テーマ:術後咽頭痛

成人の術後咽頭痛を防ぐためのケタミンの局所適用:系統的レビューとメタ分析

・術後咽喉頭痛は、望ましくない術後の転帰の最たるものである。ケタミンは N-メチル-d-アスパラギン酸受容体拮抗薬であり、その局所適用は慢性疼痛や口腔/咽喉の適応に使用される。術後の喉頭痛を予防するための術前の局所ケタミン適用の有効性を評価するために、系統的レビューを実施した。 ・2019 年 9 月 23 日まで、MEDLINE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛における局所マグネシウムの役割:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛(POST)は、気管挿管のよく見られる望ましくない結果である。N-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬であるマグネシウムは、抗侵害受容特性と抗炎症特性を持ち、さまざまな試験で POST 予防に役立つことがわかっている。この系統的レビューとメタ分析を実施して、単腔気管チューブによる全身麻酔下で手術を受ける成人患者の POST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内リドカイン、デキサメタゾン、その併用の術後咽頭痛に及ぼす効果:無作為化比較試験

・気管挿管後の術後咽頭痛(POST)、嗄声および咳嗽は珍しいことではない。リドカインとデキサメタゾンの両方は、これらの事象を軽減するために別々に使用してきたが、リドカインとデキサメタゾンの併用効果を評価した研究はない。 ・この二重盲式無作為化比較試験では、90 分を超えた気管挿管による全身麻酔を必要とする 180 人以上の患者が登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔と気管挿管を受ける喫煙者における術前甘草トローチの術後咳嗽と咽頭痛の発生率

・術後咽頭痛(POST)は、気管挿管の望ましくない副作用である。POST によって引き起こされる合併症率を最小限とするために、薬理学的と非薬理学的手段が利用されてきた。著者らは、気管挿管による全身麻酔下で手術を受ける喫煙者で、甘草トローチが POST を低下させる上で有効かどうかを検証した。 ・年齢 20 - 65 歳で、ASA-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人で術後咽頭痛予防のための甘草の局所適用:系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛は、患者の満足度と回復に悪影響を与える。これは、挿管中の損傷によって引き起こされる粘膜の炎症に関連する可能性がある。 スペインカンゾウの根に由来する甘草は、抗炎症活性成分を含有する。全身麻酔に際して気管挿管を受ける成人で、術後咽頭痛を予防するための局所甘草の有効性および安全性を、系統的レビューとメタ分析によって評価した。 …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

成人における術後咽頭痛を回避するためのエアロゾル化コルチコステロイド:系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛は、患者の回復と満足度に悪影響を与える。著者らは、手術のための気管挿管を受ける成人で術後咽頭痛を予防する上でエアロゾル化コルチコステロイドの有効性と安全性を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。 ・著者らは、Medline、EMBASE、China National Knowledge Infrastruc-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術での気管チューブカフ圧の評価と術後咽頭痛

・腹腔鏡下胆嚢摘出術における亜酸素化窒素と二酸化炭素気腹の使用は、気管チューブカフ圧の増加をもたらす。それは気管粘膜灌流を損ない、その後の気管損傷を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者で、カフ圧と術後咽頭痛発生頻度を評価することであった。 ・本前向き観察研究では、ASA-PS I/II の腹腔鏡下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡下手術における術後咽頭痛に及ぼすカフ圧の影響:観察研究

・術後咽頭痛(POST)は気管挿管後の非常によくある愁訴である。自然に寛解するが、それを減らすための努力が必要である。本研究は、マノメータを使用したカフ注入 vs 従来法が POST の発生率に及ぼす効果を比較することを目的としている。副次目的は、術後嗄声と咳嗽の発生率を評価することであった。 ・合計 120 人の患者が本前向き観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を受ける成人の術後咽頭痛を防ぐための気管チューブへのコルチコステロイドの局所適用

