頭蓋内圧を上昇させ、創部痛を増大させ、創傷治癒を遅延させ、脈拍数、血圧、心電図モニタリングを妨げる可能性がある。著者らは、脊椎麻酔下で帝王切開を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児に対する救急部での処置時鎮静の有害事象のリスク要因

・痛みを伴う処置を受ける小児に対して処置時の鎮静は、世界中の救急病院で標準的に行われている。救急部での鎮静に関するこれまでの研究は、単施設での研究による限界があり、重篤な有害事象(SAE)の危険因子を特定することができないため、鎮静診療と患者予後に及ぼす影響が限られている。今回の研究の目的は、鎮静関連の SAE の発生率と危険因子を調査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の深鎮静と鎮痛のためのケタミンとケトフォルの比較

・本研究の目的は、パルス色素(波長 595nm、パルス持続時間 0-40ms、パワー 0-40J)および CO2(波長 10,600nm、fraxel mod は、SX 指数 4~8、強度 0-30 W)のレーザーを受けた小児患者で 2 種類の異なる麻酔薬の心血管および呼吸の安定性、臨床的有効性および安全性を研究・評価することであった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ケタミンは、腹腔鏡下胆嚢摘出後の回復の質を向上させない:無作為化比較試験

・ケタミンは、急性期手術時にマルチモーダル鎮痛法の一部として使用されている。患者の視点からの回復の質に及ぼする周術期静脈内小用量ケタミンの効果は評価されていない。著者らは、低用量ケタミンが、完全静脈麻酔下での腹腔鏡下胆嚢摘出術後の回復を促進すると仮定した。 ・本無作為化二重盲式プラセボ対照試験に、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児術後鎮痛のための仙骨ブピバカイン vs ブピバカイン+ケタミンとの比較:前向き無作為化臨床試験

・小児の術後疼痛に及ぼす仙骨ブピバカイン+ケタミンの有効性。本研究の目的は、臍下手術を受ける小児患者の術後鎮痛に際し、ブピバカインとケタミンの混合物による仙骨ブロックの鎮痛効力と安全性をブピバカイン単独と比較することであった。 ・三次教育病院で前向き無作為研究を実施した。収集したデータ:年齢、体重、手術所要時間、鎮痛持続時間につい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開分娩後の疼痛と合併症に及ぼすケトーフォルの効果:無作為化二重盲式臨床試験

・帝王切開後の女性の苦痛は授乳を妨げる可能性がある。本研究の目的は、脊椎麻酔下帝王切開分娩後の疼痛と合併症に及ぼすケトフォール(ケタミン/プロポフォール併用)の効果を評価することであった。 ・本無作為化二重盲式臨床試験では、脊椎麻酔下で待機的帝王切開分娩を予定しされた 92 人の患者が含まれた。単純無作為抽出法法を用いて、ケタミン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の処置に際しての鎮静のためのケタミン vs ケトフォールの有害事象:二重盲式無作為化比較試験

・本研究の目的は、ケタミンとケタミン - プロポフォール 1:1 混和剤(「ケトフォル」)の間での回復反応の頻度と重症度を比較することであった。 ・著者らは、成人患者がケタミンか、またはケトフォルを用いた緊急処置鎮静を受けた多施設無作為化二重盲式試験を実施した。著者らの主要評価項目は、不快な回復反応の割合であった。他の評価項目は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単回ボーラス低用量ケタミンは、分娩後うつ病の予防にはならない:無作為化二重盲式偽薬対照前向き臨床試験

・産後うつ病は、出産のよく見られる合併症である。過去 10 年間で、解離用量以下のケタミンは速効性の抗うつ薬であることが示唆されている。帝王切開時に投与された低用量ケタミンの産後うつ病予防効果を調べることを目的とした。 ・無作為化二重盲式プラセボ対照のデザインを用いて、帝王切開を受ける予定の 330 人の被験者をこの試験に登録した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性疼痛治療のためのケタミンの使用:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・疼痛は、米国における救急部(ED)受診の最もよくある理由の 1 つである。ケタミンは、N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体拮抗作用を有する鎮静剤である。最近の文献は、解離用量以下のケタミン(SDDK)の使用が急性疼痛に対して安全かつ効果的である可能性のを示唆している。本研究の目的は、ED における急性疼痛に対する補助薬とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児特発性脊柱側弯症手術後の短期的・長期転帰は、長期低用量ケタミンでは改善しない

・脊椎後方固定後の組織損傷と高オピオイド必要量は中枢感作を生じ、これはひいては痛覚過敏と慢性痛に関連し得る。麻酔に至らない低用量ケタミンを用いたこの種の術式に関連した臨床試験では、疼痛とモルヒネ必要両について相反する結果が出ている。術後回復、機械的痛覚過敏、慢性疼痛の発症に及ぼす長時間麻酔下ケタミン用量の効果は不明である。 ・無作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more