テーマ:結腸癌手術

結腸癌手術ではプロポフォールによる全静脈麻酔の方がデスフルラン麻酔よりも良好な生存率と関連している

・:これまでの研究では、麻酔薬が癌細胞増殖に及ぼす様々な影響が示されている。ここでは、麻酔の種類と結腸癌切除後の患者生存率との関連について検討した。 ・2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに大腸癌切除術を受けた患者を対象とした後ろ向きコホート研究を行った。患者はプロポフォールか、またはデスフルラン麻酔かに応じて群分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸癌手術痛に対する予定された術後静脈内アセトアミノフェンの有効性

・結腸癌術後の疼痛を管理するために繰り返し鎮痛薬注入を使用する必要がある患者の臨床症例が頻繁に観察される。本稿では、硬膜外麻酔を用いた結腸癌手術で、術後の静脈内(IV)アセトアミノフェンの鎮痛頻度と安全性について検討する。 ・大腸癌手術中に硬膜外麻酔を受けた患者のうち、28 人の患者からなるある群にアセトアミノフェンを投与したが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more