・術後咽頭痛は、患者の満足度と回復に悪影響を与える。多数の無作為化試験が、術後咽頭痛を予防するべく気管チューブに塗布されたコルチコステロイドの有効性を検証してきた。 ・著者らは、PubMed、EMBASE、Cochrane Central Controlled Trials、Wanfang Database、China Acade…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管後の術後咽頭痛に及ぼす気管チューブのカフ形状の影響

・気管挿管後の咽喉頭痛は軽微ではあるが、患者満足度や術後機能に悪影響を及ぼすことがある。著者らは2 種類の気管チューブのカフ形状が術後咽頭に及ぼす効果を比較した。 ・191人の成人患者が研究の対象となった。麻酔導入後、患者は、従来の円筒状カフ(C 群、n=95)か、または先細り型のカフ(T 群、n=96)を有するチューブによる気管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ先細りカフに塗布したリドカインゼリーが術後咽頭痛に及ぼす影響:前向き無作為試験

・気管挿管による全身麻酔後の術後咽頭痛(POST)はよくある合併症である。著者らは気管チューブ(ETT)の先細りカフに塗布したリドカインゼリーが、気管挿管から最もよく生じる POST の発生率を低下させる可能性があると仮説を立てた。 ・全身麻酔下の合計 208 例の患者を無作為に 2 群のうちの 1 群に割り当てた。リドカイン群(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブカフの潤滑化が術後咽頭痛および嗄声に及ぼす影響

・気管挿管を受けた患者では、咽頭痛や嗄声がよくある術後合併症である。本研究では、気管挿管後の 60 人の患者の術後咽頭痛の程度と嗄声の発生率を評価した。 ・全身麻酔と気管挿管を予定された 60 人の患者(ASA PS 1,2)、29 人の男性と 31 人の女性を本研究に登録した。彼らは 3 群に分けられた。噴霧群(n=20)ではリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛:気管挿管によるリグノカインゼリーとスプレーの効果

・Sensiv チューブ(Searle Medical Products)を用いて挿管した後の、咽頭痛、嗄声、あるいは咳傾向または明らかな咳嗽のいずれかによって示される気管過敏性の発生頻度に及ぼす、喉頭リグノカインスプレーとリグノカインゼリーの潤滑剤としての効果を研究した。 ・中容量低圧カフで圧を制御し、麻酔中に 2.5kPa(2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管を受けた成人の術後咽頭痛予防のための塩酸ベンジダミン局所投与:系統的レビューとメタ分析

・術後の咽頭痛は、患者の満足度と回復に悪影響を及ぼす。ベンジダミン塩酸塩は、局所使用に利用可能な非ステロイド系抗炎症薬である。全身麻酔下で定時手術を受ける成人の術後咽頭痛を予防するために、ベンジダミンの局所適用の有効性および安全性を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。 ・PubMed、EMBASE、Web of Sci…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機手術に挿管を受けた成人で術後咽頭痛予防のための塩酸ベンジダミン局所療法:系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛は、患者の満足度および回復に悪影響を及ぼす。ベンジダミン塩酸塩は、局所で利用可能な非ステロイド系抗炎症薬である。全身麻酔下で定時手術を受ける成人の術後咽頭痛を予防するために、ベンジダミンの局所適用の有効性および安全性を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。 PubMed、EMBASE、Web of Scien…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来手術における術後咽頭痛の予防:術前アスピリンと硫酸マグネシウム含嗽の比較

・術後咽喉頭痛(POST)は、多くの対策にもかかわらず、外来手術の肯定的フィードバックを阻害することが多い。本研究は、外来手術後の POST 予防における術前硫酸マグネシウムとアスピリン含嗽の有効性を比較するために実施した。 ・これは前向き無作為化二重盲式試験であった。日帰り手術予定の、ASA-PS I-II、年齢 25-50 歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛の発生率と重症度:グライドスコープとマッキントッシュ喉頭鏡の無作為比較

