テーマ:尿力学

尿道内高濃度リドカインが尿力学的排尿パラメーターに及ぼす影響を評価する無作為化比較試験

・研究の目的は、健康な成人女性で、尿道内麻酔が排尿効率(VE)を低下させ、カテーテル挿入時痛を軽減し、尿力学パラメータに影響を与えるかどうかを評価することであった。 ・無作為化二重盲式プラセボ対照試験で、参加者は尿道内に水溶性ゲルか、または 4% リドカインゲル 5 mL を 2 回投与された。主要転帰は、排尿量/(排尿量+残尿量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more