テーマ:アナフィラキシーショック

スガマデクスとネオスチグミンでのアナフィラキシーの発生率の比較:後ろ向き多施設観察研究

・スガマデクスによるアナフィラキシーの症例が報告されているが、その発生率は不明である。逆に、ネオスチグミンへのアナフィラキシーの発生率を評価した研究はない。 ・これは、2012 年から 2016 年までに全身麻酔下で手術を受けた患者の多施設共同後ろ向き観察研究で、日本の三次病院 4 施設でスガマデクスとネオスチグミンによるアナフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳血管外科手術におけるインドシアニングリーンビデオ血管造影後に起きたアナフィラキシーショック

・インドシアニングリーン(ICG)ビデオ血管造影(VA)は脳血管手術で広く使用されている。ICG 注射は一般に安全であり、合併症の発生率は低い。脳神経外科手術中の ICG 関連のアナフィラキシー反応はほとんど報告されていない。本研究では、頭蓋内動脈瘤(IA)手術中に静脈内 ICG(DID Indocyanine Green?、Dongi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more