・術後咽頭痛(POST)は、全身麻酔中の気管挿管(ET)後のよく見られる問題である。目的は、グライドスコープ(GL)とマッキントッシュ喉頭鏡(MCL)による日常的挿管時の POST の発生率と重症度を比較することであった。 ・気管挿管を必要とする GA 下に待機的手術を受ける予定の、ASA I/II の 140 人の成人患者を本前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の 3 種類の声門上気道器具挿入後の咽頭痛:無作為化比較試験

・咽頭痛は手術後のよくある訴えである。それは患者満足度に影響し、退院後の活動に影響を及ぼし得る。声門上気道器具(SAD)は、従来の気管挿管に代わるものであり、咽喉頭痛を予防する潜在的利益をもたらす。本研究の目的は、ラリンジアルマスク Unique(LMA-U)、より新しい LMA Supreme(LMA-S)および I-gel の 3 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛に及ぼすベンジダミン塩酸塩ゲル、リドカインゲル、リドカインスプレー塗布の効果

・気管挿管後の術後咽頭痛はよく見られる合併症である。気管挿管後、咽喉頭痛の発生率は 14.4% から 50% までさまざまである。本研究の目的は、術後咽頭痛に関して、気管チューブカフに塗布したベンジダミン塩酸塩ゲル、リドカイン 5% ゲル、リドカイン 10% スプレーを比較することであった。 ・本研究は、全身麻酔を必要とする腰椎固…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

リドカインスプレーの喉頭気管内適用は、完全静脈麻酔後の術後咽頭痛の発生率を増加させる

・リドカインスプレーの異なる用量の喉頭気管内適用が術後の咽頭痛や嗄声に及ぼす影響を調査するため、プラセボ対照試験において、年齢 15~92 歳のASA I-III の患者 168 人でこれらの合併症の発生率と重症度を評価した。 ・プロポフォール、ケタミン、フェンタニル、ベクロニウムを用いて麻酔を導入した後、喉頭気管領域を、リドカイ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

3 種類の成人用声門上気道器具の術後咽頭痛:無作為化比較試験

・咽頭痛は手術後のよくある愁訴である。それは患者満足度に影響し、退院後の生活に影響を及ぼし得る。声門上気道器具(SAD)は、従来の気管挿管に代わるものであり、咽喉頭痛を予防する潜在的利点を有する。本研究の目的は、ラリンジアルマスク Unique(LMA-U)と、より新しい LMA Supreme(LMA-S)、I-gel の 3 種類の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッキントッシュ喉頭鏡よりも、ファイバーを用いた経鼻挿管後の術後咽頭痛が少ない:二重盲式無作為試験

<ハイライト> ・挿管に際してのファイバースコープ気管支鏡とマッキントッシュ喉頭鏡の比較 ・気管支鏡では、経鼻挿管後の術後咽頭痛が軽減した。 ・挿管時間は、ファイバ気管支鏡を用いた方が有意に短かった。 ・鼻粘膜外傷の発生率は同等であった。 ・循環動態反応は有意差がなかった。 <要旨> ・研究目的は、気管支鏡を用いた経鼻気管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管時スタイレット使用が麻酔患者の術後咽頭痛に及ぼす影響:無作為化比較試験

<ハイライト> ・術後咽頭痛に及ぼすスタイレットの効果を評価した。 ・40 人の患者を、スタイレット群か、または非スタイレット(対照)群に無作為に割り付けた 。 ・術後咽頭痛の発生率は、スタイレット群の方が対照群より有意に高かった。 ・スタイレット群と対照群では、嗄声の発生率に有意差はなかった。 ・麻酔科医は、術後咽頭痛に対す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

挿管小児で術後咽頭痛の予測因子

Predictors of postoperative sore throat in intubated children Pediatric Anesthesia Article first published online: 8 NOV 2011 ・挿管に引き続く術後咽喉頭痛(POST)の発生率は、小児集団ではっきりしていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more